60件中 41 - 50件表示
  • フロイド・メイウェザー・ジュニア

    フロイド・メイウェザー・ジュニアから見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    2014年9月23日、マルコス・マイダナ第2戦前にショウタイムが放送したリアリティー番組「オール・アクセス」にて、女性のグループがマリファナを吸う横で、メイウェザーがアシスタントにマリファナ用の巻紙を買いにいかせる場面と、“ドッグハウス・ルール”と名づけた休憩無し時間無制限ルールの違法スパーリングでプロ選手とアマチュア選手を決着が付くまでの31分間休憩無しで対戦させた上に金銭を賭けていた場面が問題視され、プロモーターライセンスの交付を受け番組の製作総指揮者も担当していたメイウェザーはネバダ州アスレチック・コミッションから事情聴取を受けた。その中でメイウェザーは番組はペイ・パー・ビューを販売するためのやらせで、マリファナに関しては偽物が使われ、違法スパーリングで金銭が賭けられたことは認めるも31分間の間に数分の休憩はあったがテレビの編集でカットされたと回答し、コミッション側から厳重注意を受けた。しかし10月になると、違法スパーリングに参加させられたアマチュア選手の兄弟が、「自分たちのスパーリングの様子が放送されることに同意した覚えはない」「1ラウンド5〜7分のスパーリングを命じられ、時間を短くしてほしいと言ったところ、メイウェザーに却下された」「自分がリングを出ようとするとメイウェザーがスパーリング相手と周りの選手に対し、リングを出たらリングの外でたたきのめすよう言った」「休憩なしで31分に及ぶスパーリングを命じられ、メイウェザーをはじめとするスタッフは、この勝敗に金銭を賭けていた」「メイウェザーが、ネバダ州アスレチック・コミッションで故意に不正確な証言をした」として訴訟を起こした。また、マルコス・マイダナ第2戦で投資家のウォーレン・バフェットがメイウェザーと帯同してリング入場する計画があったが、バフェットの側近がメイウェザーの家庭内暴力とマリファナの場面を問題視し、試合直前で計画中止となった。フロイド・メイウェザー・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • 比亜迪汽車

    比亜迪汽車から見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの会長兼CEOのウォーレン・バフェットが、MidAmerican Energy社を通じて親会社の比亜迪に出資している。「M6」発売のセレモニーには、バフェットとマイクロソフトのビル・ゲイツが出席している。比亜迪汽車 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野真澄×山田真哉の週刊マネーランド

    浅野真澄×山田真哉の週刊マネーランドから見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    投資初心者の浅野が尊敬する投資家・ウォーレン・バフェットのような投資家を目指すべく、リスナーとともに投資について学ぶコーナー。浅野真澄×山田真哉の週刊マネーランド フレッシュアイペディアより)

  • 畑野幸治

    畑野幸治から見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    18歳の頃よりウォーレン・バフェットに影響を受け、株式投資に没頭。その後、大学在学中に起業しインターネット広告事業と通信ソリューション事業を手掛ける。 この頃に培ったノウハウは、「オンラインで集客し、オフラインで成約」という“インバウンドアウトモデル”の基礎となったと語っており、今でも強みの1つとして挙げている。畑野幸治 フレッシュアイペディアより)

  • アル=ワリード・ビン・タラール

    アル=ワリード・ビン・タラールから見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    株式および土地への投資によって富を築いた。アメリカ人(及びアメリカへの移民)以外で最も成功した投資家である。資産はアメリカ合衆国ドルでおよそ200億ドルであり、世界で8番目の資産家、アラブ世界では一番の資産家である。2008年の総資産は133億ドルで、世界長者番付22位となっている。『タイム』誌によって「アラブのウォーレン・バフェット」と名づけられた。アル=ワリード・ビン・タラール フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ソロス

    ジョージ・ソロスから見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    クリントン政権時代にはソロスの著書に共鳴したクリントン大統領によって外交問題評議会 (CFR) に在籍した。ソロスはまた、ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットらと共に、(超)富裕層への一層の増税を求める共同声明に名を連ねている一人である。ジョージ・ソロス フレッシュアイペディアより)

  • フィランソロピー

    フィランソロピーから見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェット(、1930年 - ) - 投資家。フィランソロピー フレッシュアイペディアより)

  • マーサズ・ヴィニヤード

    マーサズ・ヴィニヤードから見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    以前は富裕なボストンの船長や交易業者がその交易利益でマーサズ・ヴィニヤードに不動産を造ってきた。今日、マーサズ・ヴィニヤードは、アメリカ東北部の最も有名な避暑地となり、多くの著名人を惹きつけてきた。上にも上げた著名人の他に次のような者がいる。俳優のトム・ウェリング、投資家のウォーレン・バフェット、俳優のジェイク・ジレンホールとマギー・ジレンホールの姉弟、俳優のテッド・ダンソンとメアリー・スティーンバージェン、俳優のピーター・サイモン、写真家のアルフレッド・アイゼンスタット、コメディアンのダン・エイクロイドと女優のドンナ・ディクソン夫妻、映画監督のスパイク・リー、俳優のマイケル・J・フォックス、著述家のウィリアム・F・バックリー、弁護士のアラン・ダーショウィッツ、前上院議員ビル・ブラドリー、歌手のダイアナ・ロス、歌手のビヴァリー・シルズ、コラムニストのアート・ブッフバルト、小説家のドロシー・ウエスト、音楽家のジェイ・Z、新聞社経営者のキャサリン・グレアム、ダイアナ妃、俳優のルーク・ウィルソンとオーウェン・ウィルソン兄弟、俳優のトム・ハンクスおよび女優のメグ・ライアンである。マーサズ・ヴィニヤード フレッシュアイペディアより)

  • クレジット・デフォルト・スワップ

    クレジット・デフォルト・スワップから見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    世界的投資家ウォーレン・バフェットは、CDSの事を「時限爆弾()」「金融大量破壊兵器()」と呼んで、自社バークシャー・ハサウェイによる投資を禁止したと語ったことがある(後に実際には投資中であることが明らかになった。2014年までの債務があるという)。クレジット・デフォルト・スワップ フレッシュアイペディアより)

  • コカ・コーラ

    コカ・コーラから見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    ザ コカ・コーラ カンパニーの筆頭株主であるバークシャー・ハサウェイ社を率いるウォーレン・バフェットは、民主党支持者としても有名である。ペプシとのライバル関係は根強く、従業員が勤務中にペプシを飲んだことが発覚して解雇されたエピソードがある。コカ・コーラ フレッシュアイペディアより)

60件中 41 - 50件表示

「ウォーレン・バフェット」のニューストピックワード