1 2 3 4 5 6 次へ
60件中 51 - 60件表示
  • 相続税

    相続税から見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    また議会審議会の公聴ではビル・ゲイツやウォーレン・バフェットなどは継続を主張。次のオリンピックの代表選手を昔のオリンピック選手の子供だけから選ぶようなものだと、階級の固定化および経済的弊害への主張がなされた。反面、その主張は才能は平等に分配されておらず、一代で富を築くことができる人のみに有利な理屈だとの意見も出された。相続税 フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェット - バークシャー・ハサウェイのCEOである関係から、以前ワシントン・ポスト・カンパニーの役員を務めていたワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ソロモン・ブラザーズ

    ソロモン・ブラザーズから見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    ところが、ブラックマンデーの前後から次第に業績は下降に転じ、1991年に元トレーダーのポール・モーザーによる米国国債の不正入札発覚を契機として様々なスキャンダルに見舞われ「ウォール街の帝王」としての信用を失うこととなった。その際、1987年のロナルド・O・パールマンによる買収騒動以降関係を深めていたウォーレン・バフェットに経営再建を実質的にゆだねることになった。ソロモン・ブラザーズ フレッシュアイペディアより)

  • ロングターム・キャピタル・マネジメント

    ロングターム・キャピタル・マネジメントから見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    また、この危機の最中にジョージ・ソロス、ウォーレン・バフェットという世界的な投資家やゴールドマン・サックスなどの巨大投資銀行がLTCMのノウハウを独占するために、共同あるいは単独で、足元を見た買収を打診しており、この一連の危機でLTCMのノウハウはすっかり流出してしまった。ロングターム・キャピタル・マネジメント フレッシュアイペディアより)

  • タイム100

    タイム100から見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    File:Warren Buffett KU-crop,flip.jpg|ウォーレン・バフェット2012, 2007 & 2004タイム100 フレッシュアイペディアより)

  • サンバレー (アイダホ州)

    サンバレー (アイダホ州)から見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    サンバレーと関わりがあった著名人としては、アーノルド・シュワルツェネッガー、マーク・ザッカーバーグ、マッツ・ビランデル、ウォーレン・バフェット、ウォルター・アンネンバーグ、アダム・ウェスト、トム・ハンクス、オプラ・ウィンフリー、スティーブ・ミラー、デミ・ムーア、ピーター・セテラ、クリント・イーストウッド、ブルース・ウィリス、アシュトン・カッチャー、リチャード・ドレイファス、ジェイミー・リー・カーティス、スティーブ・ウィン、ジャスティン・ティンバーレイク、モハメド・アルファイド、バーバラ・ケント、ビル・ゲイツ、トニー・ロビンスなどがいた。サンバレー (アイダホ州) フレッシュアイペディアより)

  • 歩歩高

    歩歩高から見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    2001年に段永平が歩歩高電子の経営から退いて米国に移住した後、歩歩高電子の経営は陳明永や沈煒らに委ねられた。段永平は歩歩高集団の董事長を務める傍らで投資家となり、「中国のウォーレン・バフェット」の異名を取る。歩歩高 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災に対する日本国外の対応

    東日本大震災に対する日本国外の対応から見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    経済的海外要人の被災地訪問としては、2011年(平成23年)11月7日に宮城県仙台市・東松島市・石巻市を訪れたデービッド・ロックフェラー・ジュニア(ロックフェラー財団会長)夫妻、同年11月21日に福島県いわき市のタンガロイ新工場を訪れたウォーレン・バフェット(投資家)などの例がある。東日本大震災に対する日本国外の対応 フレッシュアイペディアより)

  • ビル・ゲイツ

    ビル・ゲイツから見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    アメリカの雑誌フォーブスの世界長者番付で、1994年から2006年まで13年連続の世界一となった。2006年の個人資産は推定530億ドル(日本円で約6兆2000億円)で、2007年、ビル・ゲイツの資産は、さらに50億ドル膨らんで資産総額580億ドルとなったが、推定資産620億ドルの著名投資家のウォーレン・バフェット、推定資産600億ドルの中南米の携帯電話会社América Móvilなどを所有するメキシコの「通信王」カルロス・スリム・ヘルの後塵を拝し、ゲイツは3位に転落した。ビル・ゲイツ フレッシュアイペディアより)

  • 銀

    から見たウォーレン・バフェットウォーレン・バフェット

    その後も1996年(平成8年)には、アメリカ合衆国の著名な投資家であるウォーレン・バフェットが、世界の年間供給量の5分の1を買い占めたと表明し、直後に暴騰が生じた。2011年(平成23年)4月頃にも、1980年にハント兄弟の買占めに迫る価格まで価格が急上昇したが、先物取引の規制(証拠金の上積み規制)がなされたために暴落するなど、依然として混乱は見られる。 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
60件中 51 - 60件表示

「ウォーレン・バフェット」のニューストピックワード