前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
230件中 1 - 10件表示
  • エイドゥル・グジョンセン

    エイドゥル・グジョンセンから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    後に、父と息子両方共この試合で一緒にプレー出来なかったことを悔しがった。の会長(のちのウェストハム・ユナイテッドFC会長)と監督は、この歴史的な瞬間をホームで迎えたかったため、敢えて同時に起用しなかった。この2ヶ月後の1998 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選グループリーグのマケドニア代表戦でチャンスが訪れた。エイドゥル・グジョンセン フレッシュアイペディアより)

  • カールトン・コール

    カールトン・コールから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    コールは、2006年にウェストハム・ユナイテッドFCへ移籍する前、2001年にチェルシーFCでキャリアを開始し、ウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC, チャールトン・アスレティックFC, アストン・ヴィラFCとレンタルを繰り返した。コールは、U-21代表で19試合出場6得点を記録し、2009年2月11日にスペイン代表との親善試合でイングランド代表デビューを果たした。カールトン・コール フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ガルシア

    リチャード・ガルシアから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    ガルシアは以前、ウェストハム・ユナイテッドFC, レイトン・オリエントFC, コルチェスター・ユナイテッドFC, ハル・シティAFCでプレーした。また、下部リーグに所属する地元パースのでプレーした。リチャード・ガルシア フレッシュアイペディアより)

  • トニー・ピューリス

    トニー・ピューリスから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    サッカー選手としてのキャリアは、アシスタントコーチを兼任していたボーンマスで終焉を迎えた。選手としては、16試合に出場し、1ゴールを挙げた。ハリー・レドナップがプレミアリーグのウェストハム・ユナイテッドの監督に就任したことに伴い、1992年に監督に昇格した。ボーンマスでは2シーズン監督を務めた。トニー・ピューリス フレッシュアイペディアより)

  • ティティ・カマラ

    ティティ・カマラから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    1999年10月、父親の死の翌朝にアンフィールドで行われたウェストハム・ユナイテッドFC戦で決勝ゴールを決めると、アンフィールドのスタンド前で涙を流し、それが膝に跳ねる光景は観客に最も記憶されることとり、カマラは、アンフィールドの観客の人気者としてカルト・ヒーローとなった。また、1999年晩秋にプレミアリーグで3試合連続でゴールを決めた。2月13日に、ハイバリーでアーセナルFC相手にゴールを決め1-0で勝利へと導いた。カマラは、リヴァプールで短い期間しか過ごしていないにもかかわらず、2006年に公式ウェブサイト上で行われた世論調査で「コップ(リヴァプールFCサポーター)に衝撃を与えた100選手」という投票で91位にランクインした。カマラのこの順位は、アフリカ人選手として最高位のブルース・グロベラーに次ぐ順位だった。ティティ・カマラ フレッシュアイペディアより)

  • エマヌエル・ポガテッツ

    エマヌエル・ポガテッツから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    エマヌエル・ポガテッツ(Emanuel Pogatetz, 1983年1月6日 - )はオーストリア・グラーツ出身の同国代表サッカー選手。ポジションはディフェンダー。プレミアリーグのウェストハム・ユナイテッドFCに所属する。エマヌエル・ポガテッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレデリック・カヌーテ

    フレデリック・カヌーテから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    カヌーテはオリンピック・リヨンでキャリアを始め、2000年にウェストハム・ユナイテッドFCへ移り、同じロンドンを拠点とするライバルのトッテナム・ホットスパーに在籍した。その後、スペインに渡りセビージャFCに加入すると2006年, 2007年のUEFAカップを始め欧州と国内の舞台で幾つものタイトルを獲得し、さらにクラブの外国人最多得点記録を更新した。フレデリック・カヌーテ フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・オーウェン

    マイケル・オーウェンから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    卒業後16歳でクラブと練習生契約を結び、4-1で勝利した1996年のFAユースカップ決勝ではフランク・ランパード、リオ・ファーディナンド擁するウェストハム・ユナイテッドFCと対戦し、ゴールを奪った。その4ヶ月後の17歳の誕生日にクラブとプロ契約を結んだ。マイケル・オーウェン フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ランパード

    フランク・ランパードから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    1995年にウエストハムでキャリアをスタート。その後スウォンジー・シティにレンタル移籍する。復帰後はあまり活躍できずにいたが徐々に頭角を現していき、1998-99シーズンは全試合に出場する。そして1999年イングランド代表にも招集され着実に成長していく。しかし、ウェストハムでは数シーズンに渡って経験を積むが、伯父のハリー・レドナップが監督、父親のフランク・ランパード・シニアがコーチであったために、調子が悪い時には批判のターゲットとなっていた。ファンから愛されず、またレドナップ、フランク・シニアが不明確な理由でクラブから解雇されてしまい、自身の環境転換の為に2001年夏に移籍金1100万ポンド(約24億円)でチェルシーへ移籍。移籍後はセンターハーフとしてすぐにレギュラーを獲得。毎シーズン10ゴール以上記録するなど、中心選手として活躍。2005年にはバロンドール、FIFA最優秀選手賞共にロナウジーニョに次ぐ第2位の得票数を獲得。イングランド代表の同僚でリヴァプールのスティーヴン・ジェラードと並び、世界最高のセンターハーフの1人とも評されている。フランク・ランパード フレッシュアイペディアより)

  • アラン・カービシュリー

    アラン・カービシュリーから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    ルウェリン・チャールズ "アラン" カービシュリー(Llewellyn Charles "Alan" Curbishley、1957年11月8日 - )は、イギリス・ロンドン出身の元サッカー選手。ポジションはMF。チャールトン・アスレティック、ウェストハム・ユナイテッドで監督を務めた。アラン・カービシュリー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
230件中 1 - 10件表示

「ウェストハム・ユナイテッド」のニューストピックワード