402件中 51 - 60件表示
  • アレクサンドル・ソング

    アレクサンドル・ソングから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    2014年8月30日、出場機会を求めてウェストハム・ユナイテッドFCにレンタル移籍した。2014-15シーズン終了後に一度はFCバルセロナに復帰するも、2015年9月1日に再びウェストハム・ユナイテッドFCにレンタル移籍することを発表した。アレクサンドル・ソング フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・キャリック

    マイケル・キャリックから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    キャリックは1997年にウェストハム・ユナイテッドに加入し、2年後にはFAユースカップを獲得した。デビューシーズンにはスウィンドン・タウンとバーミンガム・シティの2つのクラブへのローン移籍を経験した。2000-01シーズンにはトップチームでポジションを掴み、チームが下部リーグに降格して迎えた2003-04シーズンに昇格を目指して戦うチームで活躍し、ディビジョン1のベストイレブンに選出された。ハマーズでは150試合以上に出場したが、2004年に350万ポンドと言われる移籍金でロンドンのライバルクラブであるトッテナム・ホットスパーに移籍が決定した。スパーズでは2006年に1,800万ポンドでマンチェスター・ユナイテッドに移籍するまで75試合に出場し2ゴールを記録した。マイケル・キャリック フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・アルナウトヴィッチ

    マルコ・アルナウトヴィッチから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    マルコ・アルナウトヴィッチ(Marko Arnautović, 1989年4月19日 - )は、オーストリア・ウィーン出身の同国代表サッカー選手。プレミアリーグ・ウェストハム・ユナイテッドFC所属。ポジションはフォワード。ドイツ語発音を意識したマルコ・アーナウトヴィッツという表記も一部見られる。マルコ・アルナウトヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ランパード

    フランク・ランパードから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    1995年にウェストハムでプロ生活を始める。その後スウォンジー・シティにレンタル移籍する。復帰後はあまり活躍できずにいたが徐々に頭角を現し、1998-99シーズンは全試合に出場する。1999年にイングランド代表に招集され着実に成長していく。しかし、ウェストハムでは数シーズンに渡って経験を積むが、伯父のハリー・レドナップが監督、父親のフランク・ランパード・シニアがコーチであったために、調子が悪い時には批判の対象となっていた。ファンから愛されず、またレドナップ、フランク・シニアが不明確な理由でクラブから解雇されてしまい、自身の環境転換の為に2001年夏に移籍金1100万ポンド(約24億円)でチェルシーへ移籍。移籍後はセンターハーフとしてすぐにレギュラーを獲得。毎シーズン10得点以上記録するなど、中心選手として活躍。2005年にはバロンドール、FIFA最優秀選手賞共にロナウジーニョに次ぐ第2位の得票数を獲得。イングランド代表の同僚でリヴァプールのスティーヴン・ジェラードと並び、世界最高のセンターハーフの1人とも評された。フランク・ランパード フレッシュアイペディアより)

  • ディビッド・ジェームス

    ディビッド・ジェームスから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    ワトフォードFCでキャリアを開始した後は、リヴァプール、アストン・ヴィラ、ウェストハム・ユナイテッドFC、マンチェスター・シティ、ポーツマスFCといったプレミアリーグの数々のクラブに在籍し、1995年のリヴァプール時代にフットボールリーグカップ、2008年のポーツマス時代にFAカップのタイトルを獲得。また、FAカップでは1996年のリヴァプール、2000年のアストン・ヴィラ、2010年のポーツマス時代に準優勝だった。この2010年のFAカップでは、FAカップの歴史上で決勝戦に出場した最高齢(39歳287日)のゴールキーパーだった。イングランド代表としては、1997年から2010年までの間で53試合に出場し、UEFA EURO 2004と2010 FIFAワールドカップの2大会で正GKを務めた。ディビッド・ジェームス フレッシュアイペディアより)

  • スチュワート・ダウニング

    スチュワート・ダウニングから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    2008年2月26日にミドルズブラと2013年までの5年契約にサインした。また、シーズン終了後にマーク・シュワルツァーがフラムFCに移籍したことに伴い、ブラッドリー・ジョーンズに次ぐチーム2番目の古株になった。しかし、2008-09シーズンは混乱の年となった。ミドルズブラはシーズン序盤は好調なスタートを切り8位に付けたが、11月9日のアストン・ヴィラFC戦以降14試合連続で勝利から見放され降格圏内に低迷した。このことからダウニングは年明けにチームを去りたい意向を伝えるが却下された。さらに、2009年5月16日のアストン・ヴィラFC戦でスティリアン・ペトロフに足を踏まれて骨折し、最終節のウェストハム・ユナイテッドFC戦も敗れて19位に終わり2部降格となった。スチュワート・ダウニング フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・ハースト

    ジェフ・ハーストから見たウェストハム・ユナイテッドウェストハム・ユナイテッドFC

    1959年にウェストハム・ユナイテッドに入団し、ここでキャリアの多くを過ごすことになる。当初のポジションはミッドフィールダーだったが、ロン・グリーンウッド監督によってフォワードにコンバートされた。ウェストハムでは1964年にFAカップ、1965年にUEFAカップウィナーズカップに優勝した。ジェフ・ハースト フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・キャロル

    アンディ・キャロルから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    アンディ・キャロル(Andrew Thomas "Andy" Carroll, 1989年1月6日 - )は、イングランド、タイン・アンド・ウィアのゲーツヘッド出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。ウェストハム・ユナイテッドFC所属。アンディ・キャロル フレッシュアイペディアより)

  • フィル・ジョーンズ (サッカー選手)

    フィル・ジョーンズ (サッカー選手)から見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    2010-11シーズンはエヴァートンとの開幕戦から始まり、シーズン前半の大部分を本来のポジションではない守備的な中盤の選手としてプレイをした。12月に行われたウェストハム・ユナイテッド戦で膝の軟骨損傷により、当初は残りのシーズンを欠場する見込みとなったが、2011年3月21日に行われたブラックプール戦でブレット・エマートンと後半に交代で出場し、復帰を果たした。4月2日に行われたアーセナル戦で4ヶ月振りにスターティングメンバーとして出場し、フル出場の末、チームは0-0で引き分けた。怪我で離脱した期間があったものの、最終的にリーグ戦26試合、カップ戦2試合に出場した。フィル・ジョーンズ (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • ジョアン・マリオ

    ジョアン・マリオから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    ジョアン・マリオ・ナヴァル・ダ・コスタ・エドゥアルド(, 1993年1月19日 - )は、ポルトガル・ポルト出身のサッカー選手。プレミアリーグ・ウェストハム・ユナイテッドFC所属。ポジションはミッドフィールダー。ポルトガル代表。ジョアン・マリオ フレッシュアイペディアより)

402件中 51 - 60件表示

「ウェストハム・ユナイテッド」のニューストピックワード