120件中 51 - 60件表示
  • 2006年の日本競馬

    2006年の日本競馬から見たウオッカウオッカ

    阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神競馬場・12月3日)優勝:ウオッカ(騎手:四位洋文)2006年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • ブルーメンブラット

    ブルーメンブラットから見たウオッカウオッカ

    ヴィクトリアマイルでは早めに抜け出すもエイジアンウインズとウオッカに差され、3着に終わる。ブルーメンブラット フレッシュアイペディアより)

  • 鮫島克也

    鮫島克也から見たウオッカウオッカ

    ウオッカ(2006年10月29日、京都競馬第6競走の新馬戦において騎乗し勝利)鮫島克也 フレッシュアイペディアより)

  • STARHORSE2

    STARHORSE2から見たウオッカウオッカ

    2007年のクラシック世代が追加。ウオッカ、ダイワスカーレットなどが登場。STARHORSE2 フレッシュアイペディアより)

  • クリフジ

    クリフジから見たウオッカウオッカ

    その後は東京優駿競走(6馬身)、阪神優駿牝馬(10馬身)、京都農商省賞典四歳呼馬(大差・本レース及び、後の菊花賞における唯一の大差勝利記録)を勝ち変則クラシック三冠を達成した。ほかに横浜記念(10馬身)の勝鞍もあり、出走した11戦全勝でしかもそのうち7戦が着差10馬身以上という圧倒的な強さを誇った。特に東京優駿競走ではスタートで大きく出遅れの勝利で、このとき鞍上の前田はゴール前で他馬の脚音が全く聞こえなくなったので何かあったのではないかと気になり何度も後ろを振り返ったという。また、レース後の口取りで栗林はレース後なのにクリフジの息が全く乱れていなかったことに驚いたという。なお、牝馬による東京優駿(日本ダービー)の制覇はこの後2007年にウオッカが勝利するまでの64年間、現れることはなかった。クリフジ フレッシュアイペディアより)

  • ミッキーアイル

    ミッキーアイルから見たウオッカウオッカ

    2013年9月7日の2歳新馬でデビュー。2番人気に支持され2着に敗れる。続く未勝利戦で逃げを打ち、ウオッカが保持していた2歳芝1600mの日本レコードを更新する1分32秒3のタイムで2着馬に5馬身差をつけ勝利した。出走を予定していた朝日杯フューチュリティステークスは賞金不足で除外となり、その前日のひいらぎ賞に出走。このレースでもハナを切り、2着馬に3馬身半差をつけ勝利した。なお勝ち時計は同距離で行われる翌日の朝日杯フューチュリティステークスのタイム(1分34秒7)をコンマ5秒上回るもの(1分34秒2)であった。ミッキーアイル フレッシュアイペディアより)

  • タチアナ (虎)

    タチアナ (虎)から見たウオッカウオッカ

    警察の記録によると、負傷した兄弟の車からウオッカの瓶を発見したことと、タチアナに投げつけられたと推定される松ぼっくりと棒切れを発見したことを報じた。3人とも大麻を吸引していて、動物園まで飲酒の上で車を運転していた。ソーサの血中アルコール濃度は0.02に達していて、ダリワル兄弟も事件当時酔っていたことが示唆されていた。クルビルの所持する車からは少量のマリファナが発見された。タチアナ (虎) フレッシュアイペディアより)

  • HORSERIDERS

    HORSERIDERSから見たウオッカウオッカ

    このゲームではホースカードと呼ばれるカードを使用して競走馬を操作したり調教して育成したりすることができる。カード化されている競走馬はグリーングラスやシンボリルドルフなどの1970年代・1980年代の馬からディープインパクトなどの最近の馬までと幅広い。またウオッカやメイショウサムソンといった、稼動開始時点における現役競走馬も多数含まれる。HORSERIDERS フレッシュアイペディアより)

  • ホウヨウボーイ

    ホウヨウボーイから見たウオッカウオッカ

    そして、引退レースの有馬記念では、同じ厩舎のアンバーシャダイの前に2馬身半差の2着に敗れた。それでも、ホウヨウボーイは2年連続で年度代表馬となった。2014年現在、年度代表馬に2年連続で輝いたのは同馬の他には、シンザン、シンボリルドルフ、シンボリクリスエス、ディープインパクト、ウオッカの5頭のみである。ホウヨウボーイ フレッシュアイペディアより)

  • エイジアンウインズ

    エイジアンウインズから見たウオッカウオッカ

    次走、かねて目標としたヴィクトリアマイルに出走。鞍上には本馬初騎乗となる藤田伸二を迎えた。当日は、前年の東京優駿(日本ダービー)優勝牝馬ウオッカに人気が集中し、本馬は5番人気の評価であった。しかし道中中団の位置から、直線半ばで馬群を割って抜け出し、ゴール前追い込んだウオッカ、ブルーメンブラットを振り切って優勝。管理調教師の藤原と共に、GI級(JpnI)競走初勝利を挙げた。馬主の太田にとっても、ウイニングチケット(1993年東京優駿)以来のGI級競走勝利となった。エイジアンウインズ フレッシュアイペディアより)

120件中 51 - 60件表示

「ウオッカ」のニューストピックワード