120件中 91 - 100件表示
  • トウカイトリック

    トウカイトリックから見たウオッカウオッカ

    6月24日にトウカイトリックは「第48回宝塚記念」に出走、ウオッカやアドマイヤムーン、ダイワメジャーやコスモバルクらが顔を揃えたが、トウカイトリックは18頭中14番人気でほとんど力量を評価されず、実際の競走も10番手付近の追走で9着入線と見せ場なく人気通りの決着に終わった。トウカイトリック フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のスポーツ

    2007年のスポーツから見たウオッカウオッカ

    5月27日 - 中央競馬の第74回東京優駿(日本ダービー)を18頭中唯一の牝馬であるウオッカが制す。牝馬のダービー制覇は史上3頭目で、1943年のクリフジ以来64年ぶり。2007年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • トウショウ牧場

    トウショウ牧場から見たウオッカウオッカ

    上述の通りソシアルバターフライはトウショウ牧場の躍進に大きな影響を与えた。また、シスタートウショウの祖母に当たるローズトウショウ(藤正牧場産)から連なる系統は、数々の名馬を生んだ「シラオキ系」の大きな分枝である「ワカシラオキ系」のなかで最大勢力となっており、その子孫にはシスタートウショウのほか、GI・JpnI競走で7勝を挙げ中央競馬の殿堂入りしたウオッカ(カントリー牧場生産)、菊花賞優勝馬マチカネフクキタル(信成牧場生産)らがいる。マチカネフクキタルの母・アテナトウショウは本場から放出された牝馬で、菊花賞優勝時に場長の志村吉男が信成牧場へ祝福に駆けつけると、同場の場主から「すみません、申し訳ありません」と頭を下げられ恐縮したという話が伝えられている。ソシアルバターフライ、ローズトウショウ以外では、スイープトウショウが出たチャイナトウショウ系、ヌエボトウショウが出たビバドンナ系といった系統が知られる。トウショウ牧場 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトワールピサ

    ヴィクトワールピサから見たウオッカウオッカ

    管理調教師の角居勝彦は、この勝利から前年まで厩舎の看板であったウオッカの後継馬へと期待を膨らませ、凱旋門賞への一次登録を行った。しかし、5月30日の第77回東京優駿も1番人気に支持されるが、先に抜け出したエイシンフラッシュ、ローズキングダムを交わすことができず3着に敗れた。ヴィクトワールピサ フレッシュアイペディアより)

  • 近藤宗平

    近藤宗平から見たウオッカウオッカ

    1986年に起きたチェルノブイリ原発事故による影響に関して、原爆症の研究結果などから甲状腺癌の発症は放射線による被曝後、通常、10年以上の潜伏期間があるため、わずか5年で影響が出るのは疑問が残るとし、放射能汚染による恐怖報道が過熱したために、放射線恐怖症が甲状腺腫瘍の発生を加速した可能性が高いとの見解を示している。ベラルーシのゴメリ州における発生異常については放射線の影響に否定的な見解で、本当に増えているなら、妊娠中のアルコール摂取で催奇性作用が常識として知られていることから、ウオッカの可能性が高いとしている。近藤宗平 フレッシュアイペディアより)

  • 主戦騎手

    主戦騎手から見たウオッカウオッカ

    ウオッカ:四位洋文(初代)、武豊(2代)主戦騎手 フレッシュアイペディアより)

  • オウケンブルースリ

    オウケンブルースリから見たウオッカウオッカ

    半年以上にわたる休養後、10月11日の京都大賞典に出走。半年振りのブランクが嫌われ3番人気であったが、いざレースになると道中は安定した走りから最終直線では鋭い伸び脚から先頭に立ち、スマートギアに3/4馬身差をつけて1着入線。前年の菊花賞以来の勝利を収めた。この勝利で賞金を加算し天皇賞(秋)に出走するが、レースでは最後の直線半ばまで馬群に埋もれる展開となり、カンパニーに3馬身以上離された4着に敗れた。11月29日のジャパンカップは当初獲得賞金額が不足していたため除外される見込みであったが、同レースは国際招待競走であることからレース直前に発表されたレイティング(ワールド・サラブレッド・ランキング)で登録馬中3位に入り出走権を獲得。本番ではウオッカにハナ差届かず2着に惜敗。敗因は4コーナーで下げた事を内田騎手、音無調教師共に挙げている。オウケンブルースリ フレッシュアイペディアより)

  • 短期騎手免許

    短期騎手免許から見たウオッカウオッカ

    ジャパンカップ ウオッカ短期騎手免許 フレッシュアイペディアより)

  • ブライアンズタイム

    ブライアンズタイムから見たウオッカウオッカ

    1990年代後半にはサンデーサイレンス、トニービンと三強種牡馬として君臨していたが、ブライアンズタイム自身は他二頭よりも10年以上存命期間が長く、高齢となっても種牡馬として供用され、長期間にわたって産駒を出し続けた。今後は後継種牡馬が系統の生き残りをかけて争うことになる。代表産駒であるナリタブライアンこそ夭逝したが、マヤノトップガンは現在まで種牡馬としてある程度の実績を残しており、タニノギムレットも牝馬の東京優駿(日本ダービー)優勝馬ウオッカを出すなど実績を挙げている。ブライアンズタイム フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本競馬

    2013年の日本競馬から見たウオッカウオッカ

    方針転換の大きな理由は、厩舎所属馬のうち3歳世代に未勝利馬が相次いだことで所属馬が大幅に減少したためとしている。なお、ウオッカの2番仔となる「ウオッカの2012」については、馬主の谷水雄三が当初の発表後も預託先を決めず、厩舎サイドの方針が変わるまで待っていたため、角居厩舎に所属することが決定した。2013年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

120件中 91 - 100件表示

「ウオッカ」のニューストピックワード