65件中 11 - 20件表示
  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見たバークシャー・ハサウェイ

    ウォーレン・エドワード・バフェット(英語:Warren Edward Buffett, 1930年8月30日 - )はアメリカ合衆国の著名な投資家、経営者。世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの筆頭株主であり、同社の会長兼CEOを務める。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見た盛田昭夫

    かなりの偏食家であり、ソニーの当時のトップだった盛田昭夫が、ニューヨークの自宅にバフェットを招待した時、次から次に出てくる日本食20品に一切手をつけなかった。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見たキャサリン・グラハム

    1965年にバフェットは繊維業のバークシャーの経営権を取得し、新社長にケン・チェイスを指名した。バフェットは1970年からバークシャーの会長として、現在では有名となっている株主への年次報告書を執筆し始める。 バークシャーは1973年にワシントン・ポスト株を買い始める。ワシントン・ポストとその機関紙を支配しているキャサリン・グラハムと親友になり、バフェットはワシントンポストの社外取締役となる。バークシャー株が下落し始め、バフェットの純資産は1974年には半減する。バフェットの指示にて、バークシャーは資金の借り入れを行う。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見たデール・カーネギー

    1951年に大学院で修士号を取得後、ウォール街で働こうとするが父とグレアムに反対された。バフェットはグレアムの下でただでもいいから働きたいと懇願するが、ユダヤ人のための雇用を確保しておきたいというグレアムの事情により断られた。グレアムはユダヤ人で、当時はユダヤ人の就職が困難という社会的な事情がその背景にはあった。バフェットは故郷オマハに帰り、株式ブローカーとして父の証券会社で働いた。テキサコガソリンスタンドに資産の20%を投資したが、後に失敗した投資の1つとして語っている。また、人前で話をする訓練のためにデール・カーネギー演説コースを受講した。学んだ知識を使いネブラスカ大学夜間クラスで平均年齢が彼の2倍以上の受講生に"投資原理"を教えた。この頃にスーザン・トンプソンとデートをするようになる。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見た東日本大震災

    2011年3月21日に初来日し、自身が間接的に投資を行う大手切削工具メーカータンガロイの新工場完成式典(3月22日開催)への出席が予定されていたが、東日本大震災のため完成式典も来日も延期された。その後、新工場の完成式典が行われる11月21日にあわせて工場のある福島県を来訪した。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見た投資家

    ウォーレン・エドワード・バフェット(英語:Warren Edward Buffett, 1930年8月30日 - )はアメリカ合衆国の著名な投資家、経営者。世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの筆頭株主であり、同社の会長兼CEOを務める。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見た株主総会

    バフェットは長期投資を基本スタイルとし、長期間に渡って高い運用成績を残している。金融街ではなく地元オマハを中心とした生活を送っている為、敬愛の念を込めて「オマハの賢人」(Oracle of Omaha) とも呼ばれる。毎年開催されるバークシャー・ハサウェイの株主総会では、バフェットと同社の副会長チャーリー・マンガーの話を聞くために世界中から数万人にものぼる株主が参加している。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見た投資ファンド

    バフェットはバークシャー・ハサウェイ等を通した株式投資で大きな成功を収めた。株式会社という形態をとっていても、バークシャーはパートナーシップであるとバフェットが表明しているように、バークシャーは実質的にバフェットとチャーリー・マンガーが運営する投資ファンドに近い性質を持っている。バークシャーは一株当たりの内在価値を最大限に高めることを目的としている、一方でバフェットは内在価値と乖離した高い株価も好んでおらず、株価は内在価値を反映した妥当な水準であることを望んでいる。バフェットからの手紙(毎年の財務諸表に掲載されている)にはインデックスファンド(S&P 500)とバークシャー・ハサウェイの運用成績の比較を載せている。彼が1965年にバークシャー・ハサウェイの経営権を握ってから現在までの約45年間に、ダウ平均株価の上昇率が約1400%超だったのに対し、バークシャー・ハサウェイの株価は約82万%以上に上昇した。運用成績としては複利計算で約20%のリターンを40年以上に渡って出していることになる。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見たフォーブス (雑誌)

    フォーブス誌によるアメリカの長者番付フォーブズ400では1986年の5位以来、毎年ベスト10に入り続けている(2008年現在)。世界長者番付ではビル・ゲイツが1994年から13年連続で1位となり、バフェットは2位になることが多かった。バフェットは2007年に前年から資産を100億ドル増加させ、620億ドル(約6兆4360億円)となり初めて1位になった(米国内の長者番付では1993年に1位になったことがある)。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見た前立腺癌

    2012年2月に自らの後継者を特定したとしたが具体的な名前は明かさなかった。同年4月17日に初期の前立腺癌であることを明らかにした。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

65件中 11 - 20件表示

「ウォーレン・バフェット」のニューストピックワード