79件中 51 - 60件表示
  • ウェイン・ルーニー

    ウェイン・ルーニーから見たサッカートリニダード・トバゴ代表

    2006年ドイツW杯、2005-06シーズン終盤に負った怪我の影響により6月10日の初戦に出遅れるも、6月15日のトリニダード・トバゴ戦に途中出場、6月20日のスウェーデン戦に先発出場し、無得点に終わるもチームは2勝1分でBグループを首位通過。マイケル・オーウェンの膝十字靭帯の断裂により、以後1トップに固定される。駒を進めた7月1日の準々決勝、EURO2004で敗退を喫したポルトガルとの試合で、後半17分にリカルド・カルヴァーリョの股間を踏みつけたとして主審オラシオ・エリソンドから退場処分を受ける。試合は延長戦まで持ち込まれ、チームはPK戦の末に3対1で敗退した。ウェイン・ルーニー フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・ルーニー

    ウェイン・ルーニーから見たヨーロッパサッカー連盟

    2011年10月7日、EURO2012予選G組の対モンテネグロ戦(モンテネグロ)にて、相手選手を蹴り一発退場処分を受けた。これを受けてUEFAが10月13日、ルーニーに対してEURO2012本大会一次リーグ3試合全てを対象とする出場停止処分を科した。12月8日、UEFAはこの処分に異議を申し立てていたルーニーの聴聞会を開き、出場停止処分を3試合から2試合に軽減した。UEFA EURO 2012では出場停止が明けたグループリーグ第3戦のウクライナ戦で先発出場し、決勝点を挙げイングランドの首位通過に貢献した。ウェイン・ルーニー フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・ルーニー

    ウェイン・ルーニーから見たFAプレミアリーグ2004-2005

    2004-05シーズン、背番号は8。9月28日のUEFAチャンピオンズリーグ、フェネルバフチェSK戦でデビューし、ハットトリックと1アシストの活躍でデビュー戦を飾った。チーム最多の17ゴールでシーズンを終え、PFA年間最優秀若手選手賞を受賞したが、イエローカードも累計で17枚もらった。ウェイン・ルーニー フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・ルーニー

    ウェイン・ルーニーから見たハットトリック

    2004-05シーズン、背番号は8。9月28日のUEFAチャンピオンズリーグ、フェネルバフチェSK戦でデビューし、ハットトリックと1アシストの活躍でデビュー戦を飾った。チーム最多の17ゴールでシーズンを終え、PFA年間最優秀若手選手賞を受賞したが、イエローカードも累計で17枚もらった。ウェイン・ルーニー フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・ルーニー

    ウェイン・ルーニーから見たプレミアリーグ2008-2009

    2008-09シーズンは12月に行われたFIFAクラブワールドカップのガンバ大阪戦で2ゴール、LDUキト戦で決勝ゴールを挙げるなど3得点で得点王とMVPを獲得。プレミアリーグでもリーグ6位タイの12ゴールを挙げリーグ3連覇に貢献した。UEFAチャンピオンズリーグでは2年連続で決勝に進出したものの、準優勝に終わった。ウェイン・ルーニー フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・ルーニー

    ウェイン・ルーニーから見たザ・サン

    このルーニーの植毛には世界中が注目し、カミングアウトした勇気を讃えるメディア、オフ期間にサッカー以外の話題で注目を浴びることへの懐疑的な意見を持つメディアのほか、この件をさらにネタにするメディアなど、反応は賛否両論であった。イギリス紙ザ・サンは、「Hair we grow!(here we go!をもじったもの)」という見出しをつけて大きく報じた。ウェイン・ルーニー フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・ルーニー

    ウェイン・ルーニーから見たサッカーウクライナ代表

    2011年10月7日、EURO2012予選G組の対モンテネグロ戦(モンテネグロ)にて、相手選手を蹴り一発退場処分を受けた。これを受けてUEFAが10月13日、ルーニーに対してEURO2012本大会一次リーグ3試合全てを対象とする出場停止処分を科した。12月8日、UEFAはこの処分に異議を申し立てていたルーニーの聴聞会を開き、出場停止処分を3試合から2試合に軽減した。UEFA EURO 2012では出場停止が明けたグループリーグ第3戦のウクライナ戦で先発出場し、決勝点を挙げイングランドの首位通過に貢献した。ウェイン・ルーニー フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・ルーニー

    ウェイン・ルーニーから見たアーセナルFC

    リヴァプール北東部に位置するクロクステスの生まれ。1995年にエヴァートンFCに入団し、2002年8月17日に16歳と298日でトップデビューした。同年10月19日のプレミアリーグ、アーセナルFC戦でゴールを挙げ、当時のプレミアリーグ最年少得点記録を更新した(2か月後の12月28日にジェイムズ・ミルナーが16歳と309日でその記録を更新し、2005年4月10日にジェームズ・ヴォーンが16歳と271日でその記録を更新している)。ウェイン・ルーニー フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・ルーニー

    ウェイン・ルーニーから見た

    ルーニーという父方のはアイルランドにルーツをもつ。ファーストネームのウェインについても同様である。ウェイン・ルーニー フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・ルーニー

    ウェイン・ルーニーから見たサッカークロアチア代表

    2004年、ポルトガルで開催されたEURO2004のイングランド代表メンバーに選出される。第1戦目となる6月13日のフランス戦に先発出場。続くスイス戦にも先発出場すると、前半23分と後半30分にゴールを決めチームの勝利に貢献し、本大会における最年少得点記録を更新した(が、4日後にスイス代表のヨハン・フォンランテンがその記録を更新した)。グループリーグ最終戦となるクロアチア戦にも先発出場し、スイス戦に続き2ゴールを記録、同試合のMVPに輝く。チームはBグループを2位通過するも準々決勝、開催国ポルトガルの前にPK戦の末に6対5で敗退。ルーニーは前半30分に左足甲を骨折し、負傷交代した。ウェイン・ルーニー フレッシュアイペディアより)

79件中 51 - 60件表示

「ウェイン・ルーニー」のニューストピックワード