402件中 11 - 20件表示
  • ダビド・ディ・ミケーレ

    ダビド・ディ・ミケーレから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    熱狂的なASローマのティフォージで2006-07シーズン終了後には「早くローマに行きたい」とコメントするも、トリノFCへの移籍が決まった。2007年3月にウディネーゼ時代の賭博疑惑により、3ヶ月の出場停止処分を受けた上、監督と対立するなど活躍できなかった。2008-2009シーズンはイングランドのウェストハムにレンタル移籍し、ジャンフランコ・ゾラ監督の下でまずまずの活躍を見せた。ダビド・ディ・ミケーレ フレッシュアイペディアより)

  • リー・ボウヤー

    リー・ボウヤーから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    子どものころはウェストハムのファンだったが、チャールトンのアカデミーに入団した。1995年、マリファナに手を染めて有罪となった。1996年、10代としては史上最高額でリーズに移籍し、8月のダービー戦でデビューした。9月に目を負傷して療養していたが、深夜にロンドン市内のマクドナルドで乱闘騒ぎを起こして4000ポンドの罰金を食らった。1997-98シーズンはジョージ・グレアム監督に冷遇されたが、1998-99シーズンにデヴィッド・オレアリー監督が就任すると若手を中心としたチーム編成を進め、ボウヤーはこのシーズンのチーム・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。リー・ボウヤー フレッシュアイペディアより)

  • プレミアリーグ2010-2011

    プレミアリーグ2010-2011から見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    スチュワート・ダウニング(アストン・ヴィラ)リーグ第1節 ウェストハム・ユナイテッド戦、15分 2010.8.14プレミアリーグ2010-2011 フレッシュアイペディアより)

  • エリタ・イルンガ

    エリタ・イルンガから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    スタッド・レンヌの下部組織に在籍した後、RCDエスパニョールBに所属しテルセーラ・ディビシオン(3部)でプレー。その後ASサンテティエンヌに移籍すると4シーズンプレーし、トゥールーズFCに移籍するも2年目にはウェストハム・ユナイテッドFCにローン移籍し、翌シーズンには完全移籍した。エリタ・イルンガ フレッシュアイペディアより)

  • アラン・カービシュリー

    アラン・カービシュリーから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    ルウェリン・チャールズ "アラン" カービシュリー(Llewellyn Charles "Alan" Curbishley、1957年11月8日 - )は、イギリス・ロンドン出身の元サッカー選手。ポジションはMF。チャールトン・アスレティック、ウェストハム・ユナイテッドで監督を務めた。アラン・カービシュリー フレッシュアイペディアより)

  • ダヴィド・ベリオン

    ダヴィド・ベリオンから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    2003年、サンダーランドの降格に伴い、マンチェスター・ユナイテッドFCへ移籍。しかしながら、マンチェスター・ユナイテッドでは分厚い選手層を前に出場機会は少なく、さらに2005-06シーズンに期限付き移籍したウェストハム・ユナイテッドFCでもインパクトを残せずに終わった。ダヴィド・ベリオン フレッシュアイペディアより)

  • アラン・パーデュー

    アラン・パーデューから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    クリスタル・パレスFCに在籍していた1990年には選手として、ウェストハム・ユナイテッドFCを率いていた2006年には監督として、それぞれFAカップの決勝に出場したが、いずれの試合も準優勝に終わっている。選手時代にはクリスタル・パレスFCで、指導者時代にはレディングFCとウェストハム・Uでプレミアリーグ昇格を達成した。2010年にはサウサンプトンFCをフットボールリーグトロフィー優勝に導いた。アラン・パーデュー フレッシュアイペディアより)

  • フレデリック・カヌーテ

    フレデリック・カヌーテから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    カヌーテはオリンピック・リヨンでキャリアを始め、2000年にウェストハム・ユナイテッドFCへ移り、同じロンドンを拠点とするライバルのトッテナム・ホットスパーに在籍した。その後、スペインに渡りセビージャFCに加入すると2006年, 2007年のUEFAカップを始め欧州と国内の舞台で幾つものタイトルを獲得し、さらにクラブの外国人最多得点記録を更新した。フレデリック・カヌーテ フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・コリソン

    ジャック・コリソンから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    多くの代表選手を輩出しているウェストハム・ユナイテッドの有名なアカデミーの出身であり、16歳で練習生として加入してからすぐにトップチームに昇格した。祖父がウェールズのベドウェルティ出身であるため、ウェールズ代表でプレイする資格を有している。左サイドハーフでのプレイを好むが、中盤のポジションならどこでもこなすことができ、クラブではサイド、代表ではセンターハーフとしてプレイしている。ジャック・コリソン フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・ギグス

    ライアン・ギグスから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    1994-95シーズンは怪我により出場試合数は29試合に留まり、ゴール数は僅か1ゴールとなった。シーズン後半に復帰しコンディションを取り戻したが、クラブはメジャータイトルを一つも獲得することなくシーズンを終えた。リーグではシーズン最終日にウェストハム・ユナイテッドに敗れ、ブラックバーン・ローヴァーズFCにタイトルを譲った。FAカップ決勝ではギグスも途中出場したが、0-1でエヴァートンに屈した。ライアン・ギグス フレッシュアイペディアより)

402件中 11 - 20件表示