134件中 81 - 90件表示
  • メジロドーベル

    メジロドーベルから見たウオッカウオッカ

    牝馬限定戦では8勝・2着2回・3着1回・着外なし、という無類の強さを誇りながら、牡馬相手にGIを勝つことはなかった(GIIは4歳時にオールカマーを勝利)。当時の牝馬としては最多のGI5勝、4年連続GI勝利(ほかにはメジロマックイーン、アグネスデジタル、アドマイヤドン、ユートピア、ブルーコンコルド、ウオッカ、ヴァーミリアン、ブエナビスタ)という実績を残している。メジロドーベル フレッシュアイペディアより)

  • カンパニー (競走馬)

    カンパニー (競走馬)から見たウオッカウオッカ

    秋の始動は毎日王冠から。しかし放牧から帰ってきた際に大幅に体重を落としていたことで調整に苦慮し、結果は2年前と同じ5着に敗れた。その後は予定通り天皇賞(秋)に出走。近走の戦績不振や7歳という年齢もあり11番人気と低評価であった。レースではスタートで行き脚がつかなかった為、道中最後方からの追い込み策をとる。4コーナーからは馬群を縫って猛追し決勝線手前では勝ち馬ウオッカらに迫る勢いを見せるも及ばず4着に敗れた。しかし走破時計はレースレコードと同タイム(1分57秒2)、上がり3ハロンはメンバー中最速の33.5秒と健在ぶりをアピールした。その後、マイルチャンピオンシップに出走したが4着に終わった。カンパニー (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • オウケンブルースリ

    オウケンブルースリから見たウオッカウオッカ

    半年以上にわたる休養後、10月11日の京都大賞典に出走。半年振りのブランクが嫌われ3番人気であったが、いざレースになると道中は安定した走りから最終直線では鋭い伸び脚から先頭に立ち、スマートギアに3/4馬身差をつけて1着入線。前年の菊花賞以来の勝利を収めた。この勝利で賞金を加算し天皇賞(秋)に出走するが、レースでは最後の直線半ばまで馬群に埋もれる展開となり、カンパニーに3馬身以上離された4着に敗れた。11月29日のジャパンカップは当初獲得賞金額が不足していたため除外される見込みであったが、同レースは国際招待競走であることからレース直前に発表されたレイティング(ワールド・サラブレッド・ランキング)で登録馬中3位に入り出走権を獲得。本番では天皇賞(秋)でのレースを踏まえ早めに大外から追い込む直線強襲策を採るも、3コーナーでコスモバルクにぶつかる不利も有り最後はウオッカにハナ差届かず2着に惜敗した。オウケンブルースリ フレッシュアイペディアより)

  • ノースフライト

    ノースフライトから見たウオッカウオッカ

    ノースフライト以降、安田記念優勝・マイルチャンピオンシップ優勝を果たした牝馬は、2008年に安田記念をウオッカが、同年にマイルチャンピオンシップをブルーメンブラットが優勝するまで14年間出なかった。ノースフライト フレッシュアイペディアより)

  • 第51回有馬記念

    第51回有馬記念から見たウオッカウオッカ

    中央競馬GI競走最多勝記録タイ - ディープインパクト(他はシンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ウオッカ第51回有馬記念 フレッシュアイペディアより)

  • 第12回秋華賞

    第12回秋華賞から見たウオッカウオッカ

    第74回東京優駿を制し、当初第86回凱旋門賞に出走を予定していたが回避したウオッカ、第68回優駿牝馬を制したローブデコルテは、第6回アメリカンオークス5着を経て、トライアルを使わず本競走に直行で参戦した。第12回秋華賞 フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤフジ

    アドマイヤフジから見たウオッカウオッカ

    夏場を休養にあて、秋は毎日王冠から始動した。ウオッカを始めとした人気馬が揃ったことで、人気は10番人気と奮わなかった。しかし先行してよく粘り、スーパーホーネットの3着に入っている。本番の天皇賞(秋)でも先行したが、ウオッカから0.8差の11着に敗れた。その後はダートの調教での動きが良いことから、初のダート戦となるジャパンカップダートに出走した。しかしここでは砂をかぶったことで3コーナーから後退。勝ったカネヒキリから3秒以上離され、ブービーの14着に敗れることとなった。アドマイヤフジ フレッシュアイペディアより)

  • アルマダ (競走馬)

    アルマダ (競走馬)から見たウオッカウオッカ

    約1年ぶりとなる長期休養明け初戦は2008年3月のクイーンズシルバージュビリーカップ(香港G1)となったが、再びグッドババに敗れての8着だったが、休み明け2戦目のチェアマンズトロフィー(香港G2)を制して重賞競走3勝目を挙げた。次のチャンピオンズマイルでは2番人気に支持されたが、またしてもグッドババに敗れての2着だった。レース後の5月28日には安田記念に出走するため同じく同レースに出走するグッドババとブリッシュラックらと共に初来日し、安田記念に向けて競馬学校で調整された。6月8日に行われた安田記念では、勝ったウオッカには3馬身半差をつけられるものの、2着に入り、出走した香港馬の中では最先着を果たしている。アルマダ (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • ルション (競走馬)

    ルション (競走馬)から見たウオッカウオッカ

    ブルードメアサイアーとしては日本ダービー馬ウオッカを輩出した。ルション (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • レダ (競走馬)

    レダ (競走馬)から見たウオッカウオッカ

    レダは日本の競走馬。1953年春の天皇賞を制した。秋の天皇賞を優勝した牝馬はヒサトモ、トウメイ、プリテイキャスト、エアグルーヴ、ヘヴンリーロマンス、ウオッカ、ブエナビスタなど数いるが、春の天皇賞を優勝した牝馬は2012年現在レダ1頭のみである。レダ (競走馬) フレッシュアイペディアより)

134件中 81 - 90件表示

「ウオッカ」のニューストピックワード