1 2 3 4 次へ
40件中 31 - 40件表示
  • マーサズ・ヴィニヤード

    マーサズ・ヴィニヤードから見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    以前は富裕なボストンの船長や交易業者がその交易利益でマーサズ・ヴィニヤードに不動産を造ってきた。今日、マーサズ・ヴィニヤードは、アメリカ東北部の最も有名な避暑地となり、多くの著名人を惹きつけてきた。上にも上げた著名人の他に次のような者がいる。俳優のトム・ウェリング、投資家のウォーレン・バフェット、俳優のジェイク・ジレンホールとマギー・ジレンホールの姉弟、俳優のテッド・ダンソンとメアリー・スティーンバージェン、俳優のピーター・サイモン、写真家のアルフレッド・アイゼンスタット、コメディアンのダン・エイクロイドと女優のドンナ・ディクソン夫妻、映画監督のスパイク・リー、俳優のマイケル・J・フォックス、著述家のウィリアム・F・バックリー、弁護士のアラン・ダーショウィッツ、前上院議員ビル・ブラドリー、歌手のダイアナ・ロス、歌手のビヴァリー・シルズ、コラムニストのアート・ブッフバルト、小説家のドロシー・ウエスト、音楽家のジェイ・Z、新聞社経営者のキャサリン・グレアム、ダイアナ (プリンセス・オブ・ウェールズ)、俳優のルーク・ウィルソンとオーウェン・ウィルソン兄弟、俳優のトム・ハンクスおよび女優のメグ・ライアンである。マーサズ・ヴィニヤード フレッシュアイペディアより)

  • コカ・コーラ

    コカ・コーラから見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    コカ・コーラ社は民主党と親しく、ペプシコーラ社は共和党と親しいため、「米大統領が代わると、ホワイトハウスのコーラも代わる」とする都市伝説があるが、現実には共和党出身の大統領だったドワイト・D・アイゼンハワーと親しかったりするなど共和党とも無縁ということはなく、あくまで噂の範囲を出ない。ちなみにコカ・コーラの筆頭株主であるバークシャー・ハサウェイ社を率いるウォーレン・バフェットは民主党支持者としても有名である。コカ・コーラ フレッシュアイペディアより)

  • ネブラスカ州

    ネブラスカ州から見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    オマハ市にはく世界最大の投資持株会社バークシャー・ハサウェイ社がある。そのCEOウォーレン・バフェットは雑誌フォーブスの2009年長者番付でビル・ゲイツに次いで世界第2位になった。オマハ市には他にも、食品のコンアグラ、金融のミューチャル・オブ・オマハ、マーケティングのインフォUSA、投資のTDアメリトレード、アウトソーシングのウェストコーポレーション、農業機械のバルモント・インダストリーズ、保険のウンッドメン・オブ・ザ・ワールド、キーウィット・コーポレーション、ユニオン・パシフィック鉄道がある。リンカーン市には、保険のUNIFIカンパニーズ、出版のサンドヒルズ・パブリッシング・カンパニー、ダンカン・アビエーションがある。衣料小売のバックルはカーニー市を本拠にしている。シドニー市にはアウトドア商品の専門小売業カベラズの国内本社がある。ネブラスカ州 フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    アメリカの雑誌フォーブスの世界長者番付で、1994年から2006年まで13年連続の世界一となった。2006年の個人資産は推定530億ドル(日本円で約6兆2000億円)で、2007年、ビル・ゲイツの資産は、さらに50億ドル膨らんで資産総額580億ドルとなったが、推定資産620億ドルの著名投資家のウォーレン・バフェット、推定資産600億ドルの中南米の携帯電話会社América Móvilなどを所有するメキシコの「通信王」カルロス・スリム・ヘルの後塵を拝し、ゲイツは3位に転落した。ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・エキスプレス

    アメリカン・エキスプレスから見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    アメリカの他、日本やイタリア、イギリス、メキシコ、カナダ、オーストラリアなどを主な市場として、世界各国でクレジットカードの発行を行っている他、現在世界140カ国に2,200のトラベル・サービスオフィスを展開する。また、全世界のカード会員数は7800万人に達している。現在の筆頭株主はウォーレン・バフェットが率いる投資会社バークシャー・ハサウェイ (12.1%) である。アメリカン・エキスプレス フレッシュアイペディアより)

  • 相続税

    相続税から見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    また議会審議会の公聴ではビル・ゲイツやウォーレン・バフェットなどは継続を主張。次のオリンピックの代表選手を昔のオリンピック選手の子供だけから選ぶようなものだと、階級の固定化および経済的弊害への主張がなされた。反面、その主張は才能は平等に分配されておらず、一代で富を築くことができる人のみに有利な理屈だとの意見も出された。相続税 フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェット - バークシャー・ハサウェイのCEOである関係から、以前ワシントン・ポスト・カンパニーの役員を務めていたワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ヨーヨー・マ

    ヨーヨー・マから見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    2010年、バラク・オバマより大統領自由勲章を授与された。「世界的チェロ奏者」としての扱いで、同時に受賞した人の中には、ドイツ連邦首相のアンゲラ・メルケルや投資家のウォーレン・バフェット、米第41代大統領ジョージ・H・W・ブッシュがいる。ヨーヨー・マ フレッシュアイペディアより)

  • 銀

    から見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    投資の対象として注目されるようになった発端は、1979年 - 1980年のハント兄弟が、工業用にも利用されている銀の価格が金と比べて低いことに着目した買い占めがきっかけであり、一時は20倍もの価格上昇が発生した。ハント兄弟の価格つり上げ工作は、高騰により欧州の一般家庭が使っていた銀食器が大量に鋳つぶされ、市場に大量放出されたことによる暴落で大失敗に終わるが、その後も1996年には米国の投資家ウォーレン・バフェットが世界の年間供給量の5分の1を買い占めたと表明し、直後に暴騰が生じた。2011年4月頃にも1980年のハント兄弟の買占めに迫る価格まで価格が急上昇したが、先物取引の規制(証拠金の上積み規制)がなされたために暴落するなど、依然として混乱は見られる。 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年欧州ソブリン危機

    2010年欧州ソブリン危機から見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    2011年1月27日には、S&Pが突然、日本国債の格付けを1段階引き下げ大きく話題になったが、この格付けの後、日本国債の流通価格上昇(利子率の低下)が起きたため、逆に格付け会社の信用性そのものが非常に疑われてることになった。またS&Pは2011年8月にアメリカ国債の格下げを行ったが、このケースでも格下げ後に利子率が大きく低下するという現象が起こり、格付け会社と実際の市場・投資家との乖離を見せつけ失笑を買うことになった。投資家のウォーレン・バフェット氏はこのS&Pの格下げを「大きな誤り」と批判し、自身の証券売買に際して格付け会社の見解に依存したことは一度もないと付け加えた。2010年欧州ソブリン危機 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
40件中 31 - 40件表示

「ウォーレン・バフェット」のニューストピックワード