120件中 11 - 20件表示
  • 第53回有馬記念

    第53回有馬記念から見たウオッカウオッカ

    ファン投票20位以内の馬のうち、1位のウオッカと5位のディープスカイ、6位のオウケンブルースリはジャパンカップ後休養にあてるため回避した。地方からはコスモバルクが出走を表明していた。外国馬の登録はなかった。第53回有馬記念 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーホーネット

    スーパーホーネットから見たウオッカウオッカ

    2008年10月12日、第59回毎日王冠に出走、レースでは逃げを打ったウオッカを最終直線の最後の2ハロンで捉え、頭差差し切って勝利した。続く第25回マイルチャンピオンシップでは大外から猛追するもブルーメンブラットを捕らえ切れず2着に敗れた。その後香港へ遠征し、12月14日の香港マイルに出走したが、5着に終わった。スーパーホーネット フレッシュアイペディアより)

  • メイショウサムソン

    メイショウサムソンから見たウオッカウオッカ

    12月6日に第52回有馬記念ファン投票の最終結果で2位となる10万2560票を獲得したことが発表された。約3000票差でウオッカに1位を譲ってしまったがこの結果に高橋成師は「女の子には花を持たせないとね。ここでの写真判定は負けていい」といった発言をし、グランプリへの意気込みを語っていた。しかしレースではスタート直後に武が手綱をしごいても前に馬が行かず、前走以上に控えたポジションになってしまった。また向正面で既に大外を回っており、最終コーナーでもそのまま大外を通ったことなども響いたのか肩ムチを入れても直線でスピードに乗らずに結局経済コースとスローペースの展開を生かしきった伏兵・マツリダゴッホの8着と惨敗した。なおこのレースまでにGI競走を4勝している同馬だが、このレースでは条件馬のレゴラスにも先着を許すことになった。鞍上の武豊は敗因について「理由は全然わからない」とコメントし、調教師の高橋は「まさか、ウオッカをマークする形になるとはね…。展開かな。前残りで流れに変化がないレースだった。調子がまずいということもなかった。原因がよく分からない」とコメントしている。この敗北で4歳シーズンでは初めて複勝圏と掲示板から外れることになった。メイショウサムソン フレッシュアイペディアより)

  • ディープスカイ

    ディープスカイから見たウオッカウオッカ

    4月には3歳クラシック初戦の皐月賞を控えたが、昆は同競走の回避を選択し、条件戦出走時から目標に据えていた5月のNHKマイルカップへ向かった。当日は1番人気に支持されると、道中では後方2、3番手の位置から、最後の直線で馬場の内側を抜け出して優勝。GI級 (JpnI) 競走初勝利を飾った。この勝利は厩舎、馬主、生産者にとっても初めてのGI級競走勝利となった。レース後、四位は「是非、この馬でダービーに出たい」と昨年のウオッカに続く東京優駿連覇に意欲を示した。関係者間の協議の結果、中2週での東京優駿への出走が決定した。ディープスカイ フレッシュアイペディアより)

  • スクリーンヒーロー

    スクリーンヒーローから見たウオッカウオッカ

    3週間後の11月30日、ジャパンカップでGIに初出走。実績のあるディープスカイ、ウオッカ、メイショウサムソンなどが人気を集める中、ミルコ・デムーロ騎乗のスクリーンヒーローは単勝41倍、9番人気の伏兵だった。レースは前半1000メートル通過が61秒8というスローペースとなり、3、4番手を進んだウオッカは掛かり気味に。道中行きたがる素振りを見せる馬が多い中、スクリーンヒーローはスムーズに好位を追走。直線で先頭に立つと、外から追い込んできたディープスカイを半馬身抑えて優勝した。スクリーンヒーロー フレッシュアイペディアより)

  • カントリー牧場

    カントリー牧場から見たウオッカウオッカ

    実業家の谷水信夫が1963年に創業、生産馬に対して厳しい鍛錬を課す育成方針で、1960年代後半から1970年代前半までにマーチス、タニノハローモア、タニノムーティエ、タニノチカラといった八大競走優勝馬を生産した。1973年より息子の谷水雄三が後を継ぎ、この頃から一時成績が低迷したが、2000年代に入って再びタニノギムレット、ウオッカ、ビッグウィークといったGI級競走優勝馬を輩出した。ウオッカは2011年にJRA顕彰馬に選出されている。カントリー牧場 フレッシュアイペディアより)

  • ダイワスカーレット

    ダイワスカーレットから見たウオッカウオッカ

    同世代のウオッカと激しい争いを繰り広げ、ともに牝馬ながら牡馬とも互角以上に渡り合った。デビュー戦から引退まで12戦8勝・2着4回とすべての出走レースで連対を果たした。デビューから引退までの12戦連続連対はJRA所属の牝馬としては最多記録となっている(最多記録は19戦連対のシンザン)。ダイワスカーレット フレッシュアイペディアより)

  • ブエナビスタ (競走馬)

    ブエナビスタ (競走馬)から見たウオッカウオッカ

    2世代上のウオッカやダイワスカーレットに続く、牝馬時代を支えた名牝である。草野仁が一口馬主として出資していたことでも知られる。ブエナビスタ (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • タニノギムレット

    タニノギムレットから見たウオッカウオッカ

    産駒は2006年から走り始め、初年度産駒のウオッカが第58回阪神ジュベナイルフィリーズを制して産駒の初GI勝ちを収め、さらに翌2007年には、父と同じ「2枠3番」で64年ぶりの牝馬の東京優駿優勝を達成するなど、好調な出足を見せた。ウオッカとの父仔東京優駿制覇は史上5組目であり、父?娘の関係では史上初となる。ウオッカをはじめとする初年度産駒が活躍したこともあり、同年は240頭に種付けを行った。この種付け頭数は当年の国内2位であった。なおウオッカは2008年、2009年度のJRA賞年度代表馬となっている。タニノギムレット フレッシュアイペディアより)

  • 角居勝彦

    角居勝彦から見たウオッカウオッカ

    重賞競走初勝利は、2002年の東京スポーツ杯2歳ステークスのブルーイレヴン。その後、デルタブルース、カネヒキリ、ウオッカ、ヴィクトワールピサなどのGI馬を管理すると共に、2005年から2014年にかけて「最多賞金獲得調教師賞」もしくは「最多勝利調教師賞」を幾度も獲得している(「表彰歴」の節を参照)。角居勝彦 フレッシュアイペディアより)

120件中 11 - 20件表示

「ウオッカ」のニューストピックワード