65件中 31 - 40件表示
  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見たクォーターパウンダー

    また、タンガロイの新工場の竣工式典に出席した際、ある種類のハンバーガーとある種類のコーラしか食べないという事前情報から、タンガロイ側は、マクドナルドのクォーターパウンダーから、具材を全て抜き、ソースも味付けも無い、完全にパンで肉を挟んだだけのものを用意した。また、コーラはものすごく甘いチェリーコークだけを、1日に何本も飲む。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見たS&P 500

    バフェットはバークシャー・ハサウェイ等を通した株式投資で大きな成功を収めた。株式会社という形態をとっていても、バークシャーはパートナーシップであるとバフェットが表明しているように、バークシャーは実質的にバフェットとチャーリー・マンガーが運営する投資ファンドに近い性質を持っている。バークシャーは一株当たりの内在価値を最大限に高めることを目的としている、一方でバフェットは内在価値と乖離した高い株価も好んでおらず、株価は内在価値を反映した妥当な水準であることを望んでいる。バフェットからの手紙(毎年の財務諸表に掲載されている)にはインデックスファンド(S&P 500)とバークシャー・ハサウェイの運用成績の比較を載せている。彼が1965年にバークシャー・ハサウェイの経営権を握ってから現在までの約45年間に、ダウ平均株価の上昇率が約1400%超だったのに対し、バークシャー・ハサウェイの株価は約82万%以上に上昇した。運用成績としては複利計算で約20%のリターンを40年以上に渡って出していることになる。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見た分散投資

    バフェットは分散投資を行わず、基準を満たす優れた企業を買収あるいは株式を大量に取得するという集中的な投資を行う。買収した企業では元の経営陣がそのまま経営を続け、バフェットは資本の安定と適正な役員報酬によって経営者が安心して運営できる環境を提供する。バフェットの方針は経営を続けたいが企業を売却したいオーナー経営者を惹きつけ、1997年から1999年の間には7社の買収に成功した。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見たハーバード・ビジネス・スクール

    1947年にペンシルベニア大学ウォートン・スクールファイナンス学科に入学したが中退し、ネブラスカ大学リンカーン校に編入した。ネブラスカ大学を卒業後、ハーバード大学ビジネス・スクールに入学しようとしたが断られた。コロンビア大学で著名な証券アナリストであり、『賢明なる投資家』の著者のベンジャミン・グレアムとデイビッド・ドッドが教職についていることを知ったバフェットはコロンビア大学のビジネススクールに進学し、投資について学んだ。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見た

    また、タンガロイの新工場の竣工式典に出席した際、ある種類のハンバーガーとある種類のコーラしか食べないという事前情報から、タンガロイ側は、マクドナルドのクォーターパウンダーから、具材を全て抜き、ソースも味付けも無い、完全にパンでを挟んだだけのものを用意した。また、コーラはものすごく甘いチェリーコークだけを、1日に何本も飲む。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見たネブラスカ州

    バフェットは1930年にネブラスカ州オマハで証券業を営むハワード・バフェットとレイラ・バフェットとの間に生まれた。バフェットは幼い頃からビジネスを始めていた。例えば祖父からコーラを6本25セントで購入し、それを1本5セントで売ったり、ワシントン・ポストの配達のアルバイト、ゴルフ場のボール拾い、競馬の予想新聞売りなどを行っていた。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見た世界長者番付

    フォーブス誌によるアメリカの長者番付フォーブズ400では1986年の5位以来、毎年ベスト10に入り続けている(2008年現在)。世界長者番付ではビル・ゲイツが1994年から13年連続で1位となり、バフェットは2位になることが多かった。バフェットは2007年に前年から資産を100億ドル増加させ、620億ドル(約6兆4360億円)となり初めて1位になった(米国内の長者番付では1993年に1位になったことがある)。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見た経営者

    ウォーレン・エドワード・バフェット(英語:Warren Edward Buffett, 1930年8月30日 - )はアメリカ合衆国の著名な投資家、経営者。世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの筆頭株主であり、同社の会長兼CEOを務める。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見たプロテスタント

    プロテスタントの家庭に育ったが、現在は不可知論者だとインタビューに応えている。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見た反トラスト法

    1956年に9つの会社によって設立されたブルーチップ・スタンプは、小売店の販売促進のための景品スタンプ事業を行っていた。9社による独占に対して小売店から反トラスト法違反で訴えられ、1967年にブルーチップ・スタンプスと改名し株式の55%は市場に流通するようになった。バフェットは割安であると判断して株を購入し、情報交換していた友人のチャーリー・マンガーとリック・ゲーリンも別個に購入していた。1971年時点でバフェット家が13%、マンガーのパートナーシップが8%、ゲーリンのパートナーシップが5%を保有していた。更にバフェットが部分的に所有しているバークシャーが17%、ダイバーシファイド・リテーリングが16%のブルーチップ株を保有し、ダイバーシファイド・リテーリングはバークシャーの株を持ち、マンガーのパートナーシップはダイバーシファイド・リテーリングの株を保有していた。その後の買い増しによって合計75%のブルーチップ株をバフェットたちが所有することになった。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

65件中 31 - 40件表示

「ウォーレン・バフェット」のニューストピックワード