120件中 31 - 40件表示
  • アルマダ (競走馬)

    アルマダ (競走馬)から見たウオッカウオッカ

    約1年ぶりとなる長期休養明け初戦は2008年3月のクイーンズシルヴァージュビリーカップ(香港G1)となったが、再びグッドババに敗れての8着だったが、休み明け2戦目のチェアマンズトロフィー(香港G2)を制して重賞競走3勝目を挙げた。次のチャンピオンズマイルでは2番人気に支持されたが、またしてもグッドババに敗れての2着だった。レース後の5月28日には安田記念に出走するため同じく同レースに出走するグッドババとブリッシュラックらと共に初来日し、安田記念に向けて競馬学校で調整された。6月8日に行われた安田記念では、勝ったウオッカには3馬身半差をつけられるものの、2着に入り、出走した香港馬の中では最先着を果たしている。アルマダ (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • 第86回凱旋門賞

    第86回凱旋門賞から見たウオッカウオッカ

    日本からはウオッカとメイショウサムソンが参戦を表明していたが、前者は球節炎、後者は馬インフルエンザ発生の影響によりいずれも遠征を断念したため、2年ぶりに日本調教馬の出走なしで行われた。第86回凱旋門賞 フレッシュアイペディアより)

  • トーセンキャプテン

    トーセンキャプテンから見たウオッカウオッカ

    同厩舎のウオッカと共にクラシック戦線に名乗りを挙げたが、皐月賞への調整途上で右脚第3足根骨板状骨折を発症してしまい、クラシック戦線から離脱を余儀なくされると共に、その後1年間休養を強いられることとなった。トーセンキャプテン フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ (競走馬)

    ウオッカ (競走馬)から見たウオッカウオッカ

    ウオッカ (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • フィンシャルベオ

    フィンシャルベオから見たウオッカウオッカ

    2008年初戦はドバイデューティーフリーに出走。16頭中5着とまずまずの結果であったが、ダルジナやウオッカといった有力牝馬に先着を許した。その後はタタソールズゴールドカップでデュークオブマーマレードの2着、クイーンアンステークスでは1番人気に推されるもハラダサンの3着と善戦するものの勝ちきれていなかった。続くプリティーポリーステークスでは9着、ファルマスステークスでは7着、準重賞のダンスデザインステークスでは3着に終わった。その後競走馬を引退、繁殖牝馬となった。フィンシャルベオ フレッシュアイペディアより)

  • ダルジナ

    ダルジナから見たウオッカウオッカ

    2008年のドバイデューティーフリーに一次登録を行い、3月29日に行われる同レースに出走した。レースでは、ロスの少ない内側から一度は抜けて先頭に立ち、そのまま押し切ると思われたが、逃げたジェイペグの二の脚にゴール前で捕まえられて2着と惜敗。しかし、同じ四歳牝馬のウオッカやフィンシャルベオらや、牡馬のリテラトやアドマイヤオーラには先着した。ダルジナ フレッシュアイペディアより)

  • アーキペンコ

    アーキペンコから見たウオッカウオッカ

    古馬となっての2戦目のアル・ファヒディ・フォート(G2)を制して久々に勝利を挙げると、続くドバイデューティーフリーで3着(日本調教馬のウオッカ、アドマイヤオーラに先着)と善戦した。その後は香港へ転戦し、クイーンエリザベス2世カップを制してG1競走初勝利を挙げた。続いてアーリントンミリオンステークスに出走するも2着とG1連勝はならなかった。アーキペンコ フレッシュアイペディアより)

  • 東原 亜希

    東原亜希から見たウオッカウオッカ

    2007年4月から同年12月までサンケイスポーツ紙面に競馬コラムを連載していた。好きな馬はウオッカ。自身が馬券を買って初めて当たった馬である。『うまなで』の番組内企画でバランスボールゲームに勝った騎手の吉田隼人にモーニング・コールをすることになり、寝起きドッキリの末にモーニング・コールをかける場面が放送された。東原は「今度は食事でも」と言い、吉田はVTRで「早く起こされたけど嬉しかった」と答えていたが、番組キャラクターの「うまなでさん」から「実は吉田騎手は沢尻エリカが一番好み」と聞かされ、ショックを受けたと語っている。東原亜希 フレッシュアイペディアより)

  • インタグリオー

    インタグリオーから見たウオッカウオッカ

    シラオキはコダマ(年度代表馬)、シンツバメ(皐月賞)の兄弟馬を産んだが、シラオキの子孫の出世頭はスペシャルウィーク(JRA賞特別賞)。シスタートウショウ(最優秀4歳牝馬)、ヒデハヤテ(最優秀3歳牡馬)、マチカネフクキタル(菊花賞)、ウオッカ(JRA顕彰馬)もシラオキ系。インタグリオー フレッシュアイペディアより)

  • レダ (競走馬)

    レダ (競走馬)から見たウオッカウオッカ

    秋の天皇賞を優勝した牝馬はヒサトモ、トウメイ、プリテイキャスト(以上長距離レース時代)、(以下競走距離変更以後)エアグルーヴ、ヘヴンリーロマンス、ウオッカ、ブエナビスタなどがいるが、春の天皇賞を優勝した牝馬は2014年現在レダ1頭のみである。レダ (競走馬) フレッシュアイペディアより)

120件中 31 - 40件表示

「ウオッカ」のニューストピックワード