前へ 1 2 3
29件中 1 - 10件表示
  • UEFAチャンピオンズリーグ 2009-10 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2009-10 決勝から見たヴェスレイ・スナイデルヴェスレイ・スナイデル

    一方のインテルはジョゼ・モウリーニョを監督として招へいしてから2年目のシーズンであり、シーズン前にディエゴ・ミリートやサミュエル・エトー、ヴェスレイ・スナイデルを獲得するなどして大型補強を敢行。だがグループリーグでは3節まで勝ち星は無く、4節のディナモ・キエフ戦ではかろうじて逆転勝利をしたものの、最終節でなんとか勝ち上がるという苦しい状況であった。しかし決勝トーナメントでは1回戦でモウリーニョ監督の古巣チェルシーFCを相手にホーム・アウェイ共に勝利し、準々決勝でもCSKAモスクワを下して準決勝に進出。準決勝ではグループリーグでも同居した前年度王者FCバルセロナとの対戦になった。第1戦のホームで3-1と勝利し、第2戦のアウェイでは相手の猛攻を1点で凌ぎ切ってトータルスコア3-2で勝ち上がりを決め、38年ぶりの決勝進出を果たした。UEFAチャンピオンズリーグ 2009-10 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・キヴ

    クリスティアン・キヴから見たヴェスレイ・スナイデルヴェスレイ・スナイデル

    16歳で地元のクラブCSMレシツァでデビューした。ルーマニアのビッグクラブであるウニヴェルシタテア・クライオヴァを経て18歳6ヶ月でアヤックスへ移籍した。この頃、のちにチームメイトとなるズラタン・イブラヒモビッチやマクスウェル、ヴェスレイ・スナイデルといった選手達と共にプレーする。その後2003年に移籍金1800万ユーロでイタリアのASローマへ移籍。入団直後からフリーキックなどで得点を重ね、目覚しい活躍を見せるもその後スランプが続いた。代表ではEURO2000での活躍が評価され「マルディーニの再来」との評価を得た。クリスティアン・キヴ フレッシュアイペディアより)

  • レアル・マドリード

    レアル・マドリードから見たヴェスレイ・スナイデルヴェスレイ・スナイデル

    2007年夏の移籍市場ではペペ、ヴェスレイ・スナイデル、アリエン・ロッベンらを獲得し、デビッド・ベッカム、ロベルト・カルロス、イバン・エルゲラらを放出。2007-08シーズンは18季ぶりとなるリーガ・エスパニョーラ2連覇を達成し、2008-09シーズンはスーペルコパ・デ・エスパーニャ優勝を達成した。なお、2009年1月にカルデロンはクラブ総会での不正投票操作疑惑が浮上してその責任および混乱収拾のため会長職を辞任。その後は副会長だったビセンテ・ボルダが暫定的に会長を務めた。レアル・マドリード フレッシュアイペディアより)

  • スネイデル

    スネイデルから見たヴェスレイ・スナイデルヴェスレイ・スナイデル

    スネイデル フレッシュアイペディアより)

  • スナイデル

    スナイデルから見たヴェスレイ・スナイデルヴェスレイ・スナイデル

    スナイデル フレッシュアイペディアより)

  • ラボーナ

    ラボーナから見たヴェスレイ・スナイデルヴェスレイ・スナイデル

    試合中にラボーナを効果的に使うことでよく知られている選手としては、ディエゴ・マラドーナ、アルベルト・アクィラーニ、ナニ、デヴィッド・ダン、リカルド・クアレスマ、クリスティアーノ・ロナウド、アンヘル・ディ・マリア、ロナウジーニョ、マリオ・バロテッリ、ダビド・ビジャ、ヴェスレイ・スナイデル、ズラタン・イブラヒモビッチ、ルイス・スアレス、、、エデン・アザールらである。ラボーナ フレッシュアイペディアより)

  • 2010 FIFAワールドカップ・決勝

    2010 FIFAワールドカップ・決勝から見たヴェスレイ・スナイデルヴェスレイ・スナイデル

    共に幾度かの決定的なチャンスをものに出来ないまま試合はワールドカップ決勝史上6度目の延長戦に突入。延長後半4分にオランダのDFヨン・ハイティンハが2枚目のイエローカードで退場処分になり1人少なくなる一方、スペインも延長後半から出場したFWフェルナンド・トーレスが突如足の不調を訴えてフィールドを離れる(スペインはこの時点で3人の交代枠を使い切っていた)など、お互いに満身創痍の状態となっていた。PK戦決着が観衆の脳裏にちらつき始めた延長後半9分、オランダのFWヴェスレイ・スナイデルの放ったゴール正面からのフリーキックはスペイン守備陣の壁に当たってゴール左へそれるも、判定はコーナーキックではなくゴールキック。スペインはそこからパスをつなぎ、延長後半11分に途中出場のMFセスク・ファブレガスの出した絶妙なパスをMFアンドレス・イニエスタが右45度の角度からボレーシュート。無回転のボールがオランダGKマールテン・ステケレンブルフの手をわずかにかすめ、ゴールに吸い込まれた。これが決勝点となり、スペインが悲願の初優勝を成し遂げた。2010 FIFAワールドカップ・決勝 フレッシュアイペディアより)

  • UEFA欧州最優秀選手賞

    UEFA欧州最優秀選手賞から見たヴェスレイ・スナイデルヴェスレイ・スナイデル

    バロンドールは欧州最優秀選手賞として設立されたものの2007年度より対象が世界に拡大し、2010年度よりFIFA最優秀選手賞に統合されFIFAバロンドールとなった。これにより選考方法はバロンドールに由来するジャーナリストによる投票に、FIFA最優秀選手賞に由来する各国代表の主将、監督による投票が加えられるものとなっていた。2010年のバロンドールの受賞者発表後、プラティニはリオネル・メッシの受賞に不満を示し、「FIFAワールドカップが開かれた年に優勝国の選手、監督が評価されない」ことに苦言を呈すとともに、「旧来のバロンドール精神」を受け継いだ新たな賞の設立を表明した。実際、2010年のFIFAバロンドールの投票では記者投票で1位だったヴェスレイ・スナイデルが各国代表選手、監督による投票を加えると上位3人にも残らなくなるなど、その選考方法には疑問がなされていた。UEFA欧州最優秀選手賞 フレッシュアイペディアより)

  • 2010 FIFAワールドカップの統計

    2010 FIFAワールドカップの統計から見たヴェスレイ・スナイデルヴェスレイ・スナイデル

    最多得点選手: 5得点 — ダビド・ビジャ、ヴェスレイ・スナイデル、トーマス・ミュラー、ディエゴ・フォルラン2010 FIFAワールドカップの統計 フレッシュアイペディアより)

  • ラッサナ・ディアッラ

    ラッサナ・ディアッラから見たヴェスレイ・スナイデルヴェスレイ・スナイデル

    2009年1月、スペインのレアル・マドリードに移籍した。レアル・マドリードでは既にマアマドゥ・ディアッラがいる為、登録名はLASS(ラス)となり、自身もラスと呼んで欲しいと入団会見で述べた。背番号は入団当初は怪我で離脱していたディアラがつけていた6番であったが、2009年夏の移籍市場で多くの選手が入れ替わり、またディアラが復帰したこともあり、2009-10シーズンからラスは昨シーズンまでヴェスレイ・スナイデルがつけていた10番をつけることになった。2009-10シーズン前半はチームの中心メンバーとして活躍していたが、シーズン後半は負傷やフェルナンド・ガゴの復調などで出場機会を失い、厳しい状況になった。ラッサナ・ディアッラ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
29件中 1 - 10件表示

「ウェズレイ・スナイデル」のニューストピックワード