66件中 51 - 60件表示
  • アメーバピグ

    アメーバピグから見たウェブマネーウェブマネー

    アメーバの各サービス共通の仮想通貨。ショップでほとんどのアイテムを購入する際必要となるほか、ペットの入手・アバターのアクション追加はコインを使わないと行えない。入手方法は携帯電話による決済、ウェブマネー、クレジットカード等で有料で購入するか、あるいはブログのアフィリエイト、オフィシャルタイアップ一覧の閲覧、マイページでの抽選などによる。2010年8月3日以降、所有数に1年間増減が無い場合、2010年8月3日以前からの既所有分や有料購入分も含め、コインは全て消滅する仕様となった。アメーバピグ フレッシュアイペディアより)

  • メディアリーヴス

    メディアリーヴスから見たウェブマネーウェブマネー

    1996年、アスキーのソフトウェア部門とサムシンググッドが統合し、株式会社アスキーサムシンググッドに商号変更。1998年Webmoney事業は開始。1999年1月にアイフォーに商号変更。2003年に新旧分離を行い、旧社は自己破産した。2008年に新社はイーフロンティアへ吸収合併。メディアリーヴス フレッシュアイペディアより)

  • コンビニエンスストア

    コンビニエンスストアから見たウェブマネーウェブマネー

    また、WebMoney・NET CASHなどに代表されるオンラインゲームやamazonなどのインターネットショッピングなどに用いられる仮想マネー型電子マネーPOSAカードの販売も幅広く取り扱っており、とりわけリアルタイムでゲームプレイが進行するものが多いMMORPGのプレイヤーなどにとっては365日24時間いつでも課金用の電子マネーが現金で店頭購入可能なコンビニエンスストアの存在は必要不可欠のものになっている。2000年代後半以降、電子マネーや仮想マネー型電子マネーの導入への動きはコンビニのみならずさまざまな業界で急激に進展しており、また電子マネーの運営会社側から見ても、コンビニへの導入やコンビニでの販売の拡大が普及はもとよりサービスの成否そのものの鍵を握るほどにコンビニの存在は大きなものになっている。しかし、仮想マネー型電子マネーの販売では、払込受領書・店舗控など3-5枚のレシートやチケットが出される上、取り扱い手順が完全には統一されておらず事業者によって微妙に異なる場合があるなど手順が煩雑かつ多岐に渡っている。このため、従業員が取り扱い各社の販売手順を把握しきれないという状況も見受けられており、客に渡すべきシリアルナンバーが印刷された伝票の渡し忘れなども散発的に発生している。最近ではこれは客とのトラブルが発生する要因の一つになっている。また、家電量販店のように、取り扱っている商品の性質上、電子マネーについて理解していることが期待できる業種であればともかく、コンビニエンスストア業は専門の知識がない一般人が勤務しており、さらに各社が競うように複数の電子マネーの取り扱いを急速かつ並行的に導入したことから、店舗側で多岐に渡るサービスを十分に理解しているとは到底言い難い面も見られ、例えばプリペイドカードとクレジットカードの違いを正しく理解しきれていない従業員も見られる。2016年、これら仮想マネー型電子マネーを使った詐欺が前年比28倍となり、行政は警戒を呼びかけている。コンビニエンスストア フレッシュアイペディアより)

  • BitCash

    BitCashから見たウェブマネーウェブマネー

    1997年6月より事業を開始。2002年に実用化した電子マネーEdyとPaSoRiの組み合わせによるWeb決済とは異なり、カードリーダーなどの機器は要しない。後年には、アスキー系のウェブマネーやKDDIなども同分野に参入している。BitCashとウェブマネーで日本のサーバー型電子マネー市場の大半を占めている。BitCash フレッシュアイペディアより)

  • プリペイドカード

    プリペイドカードから見たウェブマネー ウェブマネー

    WebMoney Card - 株式会社ウェブマネーが発行するプリペイドカード。ウェブマネーポイントをMasterCardブランドのプリペイドカードとして使えるようにしたもの。上述のau Walletプリペイドは、当カードのインフラを採用している。チャージもauショップで行える(auウォレットプリペイド用の自動チャージ機には対応していないため、窓口での受付となる)。プリペイドカード フレッシュアイペディアより)

  • QUICPay

    QUICPayから見たウェブマネーウェブマネー

    ウェブマネーがKDDI及び沖縄セルラー電話と提携し発行する「au WALLET プリペイドカード」をAppleが提供する Apple Pay に追加すると、QUICPay+を利用する事が出来る。QUICPay フレッシュアイペディアより)

  • ハロー!プロジェクト

    ハロー!プロジェクトから見たウェブマネーウェブマネー

    Web Moneyによる月課金の有料コンテンツを提供している。ハロー!プロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • テレビアニメ

    テレビアニメから見たウェブマネーウェブマネー

    有料配信の場合、料金支払方法がクレジットカードやウェブマネーなどに限られ、銀行の口座自動振替には対応していないため、利便性に劣る。テレビアニメ フレッシュアイペディアより)

  • みんなdeクエスト

    みんなdeクエストから見たウェブマネーウェブマネー

    初期の作品では、isao.netのアカウント(登録無料)を通じて支払いを行うというものだった。支払手段はウェブマネー・クレジットカード・ドリム(isao.netの仮想通貨)の3種類。30日(300円)または100日(1000円)単位で利用権を購入する。利用権のトータル日数には上限が存在するらしく、残り日数がある程度存在する状態では100日の方を購入できない事がある。利用権が切れたキャラクターデータは3ヶ月間保存される。その間に利用権の追加購入が行われないとデータ抹消となる。空いたキャラクター番号は新規キャラクターに再利用される。みんなdeクエスト フレッシュアイペディアより)

  • SCHOOL OF LOCK!

    SCHOOL OF LOCK!から見たウェブマネーウェブマネー

    この回から中学生からの挑戦も可能になり、枠も広くなった。「洋楽翻訳選手権」とは、洋楽曲の歌詞を全国の中学生・高校生のみんなに自由な発想と新鮮な感性で翻訳してもらう選手権であった。豪華商品はイギリスへ1週間の体験留学である。今回の課題曲がヴァン・ヘイレンの「JUMP」ということもあり、当番組のリスナーも佳作として1人が入選。佳作賞としてウェブマネーの300円分が贈呈されたが、当番組からも猛者ザムライ賞として電子辞書が贈呈された。SCHOOL OF LOCK! フレッシュアイペディアより)

66件中 51 - 60件表示