120件中 81 - 90件表示
  • アパパネ

    アパパネから見たウオッカウオッカ

    牝馬では史上4頭目のGI競走5勝を記録(同馬以前には、ウオッカ、メジロドーベル、ブエナビスタが記録)。また牝馬史上最速でGI競走5勝に到達した(これまでの最速記録はブエナビスタ)。アパパネ フレッシュアイペディアより)

  • ローブデコルテ

    ローブデコルテから見たウオッカウオッカ

    2006年に函館競馬場の新馬戦でデビューし、安藤勝己騎乗で勝利する。続く条件戦2走を2着として阪神ジュベナイルフィリーズに出走するが、ウオッカの4着に敗れた。ローブデコルテ フレッシュアイペディアより)

  • アストンマーチャン

    アストンマーチャンから見たウオッカウオッカ

    2006年7月、鞍上に武豊を迎え小倉競馬場でデビュー。新馬戦こそクビ差及ばず2着に敗れるも、和田竜二に乗り替わった2戦目の未勝利戦で単勝1.3倍の人気に応えて順当に勝ち上がった。続く小倉2歳ステークスではフェニックス賞を制したシルバーストーンに人気が集まり、アストンマーチャンは3番人気であった。レースは序盤の3ハロンの通過タイムが32秒5というハイペースで展開する中、2番手を追走。4コーナーで先頭に立つと、そのまま2馬身半差を付けると言う力強い競馬で重賞初制覇を果たした。更に、鞍上の鮫島良太にとってもこれが重賞初勝利であった。この後はファンタジーステークスに出走。鞍上が再び武に乗り替わったものの有力馬が揃ったことや距離延長も不安視され、3番人気に留まった。道中では好位につけ直線半ばから一気に抜け出し、イクスキューズに5馬身差を付け勝利を飾った。レース中に左後脚を落鉄したにも拘らず、勝ち時計は1分20秒3。2歳レコードでの重賞連覇だった。そして迎えたGI競走の阪神ジュベナイルフィリーズでは圧倒的1番人気に推され最後の直線では早めに先頭に立ち押し切りを図るものの、ゴール直前でウオッカに交わされ2着に敗れた。アストンマーチャン フレッシュアイペディアより)

  • トールポピー

    トールポピーから見たウオッカウオッカ

    7月8日に阪神競馬場で行われた2歳新馬戦でデビューを迎え、単勝3.2倍の2番人気に支持された。しかし、レースではスタートで出遅れた影響もあり2着だった。なお、このレースには後の皐月賞優勝馬・キャプテントゥーレ、シンザン記念優勝馬・ドリームシグナル、宝塚記念優勝馬・アーネストリーも出走していた。レース後は7月12日にグリーンウッドへ放牧に出された。その後山元トレーニングセンターを経て、札幌競馬場へ移動した。しかし、札幌ではレースに出走せず、10月上旬に栗東へ帰厩した。第2戦は10月20日に京都競馬場で行われた2歳未勝利戦に出走し、1番人気でハナ差の1着となり初勝利をあげる。なお10月26日に翌年のクラシック第1回登録が締め切られ、5競走すべてに登録した。続く黄菊賞(500万下)では2番人気に支持され、最後の直線で一旦は先頭に立つもののヤマニンキングリーにクビ差かわされ2着だった。そして、初の重賞及びJpnI挑戦となった第59回阪神ジュベナイルフィリーズに出走登録を行ったが1勝馬のため抽選対象となり、16頭中6頭の出走となる抽選を突破し出走に至った。レースではオディール、エイムアットビップに続く3番人気でオディール、エイムアットビップ、レーヴダムールを抑えてクビ差で1着となり、重賞及びJpnI初勝利を挙げた。1勝した後に黄菊賞2着を経て阪神ジュベナイルフィリーズに勝利するのは、前年の優勝馬である同じ厩舎のウオッカと同じローテーションである。レース後は放牧に出された。トールポピー フレッシュアイペディアより)

  • レッドリヴェール

    レッドリヴェールから見たウオッカウオッカ

    桜花賞後、陣営はオークスではなく、ウオッカ以来となる日本ダービーの出走を表明。鞍上は福永祐一が手綱を取ることとなった。ダービーの結果次第では、斤量面で有利な凱旋門賞へ挑戦する可能性があることを明かした。しかし、ダービーはいいところなく12着に敗れた。レッドリヴェール フレッシュアイペディアより)

  • レッドディザイア

    レッドディザイアから見たウオッカウオッカ

    馬主の東京サラブレッドクラブと、同代表取締役でプロゴルファーの西川哲にとっても初のGI制覇であった。なお、ブエナビスタは3位に入線したブロードストリートの進路を妨害したとして3着に降着処分となった。さらに3歳牝馬ながらジャパンカップに挑む。レースは中団に控え、直線で一気に先団を飲み込みウオッカ、オウケンブルースリに続く3着に食い込んだ。レッドディザイア フレッシュアイペディアより)

  • JRAプレミアムレース

    JRAプレミアムレースから見たウオッカウオッカ

    この年、プレミアム対象の最終競走については、当日のメインレースであるGIで過去に優勝した競走馬を対象にJRAホームページ上で投票を実施し、最多の得票を集めた競走馬の名前が副称に採用された。勝馬投票券には副称の競走馬名が印字され、例えば東京ウインタープレミアム(メイセイオペラメモリアル)では「メイセイオペラM」と印字された。これは、2004年のJRAゴールデンジュビリーキャンペーンで毎週実施された「名馬で振り返る50年」のメモリアル競走と同様である。ただし重賞競走だった2競走は例外で、目黒記念では「目黒記念 ウオッカM」と両方が印字され、ユニコーンステークスでは文字数の都合上「タイキシャトルM」は印字されなかった。JRAプレミアムレース フレッシュアイペディアより)

  • 四位洋文

    四位洋文から見たウオッカウオッカ

    2007年5月27日、第74回東京優駿(日本ダービー)をウオッカで勝利し、日本ダービー初制覇。これは、クリフジ以来64年振り3頭目となる牝馬による日本ダービー勝利という快挙であった。また同年10月21日、第68回菊花賞をアサクサキングスで勝利し、三冠競走の全てに勝利した(史上17人目)。また同一年の日本ダービー・菊花賞を異なる馬で制覇したのも国営競馬・中央競馬を通じ、現行の3歳クラシック路線が整備されて以降、史上初となるものであった。ただしその後、四位はウオッカから降ろされている。四位洋文 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本競馬

    2011年の日本競馬から見たウオッカウオッカ

    9日 - 平成23年度の顕彰馬選定記者投票で、ウオッカを顕彰馬に選出。2011年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • ベイリーズ・オリジナル・アイリッシュ・クリーム

    ベイリーズ・オリジナル・アイリッシュ・クリームから見たウオッカウオッカ

    ウオッカ15ml、フランジェリコ20ml、ベイリーズ20mlをシェークし、カクテル・グラスに注ぐ。ベイリーズ・オリジナル・アイリッシュ・クリーム フレッシュアイペディアより)

120件中 81 - 90件表示

「ウオッカ」のニューストピックワード