107件中 81 - 90件表示
  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見た筆頭株主

    ウォーレン・エドワード・バフェット(、1930年8月30日 - )は、アメリカ合衆国の投資家、経営者、資産家、慈善活動家。世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの筆頭株主であり、同社の会長兼CEOを務める。大統領自由勲章を受賞している。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見た

    1997年から1998年にかけて、1オンスあたり4.6から4.8ドルで約1億3000万オンスのを投資として購入した。2006年に売却した。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見たワシントンD.C.

    証券会社を営む父が、1942年に下院議員に当選したためワシントンD\.C\.に引っ越したが、当時12歳のバフェットは新しい生活になじめず、祖父の家からオマハの学校に中学2年まで通うことになった。1943年には自転車を仕事の経費として控除し、13歳で初めて所得税を申告した。中学では飛び級をしたが、一つ上の友達とうまくなじめなかった。また成績は芳しくなかったが、新聞配達は継続していた。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見た日本

    2011年3月21日に日本へ初来日し、自身が間接的に投資を行う大手切削工具メーカータンガロイの新工場完成式典(3月22日開催)への出席が予定されていたが、東日本大震災のため完成式典も来日も延期された。その後、新工場の完成式典が行われる11月21日にあわせて工場のある福島県を来訪した。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見たユダヤ系アメリカ人

    1951年に大学院で修士号を取得後、ウォール街で働こうとするが、父とグレアムに反対された。バフェットはグレアムの下でただでもいいから働きたいと懇願するが、ユダヤ人のための雇用を確保しておきたいというグレアムの事情により断られた。グレアムはユダヤ人で、当時はユダヤ人の就職が困難という社会的な事情がその背景にはあった。バフェットは故郷オマハに戻り、株式ブローカーとして父の証券会社で働いた。テキサコガソリンスタンドに資産の20%を投資したが損失を出した、後に失敗した投資の1つとして語っている。また、人前で話をする訓練のためにデール・カーネギーの演説コースを受講した。学んだ知識を使いネブラスカ大学夜間クラスで平均年齢が彼の2倍以上の受講生に"投資原理"を教えた。この頃にスーザン・トンプソンとデートをするようになる。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見た共和党 (アメリカ)

    バフェットの父・ハワードは証券業を営み、1930年から共和党の下院議員を務めた。バフェットは父から多くを学び、短期間だが父の証券会社で共に働いていたこともある。バフェットは3人兄弟で、姉のドリスと妹のバーティーがいる。祖父はオマハに食料雑貨店を持っており、チャーリー・マンガーはこの雑貨店で働いていたことがあるがこの間にバフェットと出会うことは無かった。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見たペンシルベニア大学

    1947年にペンシルベニア大学ウォートン・スクールファイナンス学科に入学したが中退し、ネブラスカ大学リンカーン校に編入した。ネブラスカ大学を卒業後、ハーバード大学ビジネス・スクールに入学しようとしたが断られた。コロンビア大学で著名な証券アナリストであり『賢明なる投資家』の著者のベンジャミン・グレアムとデイビッド・ドッドが教職についていることを知ったバフェットはコロンビア大学のビジネススクールに進学し、投資について学んだ。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見たパン

    タンガロイの新工場の竣工式典に出席した際、ある種類のハンバーガーとある種類のコカ・コーラしか食べないという事前情報を手に入れたタンガロイ側は、マクドナルドのクォーターパウンダーから具材を全て抜き、ソースも味付けも無い、完全にパンで肉を挟んだだけのものを用意した。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見た医師

    コカ・コーラが大好物で、それもものすごく甘いチェリーコークしか飲まない。それを1日に何本も飲む。6本程度飲んでしまうことは珍しくなく、医師が健康診断の際に、彼の食生活を聴いた際、そのあまりの偏食ぶりに「遺伝子がよほど頑張らなければ、常人ならとっくに死んでいる」と驚きを交えて評した。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見たニューヨーク

    1962年にニューヨークへ出かけ、古い友人から数十万ドルの資金を集めた。パートナーシップの資産が720万ドルになる。多数あったファンドをバフェット・パートナーシップにまとめ、最小投資規模を25,000ドルから100,000ドルに変更した。運営拠点を「機能的で華美でない」キューイット・プラザ(地元オマハの名士ピーター・キューイットの名にちなむ)に移す。バフェットとスーザンはそれぞれ100万ドル以上の資産を保有していた。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

107件中 81 - 90件表示

「ウォーレン・バフェット」のニューストピックワード