67件中 11 - 20件表示
  • ヴェスレイ・スナイデル

    ヴェスレイ・スナイデルから見たジョゼ・モウリーニョ

    インテルで3冠を経験した時の監督であるジョゼ・モウリーニョを高く評価しており、2011年1月10日にチューリッヒで行われたFIFAの授賞式で顔を合わせた際にはスピーチで「モウリーニョと一緒に仕事ができて嬉しかった。彼には、僕が彼を世界最高の監督だと思っていると伝えたい」と語り、モウリーニョの涙を誘った。ヴェスレイ・スナイデル フレッシュアイペディアより)

  • ヴェスレイ・スナイデル

    ヴェスレイ・スナイデルから見たハビエル・サネッティ

    自宅に招いたチームメートの長友佑都とチャンピオンズリーグを一緒にテレビ観戦する様子をtwitterに投稿したことが話題となった。また、2011年夏にインテル残留の希望を表明した際にも、「素晴らしいチームメイト」としてハビエル・サネッティとともに長友の名前を挙げるなど、仲が良い。ヴェスレイ・スナイデル フレッシュアイペディアより)

  • ヴェスレイ・スナイデル

    ヴェスレイ・スナイデルから見たラファエル・ファン・デル・ファールト

    その後、新監督に就任したマルコ・ファン・バステンからも信頼を与えられ、2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選のフィンランド戦、アンドラ戦でゴールを挙げる活躍を見せ、同国の2006 FIFAワールドカップ出場に貢献。自身も本大会メンバーに選出された。かつてのアヤックスでのチームメイトラファエル・ファン・デル・ファールトと攻撃的MFのポジションを争い、死のグループと呼ばれたグループCを突破したが、ベスト16で敗退を喫した。ヴェスレイ・スナイデル フレッシュアイペディアより)

  • ヴェスレイ・スナイデル

    ヴェスレイ・スナイデルから見たディルク・カイト

    UEFA欧州選手権2008では、グループリーグ第1戦のイタリア戦にて、ジョバンニ・ファン・ブロンクホルストが左サイドから上げたアーリークロスを、エリア右からディルク・カイトがヘディングでふわりとあげたボールを、完璧なタイミングで飛び出してきたイタリアのGKジャンルイジ・ブッフォンが僅かに開けてしまったシュートコースに叩き込んだ。このゴールと1アシストの活躍で勝利に貢献。同国はベスト8で敗退してしたものの、大会を通じて非常に高いパフォーマンスを見せ、欧州サッカー連盟の選ぶ23人のベストプレイヤーの中に選ばれた。ヴェスレイ・スナイデル フレッシュアイペディアより)

  • ヴェスレイ・スナイデル

    ヴェスレイ・スナイデルから見たダビド・ビジャ

    2010 FIFAワールドカップでは、グループリーグの日本戦で決勝点となるゴールを決め、ワールドカップ初ゴールを記録。決勝トーナメントでは準決勝まで3試合連続ゴールを決めた。前述の日本戦の他、グループリーグ第1戦のデンマーク戦、逆転の2ゴールを挙げた準々決勝ブラジル戦、勝ち越しゴールを挙げた準決勝ウルグアイ戦の4試合で大会選定のマンオブザマッチに選出される活躍を見せ、オランダの32年ぶりの決勝進出に貢献した。また、大会5ゴールでディエゴ・フォルラン、トーマス・ミュラー、ダビド・ビジャに並ぶ得点王(FWとして併用されない純粋なミッドフィールダーがW杯得点王に輝いたのは、スナイデルが初の快挙)となり、ブロンズブーツ賞とシルバーボール賞を受賞した。ヴェスレイ・スナイデル フレッシュアイペディアより)

  • ヴェスレイ・スナイデル

    ヴェスレイ・スナイデルから見たジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト

    UEFA欧州選手権2008では、グループリーグ第1戦のイタリア戦にて、ジョバンニ・ファン・ブロンクホルストが左サイドから上げたアーリークロスを、エリア右からディルク・カイトがヘディングでふわりとあげたボールを、完璧なタイミングで飛び出してきたイタリアのGKジャンルイジ・ブッフォンが僅かに開けてしまったシュートコースに叩き込んだ。このゴールと1アシストの活躍で勝利に貢献。同国はベスト8で敗退してしたものの、大会を通じて非常に高いパフォーマンスを見せ、欧州サッカー連盟の選ぶ23人のベストプレイヤーの中に選ばれた。ヴェスレイ・スナイデル フレッシュアイペディアより)

  • ヴェスレイ・スナイデル

    ヴェスレイ・スナイデルから見たエドガー・ダーヴィッツ

    2003年4月30日のポルトガル戦で代表デビューを果たす。同年10月11日のUEFA欧州選手権2004予選モルドバ戦で代表初得点を記録すると、同年11月19日には同予選プレーオフスコットランド第2戦で1得点3アシストの活躍で同国をUEFA欧州選手権2004本戦出場に導き、自身も本大会のメンバーに選出された。予選終盤での活躍とは裏腹に本大会ではシステムが4-4-2から4-3-3へ変更され中盤の枚数が減り、フィリップ・コクー、エドガー・ダーヴィッツ、クラレンス・セードルフといった百戦錬磨のベテランを揃えていたため、ベンチを暖める時間が多かった。同国は準々決勝で開催国ポルトガルに敗れ、ベスト4で大会を去った。ヴェスレイ・スナイデル フレッシュアイペディアより)

  • ヴェスレイ・スナイデル

    ヴェスレイ・スナイデルから見たフィリップ・コクー

    2003年4月30日のポルトガル戦で代表デビューを果たす。同年10月11日のUEFA欧州選手権2004予選モルドバ戦で代表初得点を記録すると、同年11月19日には同予選プレーオフスコットランド第2戦で1得点3アシストの活躍で同国をUEFA欧州選手権2004本戦出場に導き、自身も本大会のメンバーに選出された。予選終盤での活躍とは裏腹に本大会ではシステムが4-4-2から4-3-3へ変更され中盤の枚数が減り、フィリップ・コクー、エドガー・ダーヴィッツ、クラレンス・セードルフといった百戦錬磨のベテランを揃えていたため、ベンチを暖める時間が多かった。同国は準々決勝で開催国ポルトガルに敗れ、ベスト4で大会を去った。ヴェスレイ・スナイデル フレッシュアイペディアより)

  • ヴェスレイ・スナイデル

    ヴェスレイ・スナイデルから見たロドニー・スナイデル

    ユトレヒトで祖父、父もプロ選手であったというサッカー一家に生まれた。兄(ジェフレイ)、弟(ロドニー)と共にサッカー選手を志し、1992年にアマチュアのDOSというクラブからアヤックスの下部組織に入団。ヴェスレイ・スナイデル フレッシュアイペディアより)

  • ヴェスレイ・スナイデル

    ヴェスレイ・スナイデルから見たバレンシアCF

    2007年8月12日、同じスペインのバレンシアCFとの獲得レースを制したレアル・マドリードへ加入。移籍金は2500万ユーロとされ、背番号はデビッド・ベッカムの着けていた23に決まった。2007-08シーズン、開幕戦となったアトレティコ・マドリードとのマドリード・ダービーでリーガデビューを果たすと、続くビジャレアル戦で2得点、UDアルメリア戦で1得点を挙げ、その後も中心選手として活躍し、レアル・マドリードのリーグ2連覇に貢献した。2008-09シーズンは背番号10を与えられたが、負傷の影響、更にはリハビリや通院と称してオランダのテレビタレントの女性と不倫を重ねていたことが発覚、離婚と慰謝料を求められ裁判沙汰になるなどして活躍できず結果を残すことは出来なかった。ヴェスレイ・スナイデル フレッシュアイペディアより)

67件中 11 - 20件表示

「ウェズレイ・スナイデル」のニューストピックワード