前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示
  • ウェストハム・ユナイテッドFC

    ウェストハム・ユナイテッドFCから見たカルロス・テベス

    2006-07シーズンはじめにワールドカップドイツ大会で活躍したアルゼンチン代表のカルロス・テベス、ハビエル・マスチェラーノの両選手を補強し、注目を集めたが同シーズンは前シーズンとは一転して苦しい戦いとなった。ウェストハム・ユナイテッドFC フレッシュアイペディアより)

  • ウェストハム・ユナイテッドFC

    ウェストハム・ユナイテッドFCから見たフランク・ランパード

    クラブの特徴は、育成に実績のあるユース組織を備えており、有望な若手を発掘、育成し、ビッグクラブへ放出するという典型的な「売り手」型であるといえる。近年はその傾向が顕著でジョー・コール、リオ・ファーディナンド、フランク・ランパード、マイケル・キャリックなどのイングランド代表選手はウェストハムのユース出身である。彼らはトップチームで頭角を現し、後にビッグクラブに移籍している。ウェストハム・ユナイテッドFC フレッシュアイペディアより)

  • ウェストハム・ユナイテッドFC

    ウェストハム・ユナイテッドFCから見たボビー・ムーア

    1961年、ロン・グリーンウッドが監督に就任し、1964年にFAカップ優勝、1965年にUEFAカップウィナーズカップ優勝を果たした。1966年のFIFAワールドカップの時には、イングランド代表の主要メンバーはキャプテンのボビー・ムーア、マーティン・ピータース、ジェフ・ハーストといったウェストハムの選手であった。1974-75年シーズンにロン・グリーンウッドは総合監督に就任し、アシスタントのジョン・ライアルを監督に任命した。1976年にクラブは再びUEFAカップウィナーズカップ決勝に進出したが、4-2でアンデルレヒトに敗れた。1964年、1975年と1980年にはFAカップで優勝。1923年と2006年にも決勝に出場している。ウェストハム・ユナイテッドFC フレッシュアイペディアより)

  • ウェストハム・ユナイテッドFC

    ウェストハム・ユナイテッドFCから見たジェフ・ハースト

    1961年、ロン・グリーンウッドが監督に就任し、1964年にFAカップ優勝、1965年にUEFAカップウィナーズカップ優勝を果たした。1966年のFIFAワールドカップの時には、イングランド代表の主要メンバーはキャプテンのボビー・ムーア、マーティン・ピータース、ジェフ・ハーストといったウェストハムの選手であった。1974-75年シーズンにロン・グリーンウッドは総合監督に就任し、アシスタントのジョン・ライアルを監督に任命した。1976年にクラブは再びUEFAカップウィナーズカップ決勝に進出したが、4-2でアンデルレヒトに敗れた。1964年、1975年と1980年にはFAカップで優勝。1923年と2006年にも決勝に出場している。ウェストハム・ユナイテッドFC フレッシュアイペディアより)

  • ウェストハム・ユナイテッドFC

    ウェストハム・ユナイテッドFCから見たシャカ・ヒスロップ

    シャカ・ヒスロップ 1998 - 2002, 2005 - 2006ウェストハム・ユナイテッドFC フレッシュアイペディアより)

  • ウェストハム・ユナイテッドFC

    ウェストハム・ユナイテッドFCから見たジョー・コール

    クラブの特徴は、育成に実績のあるユース組織を備えており、有望な若手を発掘、育成し、ビッグクラブへ放出するという典型的な「売り手」型であるといえる。近年はその傾向が顕著でジョー・コール、リオ・ファーディナンド、フランク・ランパード、マイケル・キャリックなどのイングランド代表選手はウェストハムのユース出身である。彼らはトップチームで頭角を現し、後にビッグクラブに移籍している。ウェストハム・ユナイテッドFC フレッシュアイペディアより)

  • ウェストハム・ユナイテッドFC

    ウェストハム・ユナイテッドFCから見たアラン・カービシュリー

    2007-08シーズンはプレミアリーグ10位で終わった。2008-09シーズン早々、2006年12月より前監督アラン・パウデューに代わり指揮をしていたアラン・カービシュリー監督が辞任し、ジャンフランコ・ゾラがウエストハム史上、12人目の監督に就任した。しかしアヴラム・グラントが監督に就任した2010-11シーズンは最下位に沈み、降格が決まった。ウェストハム・ユナイテッドFC フレッシュアイペディアより)

  • ウェストハム・ユナイテッドFC

    ウェストハム・ユナイテッドFCから見たジェームズ・コリンズ (1983年生のサッカー選手)

    ジェームズ・コリンズ 2005 - 2009, 2012 -ウェストハム・ユナイテッドFC フレッシュアイペディアより)

  • ウェストハム・ユナイテッドFC

    ウェストハム・ユナイテッドFCから見たジャンフランコ・ゾラ

    2007-08シーズンはプレミアリーグ10位で終わった。2008-09シーズン早々、2006年12月より前監督アラン・パウデューに代わり指揮をしていたアラン・カービシュリー監督が辞任し、ジャンフランコ・ゾラがウエストハム史上、12人目の監督に就任した。しかしアヴラム・グラントが監督に就任した2010-11シーズンは最下位に沈み、降格が決まった。ウェストハム・ユナイテッドFC フレッシュアイペディアより)

  • ウェストハム・ユナイテッドFC

    ウェストハム・ユナイテッドFCから見たマイケル・キャリック

    クラブの特徴は、育成に実績のあるユース組織を備えており、有望な若手を発掘、育成し、ビッグクラブへ放出するという典型的な「売り手」型であるといえる。近年はその傾向が顕著でジョー・コール、リオ・ファーディナンド、フランク・ランパード、マイケル・キャリックなどのイングランド代表選手はウェストハムのユース出身である。彼らはトップチームで頭角を現し、後にビッグクラブに移籍している。ウェストハム・ユナイテッドFC フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示

「ウェストハム・ユナイテッド」のニューストピックワード