134件中 51 - 60件表示
  • 父内国産馬

    父内国産馬から見たウオッカウオッカ

    しかし、1980年代半ばから、前述の日本国外から輸入された種牡馬(主にサンデーサイレンス、ブライアンズタイム、トニービンなど)の産駒で、日本で好成績を残した馬の多くが種牡馬となり、これらの内国産種牡馬産駒数も増加し、日本の競馬環境への適合度から、GIII(JpnIII) - GII(JpnII)クラスの重賞レースの制覇はもとより、中にはGI(JpnI)クラスのレースを複数制覇した馬も出現するようになった。制度の末期の2005年頃には、外国産馬の出走可能な混合レースで、マル父の表記がされた馬が出走馬の半数以上を占めることも多くなった。制度末年の2007年には、タニノギムレット産駒のウオッカが牝馬による64年ぶりの東京優駿(日本ダービー)制覇(親子制覇でもある)を成し遂げ、引退までにGIレース7勝を挙げている。制度廃止後、2010年代に入ると重賞競走の出走馬全頭が父内国産という事例も多くなっている父内国産馬 フレッシュアイペディアより)

  • インタグリオー

    インタグリオーから見たウオッカウオッカ

    シラオキはコダマ(年度代表馬)、シンツバメ(皐月賞)の兄弟馬を産んだが、シラオキの子孫の出世頭はスペシャルウィーク(JRA賞特別賞)。シスタートウショウ(最優秀4歳牝馬)、ヒデハヤテ(最優秀3歳牡馬)、マチカネフクキタル(菊花賞)、ウオッカ(JRA顕彰馬)、ブエナビスタ(桜花賞、優駿牝馬ほか)もシラオキ系。インタグリオー フレッシュアイペディアより)

  • エイジアンウインズ

    エイジアンウインズから見たウオッカウオッカ

    次走、かねて目標としたヴィクトリアマイルに出走。鞍上には本馬初騎乗となる藤田伸二を迎えた。当日は、前年の東京優駿(日本ダービー)優勝牝馬ウオッカに人気が集中し、本馬は5番人気の評価であった。しかし道中中団の位置から、直線半ばで馬群を割って抜け出し、ゴール前追い込んだウオッカ、ブルーメンブラットを振り切って優勝。管理調教師の藤原と共に、GI級(JpnI)競走初勝利を挙げた。馬主の太田にとっても、ウイニングチケット(1993年東京優駿)以来のGI級競走勝利となった。エイジアンウインズ フレッシュアイペディアより)

  • インテリパワー

    インテリパワーから見たウオッカウオッカ

    父ルションはムーラン・ド・ロンシャン賞、サセックスステークスを勝っている。日本ダービー馬ウオッカの母の父でもある。インテリパワー フレッシュアイペディアより)

  • 第54回有馬記念

    第54回有馬記念から見たウオッカウオッカ

    まず、ファン投票1位のウオッカはジャパンカップ(優勝)レース中に鼻出血を発症し、規定により出走ができなくなっていた。このほか、3位の東京優駿馬・ロジユニヴァースは体調が整わないため、7位のオウケンブルースリ、9位の秋華賞馬・レッドディザイアは休養に入るため出走回避した。また、6位のスクリーンヒーローはジャパンカップのレース後に屈腱炎を発症し引退が表明された。第54回有馬記念 フレッシュアイペディアより)

  • カツラノハイセイコ

    カツラノハイセイコから見たウオッカウオッカ

    1981年のマイラーズカップは直線で外から一気に追い込んで勝利したものだが、そのマイラーズカップには1年後輩のダービー馬であるオペックホースも出走(4着)していた。これ以後、1600メートルの重賞でのダービー馬対決は2009年の安田記念(ウオッカ対ディープスカイ)まで実現しなかった。カツラノハイセイコ フレッシュアイペディアより)

  • カジノドライヴ

    カジノドライヴから見たウオッカウオッカ

    フェブラリーステークス後の2月24日に再びミホ分場に移動して6日間の輸出検疫を受けて、当初は帯同馬無しでドバイに遠征する予定であったが、関西馬のバンブーエールがドバイゴールデンシャヒーンに選出されたため、共に美浦トレーニングセンターで検疫を受け3月16日の成田空港発のチャーター便で出国した。ドバイワールドカップでの鞍上は当初ピーターパンステークスで騎乗したケント・デザーモに騎乗を打診したが当日はフロリダダービーに騎乗するために断られ、オーナーの希望により引き続き安藤勝己で挑むことになった。そして迎えた3月28日のドバイワールドカップでは8着という結果に終わり、レース後の4月2日に同じくドバイ遠征を行っていたウオッカとバンブーエールと共に関西国際空港に帰国し、検疫のために三木ホースランドパークに入厩した。しかし、その後左前脚に重度の屈腱炎を発症していることが発覚。5月1日にJRA競走馬総合研究所常磐支所へ移動し、幹細胞移植の手術を受けることになった。カジノドライヴ フレッシュアイペディアより)

  • カワカミプリンセス

    カワカミプリンセスから見たウオッカウオッカ

    続く宝塚記念では、4コーナーで先頭に立ち、見せ場はつくるものの、先行馬が崩れる厳しい展開で粘りきれず6着に敗れた。しかし、3歳牝馬で同年の東京優駿(日本ダービー)に優勝したウオッカには先着し、意地は見せた。カワカミプリンセス フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ギブソン

    リチャード・ギブソンから見たウオッカウオッカ

    2007年、凱旋門賞挑戦を計画していたメイショウサムソンとウオッカを受け入れる予定であった(のちに両馬とも遠征断念)。リチャード・ギブソン フレッシュアイペディアより)

  • コンデュイット

    コンデュイットから見たウオッカウオッカ

    凱旋門賞後の10月29日、翌2010年から日本のビッグレッドファームで種牡馬となることが発表された。その後、ブリーダーズカップ・ターフでは道中最後方追走から徐々に進出すると、大逃げを打ったプレシャスパッションをゴール前で交わして優勝、史上2頭目の連覇を飾った。引退レースとなったジャパンカップでは同年キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス・BCターフの覇者の参戦ということで大いに注目が集まった。人気もウオッカ、オウケンブルースリに次ぐ3番人気となった。道中はやや後方待機で直線で追い上げるも、ウオッカ、オウケンブルースリをとらえられず、レッドディザイアに交わされ4着に敗れた。コンデュイット フレッシュアイペディアより)

134件中 51 - 60件表示

「ウオッカ」のニューストピックワード