29件中 11 - 20件表示
  • フェリペ・メロ

    フェリペ・メロから見たヴェスレイ・スナイデルヴェスレイ・スナイデル

    2010年には2010 FIFAワールドカップのブラジル代表に選出され、4試合に出場。7月2日に開催された準々決勝 オランダ戦において、ロビーニョの先制ゴールをアシストしたが、後半8分にヴェスレイ・スナイデルのクロスへの対応で飛び出したジュリオ・セーザルと交錯。同点ゴールを許すミスをした上、28分にはアリエン・ロッベンを踏みつけて退場処分を受けた。この失態はブラジル国内で猛烈に批判され、帰国時には空港でサポーターから罵詈雑言を浴びせられる事態になった。フェリペ・メロ フレッシュアイペディアより)

  • ヨハン・クライフ賞

    ヨハン・クライフ賞から見たヴェスレイ・スナイデルヴェスレイ・スナイデル

    2003/2004 - ヴェスレイ・スナイデル(/アヤックス・アムステルダム)ヨハン・クライフ賞 フレッシュアイペディアより)

  • ロドニー・スナイデル

    ロドニー・スナイデルから見たヴェスレイ・スナイデルヴェスレイ・スナイデル

    ユトレヒトで祖父、父もプロ選手であったというサッカー一家に生まれた。兄(ジェフレイ)、(ヴェスレイ)と共にサッカー選手を志し、1999年にアマチュアのDOSというクラブからアヤックスの下部組織に入団。ロドニー・スナイデル フレッシュアイペディアより)

  • ルク・カステグノス

    ルク・カステグノスから見たヴェスレイ・スナイデルヴェスレイ・スナイデル

    インテル時代の同僚であるヴェスレイ・スナイデルによれば「彼は最高の選手」だが、練習では素晴らしいプレーをみせているのに試合で力を発揮できないのは若さが原因だとしている。ルク・カステグノス フレッシュアイペディアより)

  • アヤックス・アカデミー

    アヤックス・アカデミーから見たヴェスレイ・スナイデルヴェスレイ・スナイデル

    柔道は日本古来の伝統的な格闘技の一種であり、これをいち早く注目し練習項目の一つに加えている。目的は体作りにあり、この柔道を行うことで強靭なフィジカルが手に入るという。体格には決して恵まれていないエドガー・ダーヴィッツやヴェスレイ・スナイデルなどの強靭な体はこの柔道からつくられている。アヤックス・アカデミー フレッシュアイペディアより)

  • ナンド・ラファエル

    ナンド・ラファエルから見たヴェスレイ・スナイデルヴェスレイ・スナイデル

    1995年、11歳の時に数々の名選手を生んだアヤックス・アカデミーの門を叩く。そこでヴェスレイ・スナイデルやラファエル・ファン・デル・ファールトといった、のちにアヤックスのみならずオランダ代表の主軸になる選手達と一緒にプレーした。2001-2002シーズンにリザーブチームで23試合20ゴールと大活躍したことにより、クラブから3年契約が提示されたが労働許可証が降りず、トップチームでプレーすることが許されなかったため、2002年半ば退団を余儀なくされた。ナンド・ラファエル フレッシュアイペディアより)

  • ベーラング・サファリ

    ベーラング・サファリから見たヴェスレイ・スナイデルヴェスレイ・スナイデル

    2010年10月12日、アウェーアムステルダム・アレナでのオランダ代表戦では、1点のビハインドを追っている中で、サファリのスローインのミスでヴェスレイ・スナイデルにボールを拾われてしまい、そこからイブラヒム・アフェレイにゴールを決められた。最終的に4-1で敗北した。サファリはこのミスからハーフタイム中にオスカル・ヴェントと交代させられた。ベーラング・サファリ フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ミュラー

    トーマス・ミュラーから見たヴェスレイ・スナイデルヴェスレイ・スナイデル

    2010年5月6日には2010 FIFAワールドカップに向けた代表候補27人に選ばれ、代表合宿中に自転車から落車するアクシデントなどもあったが、6月1日に発表された本大会登録メンバー23人に名を連ねた。怪我により代表を離脱したキャプテンミヒャエル・バラックや、同姓のゲルト・ミュラーが好んで着けていた背番号13を身にまとった。大会前までのA代表出場数はわずか5試合だったが、グループリーグ初戦のオーストラリア戦で代表初得点を決め、決勝トーナメント1回戦のイングランド戦では2ゴール1アシストの活躍で、大会選定のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。準々決勝のアルゼンチン戦では開始3分で先制点を挙げた。準決勝は警告累積で出場停止となり、このミュラー不在が響いてドイツは敗れたものの、3位決定戦でも先制点を挙げ、大会を通じて攻撃陣の核としてドイツを牽引した。大会通算5得点は、スペイン代表のダビド・ビジャ、オランダ代表のヴェスレイ・スナイデル、ウルグアイ代表のディエゴ・フォルランの3人と並びトップタイだったが、アシスト数が評価されて大会得点王にあたるゴールデンブーツ賞を受賞した。20歳での得点王は、ワールドカップ史上最年少の快挙だった。また最も活躍した若手選手に贈るベストヤングプレーヤー賞も受賞した。トーマス・ミュラー フレッシュアイペディアより)

  • ディルク・カイト

    ディルク・カイトから見たヴェスレイ・スナイデルヴェスレイ・スナイデル

    2008年にはUEFA欧州選手権2008のメンバーに選出され、6月9日に行われたグループステージ1戦目のイタリア戦でヴェスレイ・スナイデルとジョバンニ・ファン・ブロンクホルストのゴールをアシストしチームの勝利に大きく貢献した。6月13日のフランス戦では前半9分にゴールを挙げ勝利に貢献した。しかしチームは決勝トーナメント1回戦のロシア戦で敗れ敗退した。ディルク・カイト フレッシュアイペディアより)

  • ヨニー・ハイティンハ

    ヨニー・ハイティンハから見たヴェスレイ・スナイデルヴェスレイ・スナイデル

    2003-04シーズンに復帰後はチームの不動のセンターバックとしてリーグ戦26試合に出場し3ゴールを挙げ、チームのリーグ優勝に貢献。ラファエル・ファン・デル・ファールトやヴェスレイ・スナイデル、ヘドヴィヘス・マドゥロらと共にチームの中心へと成長した。その一方で、ライバルクラブのPSVアイントホーフェンに名将フース・ヒディンクが就任したこともあり、アヤックスはリーグ優勝から遠ざかった。2007-08シーズン開幕前にスナイデルがレアル・マドリードに移籍、10月にはヤープ・スタムが引退、さらにマドゥロが冬にバレンシアCFに移籍。ハイティンハは残留して優勝を目指すがリーグ2位に終わり、ついに17年間所属したクラブを去る決意をする。ヨニー・ハイティンハ フレッシュアイペディアより)

29件中 11 - 20件表示

「ウェズレイ・スナイデル」のニューストピックワード