134件中 31 - 40件表示
  • 主戦騎手

    主戦騎手から見たウオッカウオッカ

    ウオッカ:四位洋文(初代)、武豊(2代)主戦騎手 フレッシュアイペディアより)

  • 清山宏明

    清山宏明から見たウオッカウオッカ

    その後角居厩舎所属となり、ウオッカ等の調教を担当する。清山宏明 フレッシュアイペディアより)

  • 第67回桜花賞

    第67回桜花賞から見たウオッカウオッカ

    1番人気は前走のチューリップ賞でダイワスカーレットを負かして断然人気に押されたウオッカ。四位洋文騎手とのコンビで挑む。2番人気は前走の報知杯フィリーズレビューを制して堂々と駆け抜けてきた武豊騎乗のアストンマーチャン。3番人気はダイワスカーレット。以下、ショウナンタレント、エミーズスマイル(地方馬)が続いた。第67回桜花賞 フレッシュアイペディアより)

  • ベイリーズ・オリジナル・アイリッシュ・クリーム

    ベイリーズ・オリジナル・アイリッシュ・クリームから見たウオッカウオッカ

    ウオッカ15ml、フランジェリコ20ml、ベイリーズ20mlをシェークし、カクテル・グラスに注ぐ。ベイリーズ・オリジナル・アイリッシュ・クリーム フレッシュアイペディアより)

  • 第48回宝塚記念

    第48回宝塚記念から見たウオッカウオッカ

    この年の天皇賞(春)を制し、この競走後は凱旋門賞への出走を計画している前年の牡馬二冠馬メイショウサムソン、そのメイショウサムソンに前年は苦杯をなめたが、この年の海外G1ドバイデューティーフリーを制しメイショウサムソンに雪辱を誓うアドマイヤムーン、同じくこの年の海外G1シンガポール航空国際カップを制したシャドウゲイト、その前年度優勝馬コスモバルク、前年度JRA賞最優秀短距離馬で前走の安田記念を制したGI競走4勝馬ダイワメジャー、前年の牝馬二冠馬カワカミプリンセス、そして64年振りに牝馬としてこの年の日本ダービーを制し、メイショウサムソンと共に凱旋門賞への出走も視野に入れているウオッカと実に7頭ものGI・JpnI馬が参戦し、他にも目黒記念優勝馬ポップロック、この年の日本ダービー2着できさらぎ賞優勝馬アサクサキングス、中山記念優勝馬ローエングリンなどこの年の重賞戦線の中心となった馬が名を揃えた。同競走史上初となるフルゲート(最大出走可能頭数)18頭立てとなり、18頭中17頭が重賞優勝馬という春の「グランプリ」に相応しい陣容となった。単勝人気はウオッカ、メイショウサムソン、アドマイヤムーンの順に続いた。第48回宝塚記念 フレッシュアイペディアより)

  • アストンマーチャン

    アストンマーチャンから見たウオッカウオッカ

    2006年7月、鞍上に武豊を迎え小倉競馬場でデビュー。新馬戦こそクビ差及ばず2着に敗れるも、和田竜二に乗り替わった2戦目の未勝利戦で単勝1.3倍の人気に応えて順当に勝ち上がった。続く小倉2歳ステークスではフェニックス賞を制したシルバーストーンに人気が集まり、アストンマーチャンは3番人気であった。レースは序盤の3ハロンの通過タイムが32秒5というハイペースで展開する中、2番手を追走。4コーナーで先頭に立つと、そのまま2馬身半差を付けると言う力強い競馬で重賞初制覇を果たした。更に、鞍上の鮫島良太にとってもこれが重賞初勝利であった。この後はファンタジーステークスに出走。鞍上が再び武に乗り替わったものの有力馬が揃ったことや距離延長も不安視され、3番人気に留まった。道中では好位につけ直線半ばから一気に抜け出し、イクスキューズに5馬身差を付け勝利を飾った。レース中に左後脚を落鉄したにも拘らず、勝ち時計は1分20秒3。2歳レコードでの重賞連覇だった。そして迎えたGI競走の阪神ジュベナイルフィリーズでは圧倒的1番人気に推され最後の直線では早めに先頭に立ち押し切るかと思われたが、最後にウオッカに交わされ2着に敗れた。アストンマーチャン フレッシュアイペディアより)

  • アサクサキングス

    アサクサキングスから見たウオッカウオッカ

    迎えた日本ダービーでは皐月賞・NHKマイルカップ共に敗退という結果を受け14番人気と評価を落としていたが、ヴィクトリーが少し出遅れたこともありスムーズに先頭に立つとそのまま直線に入り、最後はウオッカに交わされながらも2着に入った。アサクサキングス フレッシュアイペディアより)

  • トウショウ牧場

    トウショウ牧場から見たウオッカウオッカ

    コーニストウショウ(シスタートウショウ・トウショウオリオンの母、シーイズトウショウの祖母、ウオッカの曾祖母・2005年死亡)トウショウ牧場 フレッシュアイペディアより)

  • 第52回有馬記念

    第52回有馬記念から見たウオッカウオッカ

    ハナを奪ったのはダイワスカーレット。そのあとをマツリダゴッホ、サンツェッペリン、チョウサン、ロックドゥカンブ、ダイワメジャー、ポップロックなどが続き、ウオッカや、比較的前からレースをすると思われていたメイショウサムソンも後ろ目を通らされることとなった。レースはスタンド正面前に入るコーナーでチョウサンがダイワスカーレットに変わってハナに立ち、レースは1000m通過が60秒台と、スローペースとなる。第52回有馬記念 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本競馬

    2006年の日本競馬から見たウオッカウオッカ

    阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神競馬場・12月3日)優勝:ウオッカ(騎手:四位洋文)2006年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

134件中 31 - 40件表示

「ウオッカ」のニューストピックワード