133件中 41 - 50件表示
  • ウオッカ

    ウオッカから見た新馬

    10月29日、京都競馬場の新馬戦にてデビュー。デビュー前から主戦は四位と決まっていたが、四位が天皇賞・秋での騎乗が決まっていたため、鮫島克也が騎乗した。スタート後すぐに先頭に立つと、直線で再び突き放して勝利を収めた。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見た厩務員

    2歳時に栗東トレーニングセンターの角居勝彦厩舎に入厩。その際、厩舎スタッフの間でも「シーザリオ級が入ってくる」ともっぱらの評判となっていたらしい。担当厩務員は中田陽之。なお中田は、テンコートレーニングセンター時代に母のタニノシスターと接している。中田の第一印象は「牝馬にしては大きいが、幅がなかったので良くなるには時間がかかる」だった。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見た2009年

    牝馬として64年ぶりに東京優駿に勝利(3頭目の同競走の牝馬での制覇)するなどGI通算7勝を挙げ、マスコミやファンから「史上最強牝馬」と呼ばれた。同世代のダイワスカーレットとは激しい争いを何度も繰り広げ、ともに牝馬ながら牡馬と互角以上に渡り合った。2008年・2009年のJRA賞年度代表馬。2011年選考の顕彰馬。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見たエンターブレイン

    ウオッカ・メモリアルブック(2010年5月、エンターブレイン、ISBN 978-4-04-726571-4)ウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見た中央競馬ピーアール・センター

    優駿特別編集・ウオッカのすべて(2010年3月、中央競馬ピーアール・センターウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見たカントリー牧場

    2004年4月4日に、北海道静内町のカントリー牧場で生まれる。カントリー牧場の場長である西山貴司はウオッカが牧場にいたころの印象はあまり覚えていないとの事(何事もなく無事に過ごしていたため)。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見た東邦出版

    ウオッカの背中(河村清明・著、2009年4月、東邦出版、ISBN 978-4-8094-0774-1)ウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見たJRA賞

    牝馬として64年ぶりに東京優駿に勝利(3頭目の同競走の牝馬での制覇)するなどGI通算7勝を挙げ、マスコミやファンから「史上最強牝馬」と呼ばれた。同世代のダイワスカーレットとは激しい争いを何度も繰り広げ、ともに牝馬ながら牡馬と互角以上に渡り合った。2008年・2009年のJRA賞年度代表馬。2011年選考の顕彰馬。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見たシーザスターズ

    2010年6月3日、繋養先のアガ・カーンスタッド・ギルタウンより、3度目の種付けによってシーザスターズの仔を受胎したことが発表された。翌2011年5月2日(現地時間)に初仔となる牡馬を出産した。この仔馬は2011年11月に日本に輸入され、北海道浦河町の吉澤ステーブルで調教が行われ、一般的なサラブレッドからすれば規格外ともいえる体重560kgの巨体と併せて注目を集めた。この馬の名前は関西テレビで放送中の、競馬BEATの中で募集され、1万通の中からボラーレ(Volare=スペイン語で、飛び立ちなさいという意味。)に決まり、2013年9月15日放送の同番組で発表された。2014年にデビューを果たし、2戦未勝利のところで休養に入るも、夏ごろから疝痛による疾病により懸命の治療を行うも、同8月16日に永眠したウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見た栗東トレーニングセンター

    2歳時に栗東トレーニングセンターの角居勝彦厩舎に入厩。その際、厩舎スタッフの間でも「シーザリオ級が入ってくる」ともっぱらの評判となっていたらしい。担当厩務員は中田陽之。なお中田は、テンコートレーニングセンター時代に母のタニノシスターと接している。中田の第一印象は「牝馬にしては大きいが、幅がなかったので良くなるには時間がかかる」だった。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

133件中 41 - 50件表示

「ウオッカ」のニューストピックワード