230件中 51 - 60件表示
  • テムズ鉄工造船所

    テムズ鉄工造船所から見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    1895年にヒルズは、会社の従業員のためにフットボールクラブを設立するのを助けた。テムズ鉄工FCは設立から2年で、FAカップとロンドン・リーグに参加した。委員会はプロ選手雇用の要望を提出しテムズ鉄工FCは1900年6月に解散、ウェストハム・ユナイテッドFCが1カ月後に設立された。テムズ鉄工造船所 フレッシュアイペディアより)

  • ザヴォン・ハインズ

    ザヴォン・ハインズから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    地元ロンドンのクラブチームの1つであるウェストハムのアカデミーでサッカーを学び、そのままウェストハムのリザーブチームと昇格を果たす。すると、2008年に対戦したコヴェントリーのリザーブチームの監督であったクリス・コールマンの目に止まり、コヴェントリーへの期限付き移籍を果たす。ザヴォン・ハインズ フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル・ガリード

    ハビエル・ガリードから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    2007年8月2日、イングランドのマンチェスター・シティFCと4年契約を結んだ。移籍金は150万ポンド(220万ユーロ)。8月11日のウェストハム・ユナイテッドFC戦でデビューした。マンチェスター・Cは開幕から6試合で4勝・4完封し、クラブの歴史に残るスタートダッシュを決めた。2007年のクリスマス前、同じく新加入のマイケル・ボールにレギュラーの座を奪われた。2007-08シーズンのリーグ戦は9位に終わったが、フェアプレー賞枠でUEFAカップの出場権を獲得した。2008年10月5日のリヴァプールFC戦(3-2)で、フリーキックから移籍後初得点となるダイレクトシュートを決めた。2008-09シーズンは移籍初年度を上回る失望のシーズンとなり、リーグ戦では13試合の出場にとどまった。2009年夏にはボーダコム・チャレンジに出場し、カイザー・チーフスFC戦には出場したが、セルティックFC戦には起用されなかった。2009-10シーズンはトップチームでの出場機会を得るのがいっそう苦しくなった。2009年12月にマーク・ヒューズ監督が去ってロベルト・マンチーニ監督が就任すると、12月26日のストーク・シティFC戦でようやくシーズン初のリーグ戦出場を果たし、数日後のウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦ではフリーキックから得点した。ハビエル・ガリード フレッシュアイペディアより)

  • WAGs

    WAGsから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    そしてウェストハム・ユナイテッド所属のボビー・ザモーラのガールフレンドとして出ていたニコラも、番組終了後彼とは破局したという。WAGs フレッシュアイペディアより)

  • ヘイザル・ヘルグソン

    ヘイザル・ヘルグソンから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    2005年6月27日にフラムと契約したが、シーズンの序盤は主にベンチで過ごした。リーグカップのリンカーン・シティFC戦で移籍後初ゴールを決め5-4の勝利に貢献した。ヘルグソンとブライアン・マクブライドの前線のコンビはプレミアリーグの様々な守備陣を混乱に陥れた。ヘルグソンは、チェルシーFC戦(PK), アストン・ヴィラFC戦(PK), ウェストハム・ユナイテッドFC戦(左足で先制点), マンチェスター・ユナイテッドFC戦(ヘディングで先制点), 6-1で勝利したウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC戦(2得点), ボルトン・ワンダラーズFC戦(FKからヘディングで得点), ミドルズブラFC戦(PK)と様々な試合で得点した。2006-07シーズン開幕時には背番号10から9に変更された。ヘイザル・ヘルグソン フレッシュアイペディアより)

  • ジュリアン・フォベール

    ジュリアン・フォベールから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    2007年、ウェストハム・ユナイテッドFCに610万ユーロで移籍。しかしながら、すぐに親善試合でアキレス腱を断裂するという大きな怪我を負い、プレミアリーグデビューは翌年1月まで持ち越された。ジュリアン・フォベール フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ムーア

    ボビー・ムーアから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    イングランド最高のディフェンダーの一人。高いディフェンス力、キャプテンシーを持ち常に冷静沈着。フィード力にも優れていた。ウェストハム・ユナイテッドのシンボルであり、紳士的な態度から周囲の信頼も厚かった。ボビー・ムーア フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・ダ・コスタ

    マヌエル・ダ・コスタから見たウェストハム・ユナイテッドウェストハム・ユナイテッドFC

    2009年8月31日、サヴィオ・ヌセレコとの交換トレードでプレミアリーグのウェストハム・ユナイテッドへ移籍した。初年度はあまり出場機会に恵まれなかったが、翌シーズンは出場する機会が増えた。2010年12月にはモスクワに本拠地を置くFCスパルタク・モスクワからオファーがあったが、ロシアリーグが魅力的でないとして断った。2010年10月30日、足首を負傷し翌年の2月まで戦線離脱を余儀なくされた。マヌエル・ダ・コスタ フレッシュアイペディアより)

  • ハンヌ・ティヒネン

    ハンヌ・ティヒネンから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    ティヒネンは、1997年にヴェイッカウスリーガのHJKヘルシンキへ移籍する前に下部リーグのパロセウラ・ケミ・キングスでキャリアを開始した。HJKでは、1度リーグ優勝と優勝の2冠を達成し、を経験した。その後、2000年にエリテセリエンのバイキングFKへ移籍した。バイキングで2年半過ごした中、プレミアリーグのウェストハム・ユナイテッドFCで短期間レンタルを経験した。ウェストハムでは、2000-01シーズンのFAカップでマンチェスター・ユナイテッドFCに1-0と大金星を挙げた試合でプレーしていた。2002年にジュピラーリーグの名門RSCアンデルレヒトへ移籍した。ベルギーでは4年過ごし、2度リーグ優勝をした。チームとの契約が満了した2006年夏に、FCチューリッヒと3年契約を結んだ。ティヒネンは、そこでキャプテンを務め2006-07, 2008-09シーズンと2度リーグ優勝をした。ハンヌ・ティヒネン フレッシュアイペディアより)

  • アヴラム・グラント

    アヴラム・グラントから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    2010年7月、ウェストハム・ユナイテッドFCの監督に4年契約で就任。ジャンフランコ・ゾラの指揮で辛うじて残留圏内の17位に終わった前シーズンからのチーム強化が期待されたが、カップ戦での健闘はあったもののプレミアリーグでは苦戦し、2011年5月15日のウィガン・アスレティックFC戦に敗れてリーグ戦を1試合残してのフットボール・チャンピオンシップ降格が決定した日にグラントは監督を解任された。アヴラム・グラント フレッシュアイペディアより)

230件中 51 - 60件表示

「ウェストハム・ユナイテッド」のニューストピックワード