128件中 51 - 60件表示
  • ウェイン・ルーニー

    ウェイン・ルーニーから見たサッカースロバキア代表

    2016年、UEFA EURO 2016本大会ではフォワードではなく、4-3-3のインサイドハーフとして出場。また、9月4日に行われた2018 FIFAワールドカップの予選のスロヴァキア戦に出場したことで代表通算試合数を116試合とし、イングランド史上単独2位、フィールドプレイヤーとしては同1位に浮上した。ウェイン・ルーニー フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・ルーニー

    ウェイン・ルーニーから見たサッカースロベニア代表

    2014年11月15日のUEFA EURO 2016予選、スロベニア戦で、イングランド代表史上9人目となる通算100試合出場を、史上最年少で達成した。またこの試合で代表通算44得点目となる同点ゴールを挙げ、得点数ではイングランド代表史上3位タイとなった。ウェイン・ルーニー フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・ルーニー

    ウェイン・ルーニーから見た2009年

    2003年に幼馴染のコリーン・マクローリンと婚約し、2008年に晴れて結婚した。2009年11月2日に長男が、2013年5月21日に二男が誕生した。ウェイン・ルーニー フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・ルーニー

    ウェイン・ルーニーから見た武田ランダムハウスジャパン

    『悪童自伝 物語は始まったばかり』(武田ランダムハウスジャパン、2007年、ISBN 978-4270002278)ウェイン・ルーニー フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・ルーニー

    ウェイン・ルーニーから見たBBCスポーツ

    リヴァプール北東部に位置するクロクステスの出身。1995年に地元のサッカークラブのエヴァートンFCの下部組織に入団し、2002年8月17日、プレミアリーグの開幕戦に16歳と298日でトップデビューする。同年10月2日、リーグカップのレックスハムAFC戦で初ゴール(2ゴール)を挙げ、当時のエヴァートンFCの最年少得点記録を16歳と342日で更新した。17日後の同年10月19日、プレミアリーグのアーセナルFC戦でもゴールを挙げ、当時のプレミアリーグ最年少得点記録を16歳と360日で更新するとともに(2か月後の同年12月28日にジェイムズ・ミルナーが(当時16歳と309日)、2005年4月10日にジェームズ・ヴォーンが(当時16歳と271日)それぞれ記録を更新している)、アーセナルFCの無敗記録を30試合でストップさせている。同年11月3日のリーズ・ユナイテッドAFC戦でもゴールを決め、チームのリーズのホームでの50年ぶりの勝利に貢献。同年12月26日のバーミンガム・シティFC戦では初のレッドカードをもらっている(ちなみに、この時、イエローカードは累計で4枚貯まっている)。同時期にBBCスポーツによる2002年度の最優秀新人スポーツ選手に選ばれた。2003年1月にプロ契約を結ぶ(それまでは練習生であった)。2002-03シーズンは公式戦37試合に出場し8得点を記録。ウェイン・ルーニー フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・ルーニー

    ウェイン・ルーニーから見たESPN

    2017年5月、ESPNは世界で最も有名なアスリート100人を発表し、31位に選出された。サッカー選手としては10位。ウェイン・ルーニー フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・ルーニー

    ウェイン・ルーニーから見たUEFA EURO 2004

    2004-05シーズン、UEFA EUROでの怪我の影響によりシーズン序盤戦の試合は欠場を余儀なくされたが、2004年9月28日のUEFAチャンピオンズリーグ、オールド・トラッフォードでのフェネルバフチェSK戦に先発出場し、ハットトリックおよびアシスト1回を記録する活躍を見せてチームの勝利に貢献した。この日のゴールにより、チャンピオンズリーグの最年少ハットトリック記録を18歳と335日で更新した他、これ以後ルーニーがゴールを決めるとユナイテッドは必ず勝つというジンクスが1年4か月続くこととなった。19歳の誕生日となる10月24日には、無敗記録を再び49試合にまで伸ばしていたアーセナルFCとのリーグ戦にてPKおよび試合終了間際の1得点を決め、再度アーセナルの無敗記録を止めた。2005年5月21日、FAカップの決勝戦にてマンチェスター・ユナイテッドFCはアーセナルFCを相手にPK戦の末敗れるも、ルーニー自身はMVPを受賞した。このシーズンはイエローカードを累計で17回提示されるなどフェアプレーの観点からは課題が残ったが、個人成績の面ではチーム内で最多の通算17得点を記録し、PFA年間最優秀若手選手賞も受賞した。ウェイン・ルーニー フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・ルーニー

    ウェイン・ルーニーから見たプレミアリーグ

    ウェイン・マーク・ルーニー(Wayne Mark Rooney、1985年10月24日 - )は、イギリス (イングランド)・マージーサイド州リヴァプール出身のサッカー選手。プレミアリーグ・エヴァートンFC所属。ポジションはフォワード、ミッドフィルダー。ウェイン・ルーニー フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・ルーニー

    ウェイン・ルーニーから見たフットボールリーグカップ

    リヴァプール北東部に位置するクロクステスの出身。1995年に地元のサッカークラブのエヴァートンFCの下部組織に入団し、2002年8月17日、プレミアリーグの開幕戦に16歳と298日でトップデビューする。同年10月2日、リーグカップのレックスハムAFC戦で初ゴール(2ゴール)を挙げ、当時のエヴァートンFCの最年少得点記録を16歳と342日で更新した。17日後の同年10月19日、プレミアリーグのアーセナルFC戦でもゴールを挙げ、当時のプレミアリーグ最年少得点記録を16歳と360日で更新するとともに(2か月後の同年12月28日にジェイムズ・ミルナーが(当時16歳と309日)、2005年4月10日にジェームズ・ヴォーンが(当時16歳と271日)それぞれ記録を更新している)、アーセナルFCの無敗記録を30試合でストップさせている。同年11月3日のリーズ・ユナイテッドAFC戦でもゴールを決め、チームのリーズのホームでの50年ぶりの勝利に貢献。同年12月26日のバーミンガム・シティFC戦では初のレッドカードをもらっている(ちなみに、この時、イエローカードは累計で4枚貯まっている)。同時期にBBCスポーツによる2002年度の最優秀新人スポーツ選手に選ばれた。2003年1月にプロ契約を結ぶ(それまでは練習生であった)。2002-03シーズンは公式戦37試合に出場し8得点を記録。ウェイン・ルーニー フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・ルーニー

    ウェイン・ルーニーから見た2006 FIFAワールドカップ

    2006年ドイツW杯、2005-06シーズン終盤に負った怪我の影響により6月10日の初戦に出遅れるも、6月15日のトリニダード・トバゴ戦に途中出場、6月20日のスウェーデン戦に先発出場し、無得点に終わるもチームは2勝1分でBグループを首位通過。マイケル・オーウェンの膝十字靭帯の断裂により、以後1トップに固定される。7月1日の準々決勝、EURO2004で敗退を喫したポルトガルとの試合で、後半17分にリカルド・カルヴァーリョの股間を踏みつけたとして主審オラシオ・エリソンドから退場処分を受ける。試合は延長戦まで持ち込まれ、チームはPK戦の末に3対1で敗退した。ウェイン・ルーニー フレッシュアイペディアより)

128件中 51 - 60件表示

「ウェイン・ルーニー」のニューストピックワード