前へ 1 2 3 4 5 6
60件中 1 - 10件表示
  • オマハ (ネブラスカ州)

    オマハ (ネブラスカ州)から見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    オマハは1854年にミズーリ川の渡津に創設され、ネブラスカ準州の準州都が置かれた。初期はカウンシルブラフスからミズーリ川を渡るローン・スター・フェリーという渡し船の存在によって「西部への玄関口」と呼ばれ、やがてユニオン・パシフィック鉄道の起点となり、大陸横断鉄道の連節点として発展した。 19世紀末から20世紀初頭にかけては仲買・卸売業や精肉業で発展する一方で、違法ギャンブルや売春がはびこり、人種間の緊張が高まり、政界のボスとその配下の市長、および犯罪集団の癒着もあり、治安が悪化した。20世紀中盤にはシカゴをしのぐ精肉業の中心地となったが、その後低迷した。しかし、1980年代からダウンタウンを立て直し、1990年代に地域経済構造を多角化し、その後は再び成長へと向かっている。今日では、オマハは「オマハの賢人」ことウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイをはじめ、フォーチュン500に入る企業が4社本社を置き、電気通信等のハイテク産業やバイオマスエタノールといった新しい産業も生まれてきている、中西部経済の一角を担うビジネス都市としての地位を確立している。オマハ (ネブラスカ州) フレッシュアイペディアより)

  • サブプライム住宅ローン危機

    サブプライム住宅ローン危機から見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    2010年5月、ウォーレン・バフェットとポール・ボルカーはそれぞれ独立に米国の金融および経済システムに内在する疑わしい仮定や判断を指摘した。そうした仮定には次のようなものがある。サブプライム住宅ローン危機 フレッシュアイペディアより)

  • ヘッジファンド

    ヘッジファンドから見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    アメリカの狂騒の20年代と呼ばれた1920年代において、資産家にのみ提供される投資商品が数多く存在した。そのうち現代でもっともよく知られているのが、ベンジャミン・グレアムとジェリー・ニューマン()によるグレアム=ニューマン・パートナーシップであり、これは2006年のウォーレン・バフェットによるへの書簡で初期のヘッジファンドとして言及された。ヘッジファンド フレッシュアイペディアより)

  • オマハ

    オマハから見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    米国では「オマハの賢人」ウォーレン・バフェットの生誕・居住地、ブラック・モスレム指導者として著名なマルコムX(マルコム・アール・リトル)の生誕の地としてもよく知られている。オマハ フレッシュアイペディアより)

  • 効率的市場仮説

    効率的市場仮説から見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    投資家(ウォーレン・バフェットの様な)と研究者は効率的市場仮説について実証と理論の両方から論争を続けてきた。行動経済学者はこのような金融市場の不完全性の原因を認知バイアスの組み合わせに求める。認知バイアスとは、推論および情報処理における、過信、過剰反応、代表制バイアス、情報バイアスやそのほか予想される多様なヒューマンエラーである。これらはダニエル・カーネマン、エイモス・トベルスキー、リチャード・セイラーやポール・スロビックのような心理学者によって研究されてきた。推論におけるこれらのエラーにより、殆どの投資家は割安株ではなく割高な成長株を買い、その結果、正しく吟味した投資家が、顧みられなかった割安株の掘り出し物や成長株の暴落で利益を得ることになる。投資家は春にはリスクのある投資を、秋には安全な投資を好む傾向がある、と述べられている。効率的市場仮説 フレッシュアイペディアより)

  • ビル&メリンダ・ゲイツ財団

    ビル&メリンダ・ゲイツ財団から見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    ビル&メリンダ・ゲイツ財団 (Bill & Melinda Gates Foundation; B&MGF) は、マイクロソフト会長のビル・ゲイツと妻メリンダによって2000年創設された世界最大の慈善基金団体である。2006年にはウォーレン・バフェットの300億ドルにのぼる寄附により規模が倍増した。世界における病気・貧困への挑戦を主な目的としているが、特にアメリカ国内においては教育やIT技術に接する機会を提供する活動を行っている。ワシントン州シアトルに本部を置き、ビル・ゲイツ、メリンダ・ゲイツ、ウィリアム・H・ゲイツ・シニア(ビルの父)の3人の共同議長により運営されている。財団の理事は、主要な寄付者であるゲイツ夫妻とバフェットの3人である。また、マイクロソフトの元幹部ジェフ・レイクスがCEOを務める。日本の報道機関はゲイツ財団または、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団と表記する。ビル&メリンダ・ゲイツ財団 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・エキスプレス

    アメリカン・エキスプレスから見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    現在の筆頭株主は、ウォーレン・バフェットが率いる投資会社『バークシャー・ハサウェイ』 (17.00%) である。アメリカン・エキスプレス フレッシュアイペディアより)

  • バークシャー・ハサウェイ

    バークシャー・ハサウェイから見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    著名投資家のウォーレン・バフェットが会長兼CEOを、彼の長年のパートナーであるチャーリー・マンガーが副会長を務める。バークシャー・ハサウェイには2016年現在7名の取締役及び役員がおり、様々な子会社、関連会社等を所有しているが、実質的に会長兼CEOで筆頭株主であるウォーレン・バフェットと、副会長のチャーリー・マンガーの2人が運営する株式会社の形態をとった投資ファンドと言われている。バークシャー・ハサウェイ フレッシュアイペディアより)

  • ドル覇権の崩壊 静かに恐慌化する世界

    ドル覇権の崩壊 静かに恐慌化する世界から見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    ビル・ゲイツとウォーレン・バフェットが手を組んだことや、人民元の台頭などにも注目。ドル覇権の崩壊 静かに恐慌化する世界 フレッシュアイペディアより)

  • ウェスコ・ファイナンシャル・コーポレーション

    ウェスコ・ファイナンシャル・コーポレーションから見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    ウェスコはもともと貯金とローンの会社であった。また、ウェスコは伝説の投資家、ウォーレン・バフェットによって支配されているバークシャー・ハサウェイに80.1%所有されている子会社である。ウェスコはチャーリー・マンガーが会長を務めており、またチャーリー・マンガーはバークシャー・ハサウェイの副会長でもある。そして、バフェットがしばしば公的に自分の "パートナー"と言及する人物である。マンガーは以前弁護士をしており単刀直入のスタイルとパサデナでの年次ウェスコ株主総会での行いで知られている。彼は株主総会で、外部の投資家とのかなりの長さのやり取りをする。ウェスコ・ファイナンシャル・コーポレーション フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
60件中 1 - 10件表示

「ウォーレン・バフェット」のニューストピックワード