134件中 61 - 70件表示
  • シーザスターズ

    シーザスターズから見たウオッカウオッカ

    2010年の種付け料は8万5000ユーロに設定された。初年度には、2008年の凱旋門賞優勝馬ザルカヴァ、2009年のジャパンカップ優勝馬ウオッカ、2006年の1000ギニー優勝馬スペシオーサ、2007年の英・愛1000ギニー優勝馬フィンシャルベオ、2000年の英オークス優勝馬ラブディバイン、2008年の英オークス優勝馬ルックヒアー、2008年のコロネーションステークス・ヨークシャーオークス優勝馬ラッシュラッシーズ、2009年のジャンロマネ賞優勝馬アルペンローズらのGI優勝馬、グランデラ・ジョージワシントン兄弟の母ボルディゲラ、アザムールの母アスマラ、ザルカヴァの母ザルカシャらのGI優勝馬の母馬らを含む140頭の牝馬に種付けを行った。シーザスターズ フレッシュアイペディアより)

  • シスタートウショウ

    シスタートウショウから見たウオッカウオッカ

    全姉エナジートウショウの仔には2007年の日本ダービーを64年ぶりに牝馬で優勝したウオッカの母タニノシスター、京王杯スプリングカップ2着馬スカイアンドリュウ、ガーネットステークスの勝ち馬スリーアベニューがおり、半妹ジェーントウショウの仔にはCBC賞2勝など短距離重賞5勝を挙げたシーイズトウショウ、母の姉グレイトウショウの孫には菊花賞馬マチカネフクキタルがいる。シスタートウショウ フレッシュアイペディアより)

  • スマイルジャック

    スマイルジャックから見たウオッカウオッカ

    続くクラシック第2戦、父仔2代制覇、前年のウオッカに続くタニノギムレット産駒の連覇を目指した東京優駿では12番人気と皐月賞での敗戦などで大きく人気を落としていた。道中は逃げ馬を見ながら好位でレースを進め、直線では一旦完全に抜け出し後続を突き放しにかかったが、ラスト100mあたりで大外から一気に強襲したディープスカイにかわされ2着となった。低評価を覆しての好走で、この結果3連単は20万馬券という高配当となった。秋は菊花賞トライアルの神戸新聞杯から始動。しかし、9着に敗れた。そして迎えた本番、菊花賞。レースでは先行集団に位置し、4コーナーでまくって先頭に立つがその後失速し、16着に敗れた。その後は菊花賞から大幅な距離短縮となった初の古馬との対戦マイルチャンピオンシップでは岩田康誠に乗り替わったが11着に敗れた。スマイルジャック フレッシュアイペディアより)

  • タニノチカラ

    タニノチカラから見たウオッカウオッカ

    谷水雄三は父の跡を継いだはいいが競馬に関しては継続すべきか迷っていた。しかしタニノチカラの活躍で競馬事業の継続を決意する。拡大戦略がアダとなり一時不振を極めるが、タニノギムレットで2代続けてダービー馬のオーナーになり、ウオッカで親子2代続けてダービー2勝オーナーになり、ビッグウィークで菊花賞を制覇した。タニノチカラ フレッシュアイペディアより)

  • ダルジナ

    ダルジナから見たウオッカウオッカ

    2008年のドバイデューティーフリーに一次登録を行い、3月29日に行われる同レースに出走した。レースでは、ロスの少ない内側から一度は抜けて先頭に立ち、そのまま押し切ると思われたが、逃げたジェイペグの二の脚にゴール前で捕まえられて2着と惜敗。しかし、同じ四歳牝馬のウオッカやフィンシャルベオらや、牡馬のリテラトやアドマイヤオーラには先着した。ダルジナ フレッシュアイペディアより)

  • トールポピー

    トールポピーから見たウオッカウオッカ

    7月8日に阪神競馬場で行われた2歳新馬戦でデビューを迎え、単勝3.2倍の2番人気に支持された。しかし、レースではスタートで出遅れた影響もあり2着だった。なお、このレースには後の皐月賞優勝馬・キャプテントゥーレ、シンザン記念優勝馬・ドリームシグナル、宝塚記念優勝馬・アーネストリーも出走していた。レース後は7月12日にグリーンウッドへ放牧に出された。その後山元トレーニングセンターを経て、札幌競馬場へ移動した。しかし、札幌ではレースに出走せず、10月上旬に栗東へ帰厩した。第2戦は10月20日に京都競馬場で行われた2歳未勝利戦に出走し、1番人気でハナ差の1着となり初勝利をあげる。なお10月26日に翌年のクラシック第1回登録が締め切られ、5競走すべてに登録した。続く黄菊賞(500万下)では2番人気に支持され、最後の直線で一旦は先頭に立つもののヤマニンキングリーにクビ差かわされ2着だった。そして、初の重賞及びJpnI挑戦となった第59回阪神ジュベナイルフィリーズに出走登録を行ったが1勝馬のため抽選対象となり、16頭中6頭の出走となる抽選を突破し出走に至った。レースではオディール、エイムアットビップに続く3番人気でオディール、エイムアットビップ、レーヴダムールを抑えてクビ差で1着となり、重賞及びJpnI初勝利を挙げた。1勝した後に黄菊賞2着を経て阪神ジュベナイルフィリーズに勝利するのは、前年の優勝馬である同じ厩舎のウオッカと同じローテーションである。レース後は放牧に出された。トールポピー フレッシュアイペディアより)

  • トーセンキャプテン

    トーセンキャプテンから見たウオッカウオッカ

    同厩舎のウオッカと共にクラシック戦線に名乗りを挙げたが、皐月賞への調整途上で右脚第3足根骨板状骨折を発症してしまい、クラシック戦線から離脱を余儀なくされると共に、その後1年間休養を強いられることとなった。トーセンキャプテン フレッシュアイペディアより)

  • ドリームジャーニー

    ドリームジャーニーから見たウオッカウオッカ

    11月1日の天皇賞(秋)では、ウオッカ、シンゲン、オウケンブルースリに次ぐ4番人気で出走。最後方あたりからレースを進めたが、0.8秒差の6着に敗れた。ドリームジャーニー フレッシュアイペディアより)

  • ヒサトモ

    ヒサトモから見たウオッカウオッカ

    当日は世代の一番手と目されていた関西馬ゼネラルが52%の単勝支持を集め、ヒサトモはハッピーマイト、尾形藤吉厩舎のガイカに次ぐ4番人気であった。レースはヒサトモが速いスタートから第2コーナーで早々に先頭に立ち、後続馬を先導。最後の直線も脚は鈍らず、ゴール前追い込んだ牝馬サンダーランドに1馬身余の差を付け優勝。牝馬として初めての東京優駿大競走制覇を果たした。史上6回目の開催にして初めて良馬場で競走が行われ、走破タイム2分33秒3は、稍重馬場で行われた第2回競走の優勝馬カブトヤマが記録した2分41秒0を8秒8更新するレコードタイムとなった。牝馬による東京優駿制覇はほかにクリフジ(1943年)、ウオッカ(2007年)しか達成しておらず、牝馬による1、2着は東京優駿史上唯一の記録である。ヒサトモ フレッシュアイペディアより)

  • フサイチホウオー

    フサイチホウオーから見たウオッカウオッカ

    同馬は東京優駿で単勝1.6倍で1番人気に推されたが、単勝1番人気で馬券に絡めなかった馬は1989年のロングシンホニー(5着)以来であり、単勝1番人気で掲示板に載らなかった馬は1988年のサッカーボーイ(15着)以来である。また、単勝オッズ1倍台での敗戦は1973年のハイセイコー(3着)までさかのぼる。2012年現在、東京優駿で単勝オッズ1倍台に支持された馬はフサイチホウオー以外の全馬が顕彰馬となっているが、フサイチホウオーが敗れた東京優駿の優勝馬であるウオッカが顕彰馬となっているため、単勝オッズ1倍台に支持された馬がいる年の東京優駿は全て、出走馬の中から顕彰馬を出していることになる。フサイチホウオー フレッシュアイペディアより)

134件中 61 - 70件表示

「ウオッカ」のニューストピックワード