107件中 21 - 30件表示
  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見たゴルフ場

    バフェットは1930年にネブラスカ州オマハでユグノー系のハワード・バフェットとレイラ・バフェットとの間に生まれた。バフェットは幼い頃からビジネスを始めていた。例えば祖父からコーラを6本25セントで購入し、それを1本5セントで売ったり、ワシントン・ポストの配達のアルバイト、ゴルフ場のボール拾い、競馬の予想新聞の販売などを行っていた。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見た株主総会

    バフェットはバークシャー・ハサウェイの司令塔であり、長期投資を基本スタイルとし、長期間に渡って同社に高い運用成績をもたらした。ウォール街の金融街ではなく、地元ネブラスカ州オマハを中心とした生活を送っている為、敬愛の念を込めて「オマハの賢人」() とも呼ばれる。毎年開催されるバークシャー・ハサウェイの株主総会では、バフェットと同社の副会長チャーリー・マンガーの話を聞くために、世界中から数万人にものぼる株主が参加している。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見たフォーブス誌

    1977年、ブルーチップを通じて3250万ドルでバッファロー・イブニング・ニュースを買収した。新たに日曜版を開始し、既存の平日版の読者に4週間無料で、店頭では特別価格で販売した。このことでライバルのクーリエ・エクスプレスから反トラスト法にて訴訟を起こされ、解決まで5年を要した。1979年にABC株を1株当たり290ドルで購入した。バフェットの純資産は1億4000万ドル近くとみられていたが、年間5万ドルを給与として貰い生活を続けていた。 バークシャーの株価が年初775ドルから年末に1,310ドルまで上昇した為、バフェットの純資産が6億2000万ドルとなり初めてフォーブス誌に名前が載る。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見た投資ファンド

    バフェットはバークシャー・ハサウェイ等を通して多額の株式投資を行い、大きな成功を収めた。株式会社という形態をとっていても、バークシャーはパートナーシップであるとバフェットが表明している。バークシャーは実質的にバフェットとチャーリー・マンガーが運営する投資ファンドに近い性質を持っているとも言われている。バークシャーは一株当たりの内在価値を最大限に高めることを目的としている。一方で内在価値と乖離した高い株価も好んでおらず、株価は内在価値を反映した妥当な水準であることを望んでいる。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見た東日本大震災

    2011年3月21日に日本へ初来日し、自身が間接的に投資を行う大手切削工具メーカータンガロイの新工場完成式典(3月22日開催)への出席が予定されていたが、東日本大震災のため完成式典も来日も延期された。その後、新工場の完成式典が行われる11月21日にあわせて工場のある福島県を来訪した。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見たフォーブス (雑誌)

    フォーブス誌によるアメリカの長者番付フォーブズ400では1986年の5位以来、毎年ベスト10に入り続けている(2008年現在)。世界長者番付ではビル・ゲイツが1994年から13年連続で1位となり、バフェットは2位であることが多かった。バフェットは2007年に前年から資産を100億ドル増加させ、620億ドル(約6兆4360億円)となり初めて1位になった(米国内の長者番付では1993年に1位になったことがある)。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見た世界

    バフェットはバークシャー・ハサウェイの司令塔であり、長期投資を基本スタイルとし、長期間に渡って同社に高い運用成績をもたらした。ウォール街の金融街ではなく、地元ネブラスカ州オマハを中心とした生活を送っている為、敬愛の念を込めて「オマハの賢人」() とも呼ばれる。毎年開催されるバークシャー・ハサウェイの株主総会では、バフェットと同社の副会長チャーリー・マンガーの話を聞くために、世界中から数万人にものぼる株主が参加している。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見た日本料理

    かなりの偏食家であり、食に関しては様々なエピソードを持つ。ソニーの当時のトップだった盛田昭夫が、ニューヨークの自宅にバフェットを招待し食事を運ばせた際、次から次に出てくる日本料理20品に一切手をつけなかったと言われる。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見た前立腺癌

    2012年2月に自らの後継者を特定したとしたが具体的な名前は明かさなかった。同年4月17日に初期の前立腺癌であることを明らかにした。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見たInstagram

    自家用車に関しては、高価な車両を何台も所有することはない。フォードの株を所有しているにも関わらず、一時期はゼネラルモーターズのキャデラックを所有。その後継には、スバル・アウトバックを選択したと報道されたが、その後、自身のInstagram上で「人生でスバルに乗ったことはないよ。(愛国者なので)キャデラックを新調したよ」と否定した。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

107件中 21 - 30件表示

「ウォーレン・バフェット」のニューストピックワード