126件中 111 - 120件表示
  • ウオッカ

    ウオッカから見た抽せん馬

    母・タニノシスターは中央競馬5勝。JRAが購入、育成した後に馬主に譲渡される抽せん馬として谷水が入手した。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見たエイジアンウインズ

    次走はドバイデューティーフリーを使う。ドバイで一番結果が出ている日本人騎手ということで武豊を鞍上に迎え挑戦したレースでは、積極的に前から進めるが4着。なお、レースは有力どころの牡馬勢(アドマイヤオーラやリテラト、クレカドールなど)が大敗し大荒れとなった。レース後は短期放牧に出され、帰厩後、ヴィクトリアマイルに出走。単勝2.1倍の1番人気に支持されたが、レースでは伸びを欠き、エイジアンウインズを捕らえきれず2着に敗れた。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見たシーザリオ

    2歳時に栗東トレーニングセンターの角居勝彦厩舎に入厩。その際、厩舎スタッフの間でも「シーザリオ級が入ってくる」ともっぱらの評判となっていたらしい。担当厩務員は中田陽之。なお中田は、テンコー・トレーニングセンター時代に母のタニノシスターと接している。中田の第一印象は「牝馬にしては大きいが、幅がなかったので良くなるには時間がかかる」だった。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見たサクラチヨノオー

    中2週で第58回安田記念へと向かった。なお、東京優駿優勝馬の安田記念出走は1989年のサクラチヨノオー以来であり、きわめて異例であった。前走まで騎乗していた武豊が安田記念でスズカフェニックスへの騎乗が決まっていたことから、新たに乗り替わった岩田康誠を背に、レースでは3枠5番という好枠から好スタートを決め先行すると最後の直線、残り1ハロンから一気に抜け出し2着のアルマダに3馬身1/2の差をつけてゴール。東京優駿以来約1年ぶりの勝利でGI及びJpnI競走通算3勝目を飾り、復活をアピールした。グレード制を導入した1984年以降、牝馬による安田記念制覇は1994年のノースフライト以来14年ぶり3頭目であり、東京優駿に優勝した馬がその後に2000m未満のGIまたはJpnI競走に優勝したのは史上初であった。また2着につけた3馬身1/2の差はGI格付けされた84年以降の最大着差である。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見た関西競馬記者クラブ賞

    第52回有馬記念?ファン投票では、1位となる10万544票を獲得した。これは3歳牝馬(旧4歳牝馬を含む)としては初のファン投票1位であった。レースでは折り合いに苦労し、第3コーナーで早めに仕掛けたが早々と失速。11着と大敗、デビュー以来初の2桁着順となってしまう。また、同レースで同じ3歳牝馬のダイワスカーレットは2着に粘り、同馬との直接対決では3戦連続で先着を許し、牝馬による64年ぶりの東京優駿制覇をしながらJRA賞最優秀3歳牝馬の座もダイワスカーレットに奪われてしまった。しかし、牝馬による64年ぶりの東京優駿制覇を選考理由としてJRA賞特別賞、関西競馬記者クラブ賞の特別賞を受賞した。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見た第32回エリザベス女王杯

    次走には第32回エリザベス女王杯が選ばれた。ダイワスカーレットとの決着が期待されたが、レース当日の朝、右関節跛行の故障が発生したためレースへの出走を取り消した。実は早朝に谷水の下に電話がかかっておりこの時点で谷水はウオッカに何かがあったと察知したという。しかし症状は軽症だったため、第27回ジャパンカップに出走。迎えたレースでは2番人気に支持され、道中最後尾の位置から最後の直線で猛追するも最後失速し4着だった。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見た繁殖牝馬

    ウオッカ(Vodka、2004年4月4日 - )は日本の競走馬・繁殖牝馬である。牝馬として64年ぶりに東京優駿に勝利するなど牡馬を相手に活躍した。同世代のダイワスカーレットとは激しい争いを何度も繰り広げ、ともに牝馬ながら牡馬と互角以上に渡り合った。2008年・2009年のJRA賞年度代表馬。2011年選考の顕彰馬。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見たビワハイジ

    ウオッカには桜花賞に出走する以前から東京優駿に出走するプランが発表されていた。桜花賞で2着に敗れたことで断念するとの見方もあったが、(事実桜花賞後は「オークスで頑張ろう」と話し合っていた)谷水から判断を一任された調教師の角居勝彦は牝馬として1996年のビワハイジ以来11年ぶりの出走を決断した(谷水が「オークスかダービーか角居君が決めればいい」と電話で伝えると、角居は「ならダービー行かせてもらっていいですか!!」と答えた。その言葉を聞いた谷水は「よっしゃ!!ダービーいこ!!」と返した)。レースでは馬群の中団から直線で抜け出して優勝し、父仔2代(父娘での制覇は史上初)での東京優駿制覇を達成した。また、牝馬の東京優駿制覇は1937年のヒサトモ、1943年のクリフジに続き史上3頭目、戦後初の出来事であった(レース詳細は第74回東京優駿参照)。四位にとっても初の東京優駿制覇で64年ぶりの偉業に「もう騎手をやめてもいい」と語った。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見たマチカネフクキタル

    祖母エナジートウショウの産駒(本馬の叔父)にスリーアベニュー。三代母コーニストウショウの産駒にシスタートウショウ(1991年桜花賞勝ち馬・エナジートウショウの全妹)、孫にシーイズトウショウ。四代母ローズトウショウの孫にマチカネフクキタル(1997年菊花賞勝ち馬)。日本競馬史における大牝系の祖であるシラオキを六代母にもつ。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見た静内町

    2004年4月4日に、北海道静内町のカントリー牧場で生まれる。カントリー牧場の場長である西山貴司はウオッカが牧場にいたころの印象はあまり覚えていないとの事(何事もなく無事に過ごしていたため)。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

126件中 111 - 120件表示

「ウオッカ」のニューストピックワード