前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
134件中 1 - 10件表示
  • JRA顕彰馬

    JRA顕彰馬から見たウオッカウオッカ

    現在の選考方法は2004年に開始されたものであるが、投票による選考自体は2001年より行われている。当初は競走馬登録抹消20年を経過した馬も対象であり、タケシバオーら競走馬登録抹消20年以前の馬を推す古参の記者と、最近の馬を推す中堅の記者との間で票が分散する傾向にあった。しかし2003年に、当年より投票対象となったテイエムオペラオーが落選するに至り、競走馬登録を抹消してから20年も経過していると、その当時を知る人間が少なくなることと、繁殖馬としての評価が定まることなどから、競走馬登録抹消後長い年月を経ている馬を投票対象とする選定方法の見直しが行われ、2004年より投票対象が登録抹消から20年以内の馬(1984年1月1日以降に登録抹消した馬)と制限されることとなった。現在の選考方法となってからは、2004年にテイエムオペラオー、2008年にディープインパクト、2011年にウオッカが顕彰馬に選出されている。JRA顕彰馬 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本競馬

    2009年の日本競馬から見たウオッカウオッカ

    17日 - 【JRA】第4回ヴィクトリアマイル(GI、芝1600m、18頭立て)で、1番人気に支持されたウオッカ(牝5歳、栗東:角居勝彦厩舎)が優勝しGI・JpnI競走5勝目を挙げた。牝馬のGI・JpnI競走5勝はメジロドーベルに並ぶタイ記録。また獲得賞金の総額が牝馬歴代1位となる約8億8740万円を記録した。更に鞍上の武豊は22年連続GI・JpnI競走勝利を挙げた。2009年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • シラオキ

    シラオキから見たウオッカウオッカ

    シラオキ自身は1973年に老衰により28歳で死去する。しかしその死後も子孫から活躍馬が続出し、確実に活躍馬が出る牝系として生産者からの高い人気を獲得した。シラオキから派生した系統は特に「シラオキ系」と呼ばれ、その子孫からは桜花賞優勝馬シスタートウショウ、菊花賞優勝馬マチカネフクキタルや、東京優駿などGI競走4勝を挙げたスペシャルウィーク、牝馬として史上3頭目の日本ダービー優勝馬となったウオッカなど、数々の活躍馬が出ている。特に1990年代後半、外国産馬や欧米からの高価な輸入牝馬の産駒が大勢を占めていた中でのスペシャルウィークの活躍は、その父がリーディングサイアーのサンデーサイレンス だったことから、流行血統と在来血統の融合として日本の牝系が改めて見直されるきっかけとなり、血統解説書等でその血統背景が詳細に取り上げられた。シラオキ フレッシュアイペディアより)

  • スクリーンヒーロー

    スクリーンヒーローから見たウオッカウオッカ

    10月12日のオクトーバーSではジャガーメイルにハナ差で2着に敗れるも、格上挑戦で挑んだ11月9日のアルゼンチン共和国杯では蛯名正義が騎乗し重賞初勝利を挙げる。そして3週間後の11月30日にはジャパンカップにミルコ・デムーロ鞍上で挑戦。ディープスカイ、ウオッカ、メイショウサムソン、マツリダゴッホなどの強豪が並ぶ中、9番人気で出走した。スクリーンヒーロー フレッシュアイペディアより)

  • 第53回有馬記念

    第53回有馬記念から見たウオッカウオッカ

    ファン投票20位以内の馬のうち、1位のウオッカと5位のディープスカイ、6位のオウケンブルースリはジャパンカップ後休養にあてるため回避した。地方からはコスモバルクが出走を表明していた。外国馬の登録はなかった。第53回有馬記念 フレッシュアイペディアより)

  • 第74回東京優駿

    第74回東京優駿から見たウオッカウオッカ

    第74回東京優駿(だい74かいとうきょうゆうしゅん)は、2007年5月27日に東京競馬場で施行された競馬競走である。ウオッカが史上3頭目の牝馬による日本ダービー優勝を果たした。第74回東京優駿 フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤオーラ

    アドマイヤオーラから見たウオッカウオッカ

    東京優駿(日本ダービー)1週間前に鞍上が武豊から岩田康誠に急遽変更された。レースでは、中団から鋭く伸びはしたものの、先に抜け出したウオッカ、そして逃げて粘るアサクサキングスを捕らえることができず3着に敗れた。後日レース中に左後肢を骨折していたことが判明し療養に入った。アドマイヤオーラ フレッシュアイペディアより)

  • カントリー牧場

    カントリー牧場から見たウオッカウオッカ

    実業家の谷水信夫が1963年に創業、生産馬に対して厳しい鍛錬を課す育成方針で、1960年代後半から1970年代前半までにマーチス、タニノハローモア、タニノムーティエ、タニノチカラといった八大競走優勝馬を生産した。1973年より息子の谷水雄三が後を継ぎ、この頃から一時成績が低迷したが、2000年代に入って再びタニノギムレット、ウオッカ、ビッグウィークといったGI級競走優勝馬を輩出した。カントリー牧場 フレッシュアイペディアより)

  • 谷水雄三

    谷水雄三から見たウオッカウオッカ

    2007年 - ウオッカが東京優駿(日本ダービー)を制し2度目のダービーオーナーとなる。谷水雄三 フレッシュアイペディアより)

  • ディープスカイ

    ディープスカイから見たウオッカウオッカ

    4月には3歳クラシック初戦の皐月賞を控えたが、昆は同競走の回避を選択し、条件戦出走時から目標に据えていた5月のNHKマイルカップへ向かった。当日は1番人気に支持されると、道中では後方2、3番手の位置から、最後の直線で馬場の内側を抜け出して優勝。GI級 (JpnI) 競走初勝利を飾った。この勝利は厩舎、馬主、生産者にとっても初めてのGI級競走勝利となった。レース後、四位は「是非、この馬でダービーに出たい」と昨年のウオッカに続く東京優駿連覇に意欲を示した。関係者間の協議の結果、中2週での東京優駿への出走が決定した。ディープスカイ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
134件中 1 - 10件表示

「ウオッカ」のニューストピックワード