230件中 61 - 70件表示
  • ジミー・ブラード

    ジミー・ブラードから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    ブラードが戻って来たのは、翌2007-2008シーズン。2008年2月のウェストハム戦。実に1年半ぶりのピッチだった。ブラードの復帰前まで、フラムは21試合を戦ってわずか2勝と、降格の危機にあった。しかし、ブラードの復帰を起爆剤として、フラムは残りの17試合で6勝を挙げた。最終節の結果如何で2部降格の可能性があったが、そのポーツマス戦でブラードはダニー・マーフィーのゴールをアシストし、1-0で勝利。最終的にフラムは17位でシーズンを終え、1部に残留した。ジミー・ブラード フレッシュアイペディアより)

  • リー・シャープ

    リー・シャープから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    1988年9月24日に行われたディヴィジョン1のウェストハム・ユナイテッド戦に交代で出場し、ユナイテッドデビューを果たした。左ウイングのレギュラーを務めていたイェスペル・オルセンがクラブを去り、新たに加入したラルフ・ミルンが期待に応える活躍ができずにいると、シャープが試合に出場する機会は増えた。シャープはゴールは挙げられなかったがリーグ戦22試合に出場し、全公式戦を含め30試合に出場したが、チームは期待外れの11位にでシーズンを終えた。ユナイテッドでの初ゴールは、1989年9月16日に行われたミルウォール戦で記録した。リー・シャープ フレッシュアイペディアより)

  • 小島宏美

    小島宏美から見たウェストハム・ユナイテッドウェストハム・ユナイテッドFC

    2001年、ガンバは優勝を意識したチーム作りを目指し、京都から遠藤保仁、市原から山口智を獲得、またウェストハム・ユナイテッドへの移籍が噂された宮本恒靖が労働ビザの問題で急遽残留し、当時のガンバの大きな特徴であったシドニーオリンピック日本代表世代の選手を多く抱えた状況で開幕を迎えた。優勝を狙えるメンバーは揃っていたものの、若い選手達故、勢いに乗ると強いが安定しないといった戦いが続き、結局1stステージを5位で終えた。2ndステージは、稲本潤一がアーセナルへ移籍した影響で早々に優勝争いから脱落、11位でステージを終えた。小島もコンスタントに試合に出場するものの、スタメンでの起用は少なく、またポジション的にも安定しなかったために、満足なシーズンを送れなかった。小島宏美 フレッシュアイペディアより)

  • スチュアート・ピアース

    スチュアート・ピアースから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    ピアースはニューカッスル・ユナイテッドに加入し、敗れはしたが、1998年のFAカップ決勝に出場した。その後、ルート・フリットと反りが合わなくなり、ウェストハム・ユナイテッドに移籍した。2001年にマンチェスター・シティに加入し、選手として最後のシーズンを送った。彼はキャプテンを務め、最後の試合となったポーツマス戦では、キャリア通算100ゴールを目指したが、インジュリータイムに得たPKを失敗し、目標を達成することは出来なかった。スチュアート・ピアース フレッシュアイペディアより)

  • ポール・マリナー

    ポール・マリナーから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    チョーリーで135試合56ゴールを記録し、名将ボビー・ロブソンの目に留まり220,000ポンド(当時)でイプスウィッチに移籍。この時、マリナーはウェストハムからも似たようなオファーを受けていたが、イプスウィッチを選択。ポール・マリナー フレッシュアイペディアより)

  • ダレン・アンダートン

    ダレン・アンダートンから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    アンダートンはシーズン終盤を怪我で欠場し、ワールドカップのメンバーに入ることは出来なかった。夏には、リーズ・ユナイテッドAFCの監督に就任したテリー・ヴェナブルズが獲得を試みたが、アンダートンはトッテナムへの忠誠心から、これを断った。2003年の夏には、ポーツマスFCとウェストハム・ユナイテッドFCが関心を持ったが、アンダートンはどちらにも興味を示さなかった。2003-04シーズンは、ライバルのアーセナルFC戦でゴールを挙げるなど良いスタートを切ったが、ホドルが早々に監督を解任され、スパーズは混乱状態に陥った。アンダートンは2004年の夏までクラブに在籍した。アンダートンはトッテナムに残ることを望んでおり、デヴィッド・プラットからは、新たな契約を約束されていたが、後任に就いたジャック・サンティニの進言により、クラブは手を引いた。スパーズでは全公式戦で通算364試合に出場し、51ゴールを挙げた。ダレン・アンダートン フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・ベアズリー

    ピーター・ベアズリーから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    初のファーストディヴィジョン挑戦となった1984-85シーズンはリーグ戦38試合に出場して17得点を挙げ、ニューカッスル・Uは昇格初年度で14位となった。1985-86シーズンはリーグ戦全試合(42試合)に出場して19得点を挙げた。ウェストハム・ユナイテッドFC戦では試合途中から急遽キーパーを務めたが、ポジションを最後尾に変えてから3点を許し、1-8で完敗した。シーズン序盤の好調さから、ニューカッスル・Uを優勝争いのダークホースと予想する識者がいたことはさておき、ニューカッスル・Uでは主要タイトル獲得を期待できず、ベアズリーはより成功を収めたクラブのターゲットとなった。1986-87シーズンは27試合に出場して11得点し、ニューカッスル・Uを順位表の中位(11位)に押し上げた。ニューカッスル・Uでは4シーズンで計61得点(全てリーグ戦)を挙げた。ピーター・ベアズリー フレッシュアイペディアより)

  • エドゥアール・シセ

    エドゥアール・シセから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    2002-2003 → ウェストハム・ユナイテッドFC (loan)エドゥアール・シセ フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリ・ランスベリー

    ヘンリ・ランスベリーから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    →2011-2012 ウェストハム・ユナイテッドFC (loan)ヘンリ・ランスベリー フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴン・コールドウェル

    スティーヴン・コールドウェルから見たウェストハム・ユナイテッドFCウェストハム・ユナイテッドFC

    スターリングに生まれる。弟と共にニューカッスル・ユナイテッドFCでキャリアを始めた。ニューカッスルでは、28試合に出場、リーグカップのブラッドフォード・シティ戦とリーグのウェストハム・ユナイテッドFC戦でゴールを決めている。スティーヴン・コールドウェル フレッシュアイペディアより)

230件中 61 - 70件表示

「ウェストハム・ユナイテッド」のニューストピックワード