402件中 91 - 100件表示
  • トニー・ヒバート

    トニー・ヒバートから見たウェストハム・ユナイテッドウェストハム・ユナイテッドFC

    2001年、FAプレミアリーグ第31節のウェストハム・ユナイテッド戦(2001年3月31日)でスタメン出場。トップチームデビューを果たす。(2-0で勝利)トニー・ヒバート フレッシュアイペディアより)

  • トーレ・ペデルセン

    トーレ・ペデルセンから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    1997年、ボルトン・ワンダラーズFC、ブラックバーン・ローヴァーズFC、ウェストハム・ユナイテッドFCの3クラブからオファーが届き、結局ブラックバーンを選んだ。トーレ・ペデルセン フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・マッカートニー

    ジョージ・マッカートニーから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    ジョージ・マッカートニー(George McCartney, 1981年4月29日 - )は、北アイルランド、ベルファスト出身の同国代表サッカー選手。バークレイズ?プレミアリーグ、ウェストハム・ユナイテッド所属。ポジションはDF(主にLSB)。ジョージ・マッカートニー フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・エンリケ

    ホセ・エンリケから見たウェストハム・ユナイテッドウェストハム・ユナイテッドFC

    2007年夏、ビジャレアルがスペイン代表レギュラーのジョアン・カプデビラを獲得したため、8月7日に移籍金930万ユーロ(約15億円)の5年契約でイングランド・プレミアリーグのニューカッスル・ユナイテッドに移籍した。8月29日のバーンズリーFC戦で公式戦デビューし、9月23日のウェストハム・ユナイテッド戦でプレミアリーグデビューを果たした。リーグ戦23試合に出場したが、シャルル・ヌゾクビアが同シーズンより左SBにコンバートされたため、レギュラーに定着することはできなかった。2008-09シーズンはヌゾグビアの控えとしてスタートしたが、シーズン途中にヌゾグビアがライアン・テイラーとのトレードでウィガン・アスレティックに移籍したため、後半戦はポジションを獲得した。しかし、クラブの身売り問題や監督交代などで黒星を積み重ね、18位でFLチャンピオンシップ(2部)降格が決定した。2009-10シーズンは安定した活躍を見せ、PFA年間ベストイレブンに選出されるとともに、優勝してのプレミアリーグ復帰を果たした。2011年8月12日、移籍金600万ポンドでリヴァプールに移籍した。ホセ・エンリケ フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・リード

    アンディ・リードから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    欧州カップ戦出場を夢見て、2008年1月31日に移籍金400万ポンドでアイルランド代表の大先輩であるナイアル・クイン会長とロイ・キーン監督率いるサンダーランドAFCと3年半契約を締結。なお、この取引の一環として、がチャールトンへ半年の期限付き移籍に出されている。2月9日のウィガン・アスレティックFC戦で74分から初出場を飾り、クロスによっての得点をアシストすると、3月29日のウェストハム・ユナイテッドFC戦において95分にボレーシュートで初得点を挙げ、クラブの2001年12月以来となるプレミアリーグでの連勝に貢献した。アンディ・リード フレッシュアイペディアより)

  • エンマヌエル・カッショーネ

    エンマヌエル・カッショーネから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    ACFフィオレンティーナなどの下部組織を経て、2000年にイングランド・プレミアリーグのウェストハム・ユナイテッドFCのユースに移籍。翌2001年にトップチームに昇格したが、出場機会は訪れず、以降は下部リーグでのプレーが中心となった。エンマヌエル・カッショーネ フレッシュアイペディアより)

  • ジュニア・スタニスラス

    ジュニア・スタニスラスから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    10歳で、地元のクラブチームであるウェストハムのアカデミーへと入団する。ウェストハムのトップチームには3年間在籍し、その間2008年末から2009年初めにかけて試合経験を積むために6週間限定でサウスエンド・ユナイテッドにレンタル移籍している。サウスエンド・ユナイテッド在籍時にはFAカップのルートン・タウン戦にて2ゴールを挙げるなど活躍を見せ、ウェストハム復帰後の2009年3月にはFAプレミアリーグデビューを果たしている。果敢なドリブル突破とそれを支える俊足を見込まれ、2009-2010シーズンでは主にカップ戦要員としてではあるが、コンスタントに試合に出場し得点も挙げている。2011年8月、バーンリーFCへ完全移籍。ジュニア・スタニスラス フレッシュアイペディアより)

  • カラム・ウィルソン (イングランドのサッカー選手)

    カラム・ウィルソン (イングランドのサッカー選手)から見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    コヴェントリー出身のウィルソンは、2009年に地元のコヴェントリー・シティFCでプロデビュー。8月12日にリーグカップのハートリプール・ユナイテッドFC戦でデビューした。その後数シーズンは下部リーグへのレンタル移籍などを経験した後、2014年7月にAFCボーンマスに移籍。ウィルソンは45試合で20得点を記録し、チームはフットボールリーグ・チャンピオンシップで優勝し、念願のプレミアリーグ初昇格。トップリーグ1年目の2015年8月22日のウェストハム・ユナイテッドFC戦で、ウィルソンはボーンマス史上初のプレミアリーグ初ゴールを決め、更にハットトリックを達成し、ボーンマスにプレミアリーグ初勝利をもたらした。カラム・ウィルソン (イングランドのサッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • マーク・ヴィドゥカ

    マーク・ヴィドゥカから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    2007年6月7日、ミドルズブラのライバルであるニューカッスル・ユナイテッドFCに移籍した。2年契約で移籍金は発生しない。新監督に就任したサム・アラーダイスが獲得した最初の選手だった。8月11日のボルトン・ワンダラーズFC戦で移籍後初出場し、8月26日の古巣ミドルズブラFC戦で初得点を決めた。9月23日、ウェストハム・ユナイテッドFC戦では2ゴールを決めた。12月23日、ダービー・カウンティFC戦で再び2ゴールを挙げた。怪我による離脱の後、新監督に就任したケビン・キーガンが採用した4-3-3システムでオバフェミ・マルティンスやマイケル・オーウェンとトリオを組み、その新システムのおかげで降格を逃れた。最終節を前にしてアキレス腱を負傷し、半年もの離脱を強いられたが、2008年11月29日のミドルズブラ戦でオバフェミ・マルティンスとの途中交代で復帰し、怪我によりヴィドゥカの選手生活が終わることを心配していたジョー・キニアー新監督を安心させた。12月下旬には鼠径部の負傷で再びピッチを離れたが、ヴィドゥカは現役でプレーすることを強く望んだ。復帰後、フラムFC戦でシーズン唯一の得点を決めたかに思えたが、主審のハワード・ウェブはケヴィン・ノーランが相手GKのマーク・シュワルツァーを妨害したとしてヴィドゥカの得点を認めなかった。2008-09シーズンは18位となり、2部降格が決定した。マーク・ヴィドゥカ フレッシュアイペディアより)

  • ジェレミー・アリアディエール

    ジェレミー・アリアディエールから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    →2005-2006 ウェストハム・ユナイテッドFC (loan)ジェレミー・アリアディエール フレッシュアイペディアより)

402件中 91 - 100件表示

「ウェストハム・ユナイテッド」のニューストピックワード