230件中 21 - 30件表示
  • アレックス・マクリーシュ

    アレックス・マクリーシュから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    1998年、残留争いに苦しむハイバーニアン監督に就任し、マクリーシュ体制でわずかに順位を上げたものの、ハイバーニアンはスコティッシュ・プレミアリーグ(1部)からスコティッシュ・ファーストディヴィジョン(2部)に降格した。1998-99シーズンにはファーストディヴィジョンで優勝し、わずか1シーズンでのプレミアリーグ昇格に導いた。昇格初年度の1999-2000シーズンはリーグ戦で中位となり、スコティッシュ・カップで準決勝に進出した。2000-01シーズンはとても力強いスタートを切り、リーグ戦では3位となったほか、スコティッシュ・カップでは決勝に進出した。ウェストハム・ユナイテッドFCやレンジャーズなど、マクリーシュはハイバーニアンより大きなクラブからの関心を集め、またハイバーニアンにはトリニダード・トバゴ代表のラッセル・ラタピーや元フランス代表のフランク・ソゼーなどの有名選手が加入した。マクリーシュは若手ストライカーのケニー・ミラーの成長を助け、ミラーは後にスコットランド代表に選出されるようになった。ハイバーニアンを指揮していた時期にUEFAプロライセンスを取得した。アレックス・マクリーシュ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ディ・ミケーレ

    ダビド・ディ・ミケーレから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    熱狂的なASローマのティフォージで2006-07シーズン終了後には「早くローマに行きたい」とコメントするも、トリノFCへの移籍が決まった。2007年3月にウディネーゼ時代の賭博疑惑により、3ヶ月の出場停止処分を受けた上、監督と対立するなど活躍できなかった。2008-2009シーズンはイングランドのウェストハムにレンタル移籍し、ジャンフランコ・ゾラ監督の下でまずまずの活躍を見せた。ダビド・ディ・ミケーレ フレッシュアイペディアより)

  • ミルウォールFC

    ミルウォールFCから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    ミルウォールFC(Millwall Football Club)はイングランド・ロンドン・サザーク・ロンドン特別区・バーモンジーを本拠地とするサッカークラブチーム。愛称は「ライオンズ」。チームのモットーは「俺たちはどこで戦おうとも敵を恐れない」という意味の「We Fear No Foe, Where E’re We Go」。ウェストハム及びレイトン・オリエントFCとライバル関係にあり、特にウェストハムとの試合は毎度暴動沙汰になる。ミルウォールFC フレッシュアイペディアより)

  • ロビー・キーン

    ロビー・キーンから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    しかし復帰後もなかなか出場機会を得られず2011年1月31日に当時最下位に低迷していたウェストハム・ユナイテッドFCにレンタルされる。デビュー戦のブラックプールFC戦で2点目となる得点をし、1?3でチームの勝利に貢献した。しかしチームの降格は食い止められず、自身も9試合の出場で2得点と不完全燃焼に終わった。ロビー・キーン フレッシュアイペディアより)

  • タル・ベン・ハイム

    タル・ベン・ハイムから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    2007年、ディフェンスラインでのマルチな才能を買われ、イングランドのチェルシーFCに4年契約で移籍した。移籍当初は怪我人のバックアッパーとはいえ、ベンチなど控えの選手として出場していたが、ジョン・テリーやリカルド・カルヴァーリョの主力が怪我から復帰し、新たなセンターバックとしてアレックスが加入すると徐々に出番が減り、ベンチ入りも少なくなってしまった。そのため、2008年にマンチェスター・シティFCへ移籍した。2009年1月からサンダーランドAFCにレンタル移籍し、シーズン終了後の2009年8月31日にポーツマスFCに完全移籍した。2010年8月、ウェストハム・ユナイテッドFCにレンタル移籍したが、1シーズンでポーツマスに復帰した。タル・ベン・ハイム フレッシュアイペディアより)

  • アーメド・ホッサム

    アーメド・ホッサムから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    元々はウイングで、現在もサイドにいることが多い。長身だが、足元も巧い。2002年のアフリカ年間最優秀ヤング・プレーヤー賞に輝く。その後、オランダのアヤックス・アムステルダム、スペインのセルタ・デ・ビーゴ、フランスのオリンピック・マルセイユ、イタリアのASローマなどの名高いクラブでプレー。2007年、移籍金600万英ポンド(約13億5000万円)の4年契約でイングランドのミドルスブラFCへ移籍した。2009年1月には、エミール・ヘスキーの移籍でFWの層が薄くなっていたウィガン・アスレティックFCへシーズン終了までのローン移籍となり、代表でもコンビを組んでいるザキとともにプレーした。2009-10シーズンは母国のアル・ザマレクへレンタルされていたが、2010年2月にウェストハムへレンタル移籍しイングランドに復帰した。2010年9月1日に古巣アヤックスへ復帰し、マルティン・ヨル監督からはジョーカー的な役割として起用されたが、フランク・デ・ブール監督に代わってからは構想外となり、2011年1月21日、再びアル・ザマレクへ3年半の契約で完全移籍。2012年6月、バーンズリーFCへ完全移籍し、通算5度目となるイングランドに復帰した。アーメド・ホッサム フレッシュアイペディアより)

  • ジョーイ・オブライエン

    ジョーイ・オブライエンから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    ジョセフ・マーティン"ジョーイ"・オブライエン(Joseph Martin "Joey" O'Brien, 1986年2月17日 - )はアイルランド・ダブリン出身の同国代表選手のサッカー選手。ウェストハム・ユナイテッドFC所属。ジョーイ・オブライエン フレッシュアイペディアより)

  • ビクトル・オビンナ

    ビクトル・オビンナから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    2008年8月、インテルへ完全移籍。10月19日のASローマ戦で移籍後初得点を挙げるが出場機会は少なく、9試合の出場に終わった。2009-10シーズンはリーガ・エスパニョーラのマラガCFへレンタル移籍し、10月4日のシェレスCD戦でリーガ初得点を記録した。2010-11シーズンはプレミアリーグのウェストハムへレンタル移籍をした。インテルとの契約が終了しフリーエージェントになっていたオビンナは2011年6月、ロシア・プレミアリーグに所属をするFCロコモティフ・モスクワへ4年契約で移籍をした。ビクトル・オビンナ フレッシュアイペディアより)

  • デンバ・バ

    デンバ・バから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    2010-11シーズン半ばには、イングランドのストーク・シティFCがバに移籍金590万ポンドの値を付けていると報じられた。2011年1月、ホッフェンハイムの練習合宿参加を拒否し、ウェストハム・ユナイテッドFCへの移籍希望を公言した。ホッフェンハイムはバに処罰を下す可能性を示唆したが、バは「現在の条件でもクラブを離れられることをホッフェンハイムによって保証されている」と主張した。2011年1月、ストーク・シティFCへの移籍話はバがメディカルチェックに落ちたことにより破談となり、ストーク・シティFCのトニー・ピューリス監督はバの獲得失敗を残念がった。ホッフェンハイムでは通算103試合に出場して40得点した。デンバ・バ フレッシュアイペディアより)

  • エリタ・イルンガ

    エリタ・イルンガから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    スタッド・レンヌの下部組織に在籍した後、RCDエスパニョールBに所属しテルセーラ・ディビシオン(3部)でプレー。その後ASサンテティエンヌに移籍すると4シーズンプレーし、トゥールーズFCに移籍するも2年目にはウェストハム・ユナイテッドFCにローン移籍し、翌シーズンには完全移籍した。エリタ・イルンガ フレッシュアイペディアより)

230件中 21 - 30件表示

「ウェストハム・ユナイテッド」のニューストピックワード