134件中 11 - 20件表示
  • ダイイチルビー

    ダイイチルビーから見たウオッカウオッカ

    当時、牡馬と牝馬が一緒に走る古馬のGIで牝馬が優勝することは稀で、グレード制が敷かれた1984年以来7年間のうち5年は、GIを勝たずに最優秀古馬牝馬が選ばれている。GIになった安田記念では牝馬の優勝は初めてだった。なお、牝馬による安田記念の制覇は、後にノースフライトとウオッカが同競走を制覇している(ウオッカは2連覇を達成)。ダイイチルビー フレッシュアイペディアより)

  • 安田記念

    安田記念から見たウオッカウオッカ

    直線の長い東京コースで行われるマイルGIということもありスピードだけでなく相応のスタミナも要求される。歴代の優勝馬にもギャロップダイナ、オグリキャップ、ウオッカなど中長距離の重賞の優勝経験を持つ馬が多い。秋の同じ距離で行われるマイルチャンピオンシップとは対照的に1番人気がかなり不振であることも特徴的で、1992年以降馬番連勝複式馬券で万馬券が10回飛び出すなどかなり波乱の様相が出ている。安田記念 フレッシュアイペディアより)

  • メイショウサムソン

    メイショウサムソンから見たウオッカウオッカ

    12月6日に第52回有馬記念?ファン投票の最終結果で2位となる10万2560票を獲得したことが発表された。約3000票差でウオッカに1位を譲ってしまったがこの結果に高橋成師は「女の子には花を持たせないとね。ここでの写真判定は負けていい」といった発言をし、グランプリへの意気込みを語っていた。しかしレースではスタート直後に武が手綱をしごいても前に馬が行かず、前走以上に控えたポジションになってしまった。また向正面で既に大外を回っており、最終コーナーでもそのまま大外を通ったことなども響いたのか肩ムチを入れても直線でスピードに乗らずに結局経済コースとスローペースの展開を生かしきった伏兵・マツリダゴッホの8着と惨敗した。なおこのレースまでにGI競走を4勝している同馬だが、このレースでは条件馬のレゴラスにも先着を許すことになった。鞍上の武豊は敗因について「理由は全然わからない」とコメントし、調教師の高橋は「まさか、ウオッカをマークする形になるとはね…。展開かな。前残りで流れに変化がないレースだった。調子がまずいということもなかった。原因がよく分からない」とコメントしている。この敗北で4歳シーズンでは初めて複勝圏と掲示板から外れることになった。メイショウサムソン フレッシュアイペディアより)

  • ブエナビスタ (競走馬)

    ブエナビスタ (競走馬)から見たウオッカウオッカ

    2世代上のウオッカやダイワスカーレットに続く、牝馬時代を支えた名牝である。草野仁が一口馬主として出資していることでも知られる。ブエナビスタ (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • ダイワスカーレット

    ダイワスカーレットから見たウオッカウオッカ

    同世代のウオッカと激しい争いを繰り広げ、ともに牝馬ながら牡馬とも互角以上に渡り合った。デビュー戦から引退まで12戦8勝・2着4回とすべての出走レースで連対を果たした。デビューから引退までの12戦連続連対はJRA所属の牝馬としては最多記録となっている(最多記録は19戦連対のシンザン)。ダイワスカーレット フレッシュアイペディアより)

  • タニノギムレット

    タニノギムレットから見たウオッカウオッカ

    故障を受けて、急遽馬主の谷水雄三、社台グループの吉田勝己、調教師の松田国英の間で話し合いが持たれ、総額16億2000万円のシンジケートが組まれ、北海道安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬となることが決まった。産駒は2006年から走り始め、初年度産駒のウオッカが第58回阪神ジュベナイルフィリーズを制して産駒の初GI勝ちを収め、さらに翌2007年には、父と同じ「2枠3番」で64年ぶりの牝馬の東京優駿優勝を達成するなど、好調な出足を見せた。ウオッカとの父仔東京優駿制覇は史上5組目であり、父?娘の関係では史上初となる。ウオッカをはじめとする初年度産駒が活躍したこともあり、同年は240頭に種付けを行った。この種付け頭数は当年の国内2位であった。なおウオッカは2008年、2009年度のJRA賞年度代表馬となっている。タニノギムレット フレッシュアイペディアより)

  • スーパーホーネット

    スーパーホーネットから見たウオッカウオッカ

    2008年10月12日、第59回毎日王冠に出走、レースでは逃げを打ったウオッカを最終直線の最後の2ハロンで捉え、頭差差し切って勝利した。続く第25回マイルチャンピオンシップでは大外から猛追するもブルーメンブラットを捕らえ切れず2着に敗れた。その後香港へ遠征し、12月14日の香港マイルに出走したが、5着に終わった。スーパーホーネット フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本競馬

    2010年の日本競馬から見たウオッカウオッカ

    【JRA】 3月27日にドバイで開催される「ドバイワールドカップ」(オールウェザー2000m)にウオッカ(牝6歳、栗東:角居勝彦厩舎)が、「ドバイシーマクラシック」(芝2410m)にレッドディザイア(牝4歳、栗東:松永幹夫厩舎)がそれぞれ正式に出走することがJRAから発表された。なおウオッカはこれが引退レースとなる。また「ドバイシーマクラシック」にはブエナビスタ(牝4歳、栗東:松田博資厩舎)が出走することが既に決定している。2010年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 天皇賞

    天皇賞から見たウオッカウオッカ

    春の天皇賞が古馬の芝3200メートルで施行するのとは違い3歳(旧4歳)以上で更に現代競馬では主流ともいえる芝2000メートルで施行される事からマイラーからステイヤーまで多くの有力馬が出走し、ジャパンカップや有馬記念を凌ぐ豪華なメンバーが揃う事が多々ある。また3歳(旧4歳)馬もクラシック登録なしでも出走可能であることや馬の疲労や距離適性を考慮してレースを選択するという近代競馬の価値観の流れから菊花賞の芝3000メートルの距離を嫌い出走してくる傾向が増えている。ほかにもマイルチャンピオンシップ等、短距離路線へのステップとして出走したマイラー競走馬が好走する傾向がありマイルGI優勝馬が優勝することもある。またエリザベス女王杯の古馬開放後は牝馬の出走頭数が少なくなったもののウオッカやブエナビスタなど牡馬と互角以上の実績を持つ牝馬が出走してくる傾向にあり、ここを優勝した牝馬はいずれも秋古馬三冠路線を歩んでいる。天皇賞 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本競馬

    2007年の日本競馬から見たウオッカウオッカ

    11月11日 - 第5回京都競馬第4日第11競走(第32回エリザベス女王杯)で、勝馬投票券単勝式一番人気であったウオッカがレース当日の朝に右寛跛行により出走を取り消した。これにより、同馬絡みの勝馬投票券の売り上げ15億円は返還となった。2007年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

134件中 11 - 20件表示

「ウオッカ」のニューストピックワード