120件中 41 - 50件表示
  • サンツェッペリン

    サンツェッペリンから見たウオッカウオッカ

    この2着で東京優駿(日本ダービー)の優先出走権を手にし、3歳馬最高峰を目指すことになったが、迎えた東京優駿では、皐月賞2着ながらも9番人気と評価は低かった。レースでは、先行し、逃げたアサクサキングスを捕らえることはできず、勝ったウオッカなど後続にも交わされはしたが4着に粘り、皐月賞に続いて人気を覆した。レース後は放牧に出され、8月18日に帰厩し、秋は神戸新聞杯から菊花賞に出走を予定し、神戸新聞杯の出走1週間前に栗東トレーニングセンター入りし菊花賞出走後まで滞在する見込みであったが、馬インフルエンザ騒動により移動が規制された為に当初のローテーションが白紙化され、9月23日のオールカマーに出走したが、9着に敗れた。さらにその後、第68回菊花賞に出走するものの、14着に大敗した。なお、第1希望で香港ヴァーズ、第2希望で香港カップに予備登録を行っていたが回避した。菊花賞後は第52回有馬記念への出走。しかし、最下位となる15着に敗れた。(16頭の出馬であったがフサイチパンドラが出走取消のため15頭で開催。)サンツェッペリン フレッシュアイペディアより)

  • コンデュイット

    コンデュイットから見たウオッカウオッカ

    凱旋門賞後の10月29日、翌2010年から日本のビッグレッドファームで種牡馬となることが発表された。その後、ブリーダーズカップ・ターフでは道中最後方追走から徐々に進出すると、大逃げを打ったプレシャスパッションをゴール前で交わして優勝、史上2頭目の連覇を飾った。引退レースとなったジャパンカップでは同年キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス・BCターフの覇者の参戦ということで大いに注目が集まった。人気もウオッカ、オウケンブルースリに次ぐ3番人気となった。道中はやや後方待機で直線で追い上げるも、ウオッカ、オウケンブルースリをとらえられず、レッドディザイアに交わされ4着に敗れた。コンデュイット フレッシュアイペディアより)

  • My sweet ウマドンナ 〜僕は君のウマ〜

    My sweet ウマドンナ 〜僕は君のウマ〜から見たウオッカウオッカ

    名前は蒸留酒であるウォッカをウクライナ語で「ホリールカ()」と呼ぶことに由来する。また、この少女の謎な部分、そして「2」で鼻出血をするというエピソードは、競走馬のウオッカが2009年の有馬記念の出走回避及び引退の原因となったのが鼻出血であることに由来している。My sweet ウマドンナ 〜僕は君のウマ〜 フレッシュアイペディアより)

  • 中田征男

    中田征男から見たウオッカウオッカ

    息子の中田陽之は調教助手で、ウオッカを担当しており、2007年には親子で第86回凱旋門賞に挑戦となることが話題となったが、ともに断念し実現しなかった。中田征男 フレッシュアイペディアより)

  • 脚質

    脚質から見たウオッカウオッカ

    代表的な差し馬はナリタブライアンやエアグルーヴ、ステイゴールド、スペシャルウィーク、グラスワンダー、シンボリクリスエス、ウオッカ、アパパネ、ルーラーシップ、オルフェーヴル、ジャスタウェイなど。脚質 フレッシュアイペディアより)

  • スマイルジャック

    スマイルジャックから見たウオッカウオッカ

    続くクラシック第2戦、父仔2代制覇、前年のウオッカに続くタニノギムレット産駒の連覇を目指した東京優駿では12番人気と皐月賞での敗戦などで大きく人気を落としていた。道中は逃げ馬を見ながら好位でレースを進め、直線では一旦完全に抜け出し後続を突き放しにかかったが、ラスト100mあたりで大外から一気に強襲したディープスカイにかわされ2着となった。低評価を覆しての好走で、この結果3連単は20万馬券という高配当となった。秋は菊花賞トライアルの神戸新聞杯から始動。しかし、9着に敗れた。そして迎えた本番、菊花賞。レースでは先行集団に位置し、4コーナーでまくって先頭に立つがその後失速し、16着に敗れた。その後は菊花賞から大幅な距離短縮となった初の古馬との対戦マイルチャンピオンシップでは岩田康誠に乗り替わったが11着に敗れた。スマイルジャック フレッシュアイペディアより)

  • ルーマニア料理

    ルーマニア料理から見たウオッカウオッカ

    ルーマニアでは小麦や大麦の生産が盛んなため、ビールやウオッカが生産されている。ビールの価格は水と同程度であり、非常に安い。しかしながら、最も好まれる酒はワインである。全土がブドウの栽培北限の南にあり、ワイン栽培面積は世界18位、輸出量は9位で、品質も高い。ルーマニア料理 フレッシュアイペディアより)

  • シーイズトウショウ

    シーイズトウショウから見たウオッカウオッカ

    伯母に桜花賞馬シスタートウショウ、伯父に北九州記念の勝ち馬トウショウオリオンがおり、その他の近親にダービー馬ウオッカなどがいる。シーイズトウショウ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト系

    ロベルト系から見たウオッカウオッカ

    | |タニノギムレット 1999 → ウオッカ 2004ロベルト系 フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤフジ

    アドマイヤフジから見たウオッカウオッカ

    夏場を休養にあて、秋は毎日王冠から始動した。ウオッカを始めとした人気馬が揃ったことで、人気は10番人気と奮わなかった。しかし先行してよく粘り、スーパーホーネットの3着に入っている。本番の天皇賞(秋)でも先行したが、ウオッカから0.8差の11着に敗れた。その後はダートの調教での動きが良いことから、初のダート戦となるジャパンカップダートに出走した。しかしここでは砂をかぶったことで3コーナーから後退。勝ったカネヒキリから3秒以上離され、ブービーの14着に敗れることとなった。アドマイヤフジ フレッシュアイペディアより)

120件中 41 - 50件表示

「ウオッカ」のニューストピックワード