230件中 91 - 100件表示
  • FAプレミアリーグ2002-2003

    FAプレミアリーグ2002-2003から見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    ウェストハム・ユナイテッド、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン、サンダーランドが降格した。FAプレミアリーグ2002-2003 フレッシュアイペディアより)

  • レス・ファーディナンド

    レス・ファーディナンドから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    トッテナムに5年半在籍した後、2003年1月より当時降格危機にあったウェストハムに移籍。古巣トッテナム戦で移籍後初ゴールを決めたが、それを含め2ゴールに止まりウェストハムの降格を食い止めることは出来なかった。この後移籍したレスター・シティでは37歳という高齢ながら12ゴールを決める活躍を見せた。2004年よりボルトン・ワンダラーズに移籍。前シーズンとは打って変わり僅か1ゴールのみに止まったが、このゴールによりプレミアリーグの6つの異なるチームで得点を記録した初めての選手となった。2005年に大英帝国勲章を受勲。ボルトンを離れた後は下部リーグのレディング、ワトフォードを渡り歩いた後、40歳で引退した。レス・ファーディナンド フレッシュアイペディアより)

  • カイル・ノートン

    カイル・ノートンから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    2009年7月、シーズン開幕を前にシェフィールド・ユナイテッドのチームメイトであるカイル・ウォーカーと共にトッテナム・ホットスパーFCへ移籍することとなった。このシーズンには8月23日のウェストハム・ユナイテッドFC戦で終盤に途中出場しプレミアリーグデビューしている。2010年1月、チャンピオンシップ所属のミドルズブラFCに半年間のレンタルで移籍した。カイル・ノートン フレッシュアイペディアより)

  • マシュー・ジャーヴィス

    マシュー・ジャーヴィスから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    マシュー・トーマス・ジャービス (Matthew Thomas Jarvis , 1986年5月22日 - )は、イングランド・ミドルスブラ出身、ウェストハム・ユナイテッドFC所属のサッカー選手。ポジションは両ウィング、両サイドハーフ。マシュー・ジャーヴィス フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・コール

    ジョー・コールから見たウェストハム・ユナイテッドウェストハム・ユナイテッドFC

    ウェストハム・ユナイテッドの下部組織で育ち、1999年、わずか17歳でトップデビューを果たす。ウェストハムではキャプテンを努めるほどに成長するが、02/03シーズンに自身の怪我もありチームは降格してしまう。これを機に2003年8月6日、CL出場と代表定着のために660万ポンドでチェルシーFCに移籍。アブラモヴィッチ体制初年度の注目選手の一人として背番号10を背負う。しかし、フアン・セバスティアン・ベロンら他の新加入選手の存在もあり、クラウディオ・ラニエリ監督の下、不遇のシーズンになる。しかしベロンからは、その技術の高さを絶賛された。ジョー・コール フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・コール

    ジョー・コールから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    ジョゼフ・ジョン・"ジョー"・コール(Joseph John "Joe" Cole, 1981年11月8日 - )は、イングランド・イズリントン出身の元同国代表のサッカー選手。ウェストハム・ユナイテッドFC所属。ポジションはミッドフィールダー。ジョー・コール フレッシュアイペディアより)

  • ロビー・スレイター

    ロビー・スレイターから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    1994-95シーズンに祖国イングランドのブラックバーン・ローバーズFCへ移籍。同シーズンに優勝を経験し、初めてプレミアリーグを制覇したオーストラリア人選手となった。1995年、と入れ替わる形でウェストハム・ユナイテッドFCへ60万ポンドで売却された。8月26日、1-1と引き分けたアウェーのノッティンガム・フォレストFC戦でデビューし、12月2日のアウェーで2-4と敗れた古巣ブラックバーン戦で移籍後初ゴールを決めた。ロビー・スレイター フレッシュアイペディアより)

  • ドウェイン・デ・ロサリオ

    ドウェイン・デ・ロサリオから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    母国トロントで開催されたオールスターゲームに3年連続出場したデ・ロサリオは、ウェストハム・ユナイテッドFC相手に69分にPKを決めた。これが決勝ゴールとなり3-2で勝利した。ドウェイン・デ・ロサリオ フレッシュアイペディアより)

  • ハリー・キューウェル

    ハリー・キューウェルから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    2005-06シーズンのFAカップ決勝のウェストハム戦ではスターティングメンバーとして出場したが、腹痛のために48分間の出場に止まった(チャンピオンズリーグ決勝と異なり、サポーターの反応は同情的なものであった)。その後の検査でリヴァプールは鼠径部の負傷をしていることを確認したが、ワールドカップには間に合うと判断した。ハリー・キューウェル フレッシュアイペディアより)

  • マーク・ヴィドゥカ

    マーク・ヴィドゥカから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    2007年6月7日、ミドルズブラのライバルであるニューカッスル・ユナイテッドFCに移籍した。2年契約で移籍金は発生しない。新監督に就任したサム・アラーダイスが獲得した最初の選手だった。8月11日のボルトン・ワンダラーズFC戦で移籍後初出場し、8月26日の古巣ミドルズブラFC戦で初得点を決めた。9月23日、ウェストハム・ユナイテッドFC戦では2ゴールを決めた。12月23日、ダービー・カウンティFC戦で再び2ゴールを挙げた。怪我による離脱の後、新監督に就任したケビン・キーガンが採用した4-3-3システムでオバフェミ・マルティンスやマイケル・オーウェンとトリオを組み、その新システムのおかげで降格を逃れた。最終節を前にしてアキレス腱を負傷し、半年もの離脱を強いられたが、2008年11月29日のミドルズブラ戦でオバフェミ・マルティンスとの途中交代で復帰し、怪我によりヴィドゥカの選手生活が終わることを心配していたジョー・キニアー新監督を安心させた。12月下旬には鼠径部の負傷で再びピッチを離れたが、ビドゥカは現役でプレーすることを強く望んだ。復帰後、フラムFC戦でシーズン唯一の得点を決めたかに思えたが、主審のハワード・ウェブはケヴィン・ノーランが相手GKのマーク・シュワルツァーを妨害したとしてヴィドゥカの得点を認めなかった。2008-09シーズンは18位となり、2部降格が決定した。マーク・ヴィドゥカ フレッシュアイペディアより)

230件中 91 - 100件表示

「ウェストハム・ユナイテッド」のニューストピックワード