65件中 51 - 60件表示
  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見たアメリカ合衆国財務省

    1987年にアメリカ最大規模の証券会社ソロモン・ブラザーズはロナルド・O・パールマンによる敵対的買収の対象となっていたため、CEOのジョン・グッドフレンドはバフェットに助けを求めた。バフェットは証券業界を好ましく思っていなかったがグッドフレンドを評価していたため7億ドルを投資し、マンガーと共にソロモンの取締役に就いた。1991年にソロモンの債券トレーダーのポール・モウザーが財務省証券の入札での買占めをはじめとする複数の違法取引を行ったスキャンダルが発覚した。グッドフレンドとソロモン副会長のジョン・メリウェザーがこの事実を知りながら取締役会や監督省庁に隠し続けていた為、SECや財務省をはじめとする多くの機関から重大事件とみなされた。最終的にグッドフレンドとソロモンの社長であるトーマス・ストラウスと法律顧問が辞任したが、それだけでは解決されないほど問題が大きかったためバフェットが暫定CEOに就任した。バフェットは信用があり、法律問題にも積極的に取り組んだ結果ソロモンが2億9000万ドルの罰金を支払うことで事件は終結した。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見たチェリーコーク

    また、タンガロイの新工場の竣工式典に出席した際、ある種類のハンバーガーとある種類のコーラしか食べないという事前情報から、タンガロイ側は、マクドナルドのクォーターパウンダーから、具材を全て抜き、ソースも味付けも無い、完全にパンで肉を挟んだだけのものを用意した。また、コーラはものすごく甘いチェリーコークだけを、1日に何本も飲む。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見た不可知論

    プロテスタントの家庭に育ったが、現在は不可知論者だとインタビューに応えている。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見た日本食

    かなりの偏食家であり、ソニーの当時のトップだった盛田昭夫が、ニューヨークの自宅にバフェットを招待した時、次から次に出てくる日本食20品に一切手をつけなかった。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見た裁定取引

    バフェットは長期投資が最も望ましいとしているが、基準を満たす投資先がない場合は裁定取引も行う。合併や買収などが公表された企業の株価と計算上の株価に差があれば、実現される可能性と期間を考慮して取引を行う。バフェットは裁定取引の場合でも少数の大規模な案件を扱う。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見たパートナーシップ

    バフェットはバークシャー・ハサウェイ等を通した株式投資で大きな成功を収めた。株式会社という形態をとっていても、バークシャーはパートナーシップであるとバフェットが表明しているように、バークシャーは実質的にバフェットとチャーリー・マンガーが運営する投資ファンドに近い性質を持っている。バークシャーは一株当たりの内在価値を最大限に高めることを目的としている、一方でバフェットは内在価値と乖離した高い株価も好んでおらず、株価は内在価値を反映した妥当な水準であることを望んでいる。バフェットからの手紙(毎年の財務諸表に掲載されている)にはインデックスファンド(S&P 500)とバークシャー・ハサウェイの運用成績の比較を載せている。彼が1965年にバークシャー・ハサウェイの経営権を握ってから現在までの約45年間に、ダウ平均株価の上昇率が約1400%超だったのに対し、バークシャー・ハサウェイの株価は約82万%以上に上昇した。運用成績としては複利計算で約20%のリターンを40年以上に渡って出していることになる。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見た偏食

    かなりの偏食家であり、ソニーの当時のトップだった盛田昭夫が、ニューヨークの自宅にバフェットを招待した時、次から次に出てくる日本食20品に一切手をつけなかった。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見た最高経営責任者

    ウォーレン・エドワード・バフェット(英語:Warren Edward Buffett, 1930年8月30日 - )はアメリカ合衆国の著名な投資家、経営者。世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの筆頭株主であり、同社の会長兼CEOを務める。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見た会長

    ウォーレン・エドワード・バフェット(英語:Warren Edward Buffett, 1930年8月30日 - )はアメリカ合衆国の著名な投資家、経営者。世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの筆頭株主であり、同社の会長兼CEOを務める。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見たウォール街

    1951年に大学院で修士号を取得後、ウォール街で働こうとするが父とグレアムに反対された。バフェットはグレアムの下でただでもいいから働きたいと懇願するが、ユダヤ人のための雇用を確保しておきたいというグレアムの事情により断られた。グレアムはユダヤ人で、当時はユダヤ人の就職が困難という社会的な事情がその背景にはあった。バフェットは故郷オマハに帰り、株式ブローカーとして父の証券会社で働いた。テキサコガソリンスタンドに資産の20%を投資したが、後に失敗した投資の1つとして語っている。また、人前で話をする訓練のためにデール・カーネギー演説コースを受講した。学んだ知識を使いネブラスカ大学夜間クラスで平均年齢が彼の2倍以上の受講生に"投資原理"を教えた。この頃にスーザン・トンプソンとデートをするようになる。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

65件中 51 - 60件表示

「ウォーレン・バフェット」のニューストピックワード