120件中 61 - 70件表示
  • ピンクカメオ

    ピンクカメオから見たウオッカウオッカ

    その後、中1週の厳しいローテーションながら優駿牝馬(オークス)に出走。当日に地方所属馬の出走がないため内田が騎乗できず、ウオッカが東京優駿(日本ダービー)に出走することであいていた四位洋文に乗り替わる。レース前から距離が長すぎるという不安が囁かれていたが、内から伸びて5着に入り掲示板を確保した。ピンクカメオ フレッシュアイペディアより)

  • 抽せん馬

    抽せん馬から見たウオッカウオッカ

    このほか、重賞こそ勝てなかったものの、中央競馬で5勝を挙げたタニノシスターは、牝馬でありながら東京優駿(日本ダービー)馬となったウオッカを出している。抽せん馬 フレッシュアイペディアより)

  • ベッラレイア

    ベッラレイアから見たウオッカウオッカ

    そして迎えた優駿牝馬では、桜花賞1着のダイワスカーレットが熱発で回避、2着のウオッカが東京優駿(ダービー)に出走を表明したため、押し出される形で1番人気に推された。レースでは今までとは違い、スタートから先行し、好位につけたまま最後の直線を迎える。最後の直線では外に持ち出し、早めに抜け出し先頭に立つものの、ローブデコルテの急襲にハナ差交わされ、2着に敗れた。ベッラレイア フレッシュアイペディアより)

  • カジノドライヴ

    カジノドライヴから見たウオッカウオッカ

    フェブラリーステークス後の2月24日に再びミホ分場に移動して6日間の輸出検疫を受けて、当初は帯同馬無しでドバイに遠征する予定であったが、関西馬のバンブーエールがドバイゴールデンシャヒーンに選出されたため、共に美浦トレーニングセンターで検疫を受け3月16日の成田空港発のチャーター便で出国した。ドバイワールドカップでの鞍上は当初ピーターパンステークスで騎乗したケント・デザーモに騎乗を打診したが当日はフロリダダービーに騎乗するために断られ、オーナーの希望により引き続き安藤勝己で挑むことになった。そして迎えた3月28日のドバイワールドカップでは8着という結果に終わり、レース後の4月2日に同じくドバイ遠征を行っていたウオッカとバンブーエールと共に関西国際空港に帰国し、検疫のために三木ホースランドパークに入厩した。しかし、その後左前脚に重度の屈腱炎を発症していることが発覚。5月1日にJRA競走馬総合研究所常磐支所へ移動し、幹細胞移植の手術を受けることになった。カジノドライヴ フレッシュアイペディアより)

  • グラディアトラス

    グラディアトラスから見たウオッカウオッカ

    4歳となり、転厩初戦の約1年3ヶ月ぶりの実戦となった1月22日のジャガー・XFトロフィー(一般競走)に見習い騎手のアーマド・アジュテビが騎乗して出走し、転厩後初勝利を挙げた。続く2月19日のアルファヒディフォート (G2) はロイストン・フレンチが騎乗して勝利し、重賞競走初勝利を挙げた。そして迎えた3月28日のドバイデューティーフリーでは再びアジュテビが騎乗し、イギリスブックメーカーが設定した1番人気馬のアーチペンコ、前年の覇者のジェイペグ、前年のフォレ賞勝ち馬のパコボーイ、前走ガルフストリームパークターフハンデキャップ勝ち馬のキップデヴィル、そして日本から挑戦するウオッカといった各国のG1競走勝ち馬が揃い、当時重賞競走1勝馬だった当馬はそれらの強豪馬に比べてレース前は目立たない存在だった。しかしレースでは、スタートからウオッカを2番手に抑える逃げの体勢でレースを進め、そのまま他馬を寄せ付けずに2着となったプレスヴィスに3馬身1/4差をつけて勝利し、G1競走初勝利を挙げた。レース後はゴドルフィンの所有馬となったことによりサイード・ビン・スルール厩舎に転厩した。転厩緒戦はイギリスに遠征し、6月16日のクイーンアンステークスに1番人気で出走したが、パコボーイの6着に敗れた。続く8月16日のジャック・ル・マロワ賞は8着、9月6日のムーラン・ド・ロンシャン賞は5着に敗れ勝ちきれないレースが続いた。そして10月11日のヴィットーリオ・ディ・カープア賞に1番人気で出走。レースでは2着のウィンフォアシュアーに4馬身差をつける圧勝劇でG1・3勝目を挙げた。その後はアメリカに遠征し、11月7日のブリーダーズカップ・マイルに出走したがいいところなく9着に終わった。このレースを最後に現役を引退、種牡馬入りした。グラディアトラス フレッシュアイペディアより)

  • 第77回東京優駿

    第77回東京優駿から見たウオッカウオッカ

    優勝したエイシンフラッシュの上がり3F32.7秒はダービー史上最速タイム。これまでの最速はウオッカの上がり33.0秒。なお2着ローズキングダムの上がり32.9秒もエイシンフラッシュに次ぐ史上2位の上がりタイム。第77回東京優駿 フレッシュアイペディアより)

  • 第138回天皇賞

    第138回天皇賞から見たウオッカウオッカ

    2008年秋の天皇賞として、東京競馬場・芝2000メートルのコースで行われた。出走馬は17頭。5頭のGI競走優勝馬を含む全馬に重賞優勝経験があり、中でもウオッカ、ディープスカイ、ダイワスカーレットの「3強対決」が注目を集めた。レースは、従来のコースレコードおよびレースレコードを0.8秒更新する新記録・1分57秒2でウオッカが優勝。2着ダイワスカーレットとは2cmのハナ差という、GI競走史上2番目の僅差での決着となった。3着にはディープスカイが入り、前評判通りに「3強」が3着までを占める結果となった。第138回天皇賞 フレッシュアイペディアより)

  • 第51回有馬記念

    第51回有馬記念から見たウオッカウオッカ

    中央競馬GI競走最多勝記録タイ - ディープインパクト(他はシンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ウオッカ第51回有馬記念 フレッシュアイペディアより)

  • 第48回宝塚記念

    第48回宝塚記念から見たウオッカウオッカ

    この年の天皇賞(春)を制し、この競走後は凱旋門賞への出走を計画している前年の牡馬二冠馬メイショウサムソン、そのメイショウサムソンに前年は苦杯をなめたが、この年の海外G1ドバイデューティーフリーを制しメイショウサムソンに雪辱を誓うアドマイヤムーン、同じくこの年の海外G1シンガポール航空国際カップを制したシャドウゲイト、その前年度優勝馬コスモバルク、前年度JRA賞最優秀短距離馬で前走の安田記念を制したGI競走4勝馬ダイワメジャー、前年の牝馬二冠馬カワカミプリンセス、そして64年振りに牝馬としてこの年の日本ダービーを制し、メイショウサムソンと共に凱旋門賞への出走も視野に入れているウオッカと実に7頭ものGI・JpnI馬が参戦し、他にも目黒記念優勝馬ポップロック、この年の日本ダービー2着できさらぎ賞優勝馬アサクサキングス、中山記念優勝馬ローエングリンなどこの年の重賞戦線の中心となった馬が名を揃えた。同競走史上初となるフルゲート(最大出走可能頭数)18頭立てとなり、18頭中17頭が重賞優勝馬という春の「グランプリ」に相応しい陣容となった。単勝人気はウオッカ、メイショウサムソン、アドマイヤムーンの順に続いた。第48回宝塚記念 フレッシュアイペディアより)

  • 第68回菊花賞

    第68回菊花賞から見たウオッカウオッカ

    第74回東京優駿を制したウオッカは、第12回秋華賞に出走し、2004年以来3年ぶりにダービー馬不在で行われた。第68回菊花賞 フレッシュアイペディアより)

120件中 61 - 70件表示

「ウオッカ」のニューストピックワード