134件中 71 - 80件表示
  • 小岩井農場の基礎輸入牝馬

    小岩井農場の基礎輸入牝馬から見たウオッカウオッカ

    ガーネツト、コダマ、ダテテンリュウ、キタノカチドキ、カツラノハイセイコ、ニホンピロウイナー、サンドピアリス、ナリタハヤブサ、シスタートウショウ、ポレール、マチカネフクキタル、スペシャルウィーク、メイショウサムソン、ウオッカなど小岩井農場の基礎輸入牝馬 フレッシュアイペディアより)

  • ブルーメンブラット

    ブルーメンブラットから見たウオッカウオッカ

    ヴィクトリアマイルでは早めに抜け出すもエイジアンウインズとウオッカに差され、3着に終わる。ブルーメンブラット フレッシュアイペディアより)

  • JRAプレミアムレース

    JRAプレミアムレースから見たウオッカウオッカ

    この年、プレミアム対象の最終競走については、当日のメインレースであるGIで過去に優勝した競走馬を対象にJRAホームページ上で投票を実施し、最多の得票を集めた競走馬の名前が副称に採用された。勝馬投票券には副称の競走馬名が印字され、例えば東京ウインタープレミアム(メイセイオペラメモリアル)では「メイセイオペラM」と印字された。これは、2004年のJRAゴールデンジュビリーキャンペーンで毎週実施された「名馬で振り返る50年」のメモリアル競走と同様である。ただし重賞競走だった2競走は例外で、目黒記念では「目黒記念 ウオッカM」と両方が印字され、ユニコーンステークスでは文字数の都合上「タイキシャトルM」は印字されなかった。JRAプレミアムレース フレッシュアイペディアより)

  • ホウヨウボーイ

    ホウヨウボーイから見たウオッカウオッカ

    翌年、アメリカジョッキークラブカップを勝って中山記念を2着するも、骨瘤で秋まで休養となった。オールカマーは5着に敗れるが、天皇賞・秋ではモンテプリンスとの壮絶な叩き合いをハナ差制した。続いて第1回ジャパンカップに出走するも、メアジードーツの6着に敗れた。もっとも、このときはゲートに顔をぶつけ、歯を3本折り出血しながらのレースだった。そして引退レースの有馬記念では、同じ厩舎のアンバーシャダイの強襲の前に2着に敗れた。それでも、ホウヨウボーイは2年続けて年度代表馬となった。2010年現在、年度代表馬に2年連続で輝いたのは他にシンザン、シンボリルドルフ、シンボリクリスエス、ディープインパクト、ウオッカのみである。ホウヨウボーイ フレッシュアイペディアより)

  • ホーリックス

    ホーリックスから見たウオッカウオッカ

    なお、6歳(旧7歳表記も含む)以上の牝馬によるJRAGI(JpnIも含む)の優勝は現時点においてもホーリックスが唯一の事例であり、日本馬に至っては優勝馬は未だにいない。また、牝馬によるジャパンカップ制覇は2009年にウオッカが優勝するまで20年間なかった。ホーリックス フレッシュアイペディアより)

  • デシ (南アジア)

    デシ (南アジア)から見たウオッカウオッカ

    伝統的な在来種の野菜や、その他の食品も、「デシ」と認められることがある。「デシ・ダイエット」と言えば、世界中のインド人たちが実践している食品の摂り方のことである。「デシ・シャラーブ (Desi sharaab)」は、「地酒」といった意味になり、フェニー、トディ(ヤシ酒)、アラックなどを指す。ウィスキー、ラム酒、ウオッカなど、インド産であっても外国に由来する酒 (Indian Made Foreign Liquor) は、このようには呼ばれない。デシ (南アジア) フレッシュアイペディアより)

  • ベッラレイア

    ベッラレイアから見たウオッカウオッカ

    そして迎えた優駿牝馬では、桜花賞1着のダイワスカーレットが熱発で回避、2着のウオッカが東京優駿(ダービー)に出走を表明したため、押し出される形で1番人気に推された。レースでは今までとは違い、スタートから先行し、好位につけたまま最後の直線を迎える。最後の直線では外に持ち出し、早めに抜け出し先頭に立つものの、ローブデコルテの急襲にハナ差交わされ、2着に敗れた。ベッラレイア フレッシュアイペディアより)

  • シーイズトウショウ

    シーイズトウショウから見たウオッカウオッカ

    伯母に桜花賞馬シスタートウショウ、伯父に北九州記念の勝ち馬トウショウオリオンがおり、その他の近親にダービー馬ウオッカなどがいる。シーイズトウショウ フレッシュアイペディアより)

  • マツリダゴッホ

    マツリダゴッホから見たウオッカウオッカ

    有馬記念当日、レース前の人気は9番人気と低かった。稍重馬場となったレースではメイショウサムソンや、ウオッカなどの有力馬が後方に位置するスローペースの展開となり、先頭に立ったチョウサンをマークしながら、終始内側の経済コースを通り、最後の直線に出たところで抜け出した。真ん中から競り掛けるダイワスカーレットを1 1/4馬身差で振り切って初のGI制覇を飾り大波乱を演出した。この9番人気馬の予想だにしない激走勝利に、NHK(NHK総合テレビ)の競馬中継を実況していた藤井康生は、「祭りだ、祭りだ、マツリダゴッホ!!」と流れるように叫び、隣で解説をしていた調教師の鈴木康弘は思わず笑ってしまい、その声がマイクに拾われ全国に放送されるというハプニングが起きたほどだった。マツリダゴッホ フレッシュアイペディアより)

  • アパパネ

    アパパネから見たウオッカウオッカ

    2011年5月現在で牝馬では史上4頭目のGI競走5勝を記録(これまでにウオッカ、メジロドーベル、ブエナビスタが記録)。また牝馬史上最速でGI競走5勝に到達した(これまでの最速記録はブエナビスタ)。アパパネ フレッシュアイペディアより)

134件中 71 - 80件表示

「ウオッカ」のニューストピックワード