133件中 81 - 90件表示
  • ウオッカ

    ウオッカから見た帝室御賞典

    11月2日、天皇賞(秋)に出走。ライバル・ダイワスカーレットは単騎で逃げ、ウオッカはディープスカイをマークする形でレースを進め、直線に入り残り300メートルからディープスカイとともにダイワスカーレットに並びかける。ゴール前は2頭並んでの叩き合いとなり、一時は先頭に立つも再びダイワスカーレットが差し返し2頭並んでゴールイン。15分に及ぶ写真判定の末、2cmという僅差で勝利した。また、勝ちタイムは1分57秒2とレコード決着となった(レース詳細は第138回天皇賞を参照)。東京優駿を制した牝馬が天皇賞を制したのはヒサトモ(第6回東京優駿、第3回帝室御賞典)以来である。また、牝馬による牡馬混合GI3勝目となりこれも過去最多勝利数となった(その後、5勝にまで記録を伸ばす)。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見たガーネットステークス

    祖母エナジートウショウの産駒(本馬の叔父)にスリーアベニュー(2007年ガーネットステークス優勝)。三代母コーニストウショウの産駒にシスタートウショウ(1991年桜花賞優勝・エナジートウショウの全妹)、孫にシーイズトウショウ(2003年CBC賞ほか重賞5勝)。四代母ローズトウショウの孫にマチカネフクキタル(1997年菊花賞優勝)。日本競馬史における大牝系の祖であるシラオキを六代母にもつ。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見たチューリップ賞

    2007年の緒戦にはエルフィンステークスが選択された。他馬より2キロ重い56kgの斤量を背負っての出走となったがレースでは直線に入ると馬なりで先頭に立ち、2着のニシノマナムスメに3馬身差の着差をつけて勝利した。続くチューリップ賞ではダイワスカーレットがウオッカとマッチレースを望むかのようにウオッカをひきつけたが、これをクビ差交わし優勝した。なお3着との着差は6馬身であり、2頭の力が突出していることを示す結果となった。桜花賞では前走の結果から瞬発力勝負では分が悪いと踏んだダイワスカーレットが早めに抜け出すという作戦をとり、これを捉えることができず2着に敗れた。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見たシスタートウショウ

    祖母エナジートウショウの産駒(本馬の叔父)にスリーアベニュー(2007年ガーネットステークス優勝)。三代母コーニストウショウの産駒にシスタートウショウ(1991年桜花賞優勝・エナジートウショウの全妹)、孫にシーイズトウショウ(2003年CBC賞ほか重賞5勝)。四代母ローズトウショウの孫にマチカネフクキタル(1997年菊花賞優勝)。日本競馬史における大牝系の祖であるシラオキを六代母にもつ。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見た斤量

    2007年の緒戦にはエルフィンステークスが選択された。他馬より2キロ重い56kgの斤量を背負っての出走となったがレースでは直線に入ると馬なりで先頭に立ち、2着のニシノマナムスメに3馬身差の着差をつけて勝利した。続くチューリップ賞ではダイワスカーレットがウオッカとマッチレースを望むかのようにウオッカをひきつけたが、これをクビ差交わし優勝した。なお3着との着差は6馬身であり、2頭の力が突出していることを示す結果となった。桜花賞では前走の結果から瞬発力勝負では分が悪いと踏んだダイワスカーレットが早めに抜け出すという作戦をとり、これを捉えることができず2着に敗れた。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見た阪神ジュベナイルフィリーズ

    3戦目の阪神ジュベナイルフィリーズではスタート後先団に取りつき道中は馬群の中団からレースを進め直線で先に抜け出したアストンマーチャンを差し切り、GI制覇を収めた。この時の勝ちタイム1分33秒1は、レースレコードであると同時に2歳芝1600mの日本レコードであった。阪神ジュベナイルフィリーズの勝利を受け、この年のJRA賞では最優秀2歳牝馬を受賞した。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見たハットトリック (競走馬)

    入厩後の調教ではデルタブルース、ハットトリックのGI馬に食らいつく走りを見せており、想像以上の能力を見せている。この知らせを聞いた谷水はウオッカが将来の名馬である事を確信したという。これ程の能力ならば北海道の2歳重賞(函館2歳ステークス、札幌2歳ステークス)を総なめにする事も夢ではないとデビューに向けて移動するも、現地で熱発を発症したため一時テンコートレーニングセンターへ放牧に出される事になった。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見たCBC賞

    祖母エナジートウショウの産駒(本馬の叔父)にスリーアベニュー(2007年ガーネットステークス優勝)。三代母コーニストウショウの産駒にシスタートウショウ(1991年桜花賞優勝・エナジートウショウの全妹)、孫にシーイズトウショウ(2003年CBC賞ほか重賞5勝)。四代母ローズトウショウの孫にマチカネフクキタル(1997年菊花賞優勝)。日本競馬史における大牝系の祖であるシラオキを六代母にもつ。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見たアイルランド

    しかし、ジャパンカップの終了後、競走中に鼻出血を発症していたことが発表された。この為、日本中央競馬会競馬番組一般事項第2章のその11「痼疾馬の出走制限」の規定により、ジャパンカップが施行された日から1ヶ月間出走できないため、12月27日の有馬記念への出走は不可能となった。これによって引退を含めた今後の動向が注目されたが、12月8日に角居調教師から、2010年3月27日にアラブ首長国連邦のメイダン競馬場で開催されるドバイワールドカップ(GI、オールウェザー2000m)を引退レースとし、引退後はアイルランドで繁殖に入ることが発表された。12月10日に発表された有馬記念ファン投票の最終結果で1位となったが、3年連続1位は初である。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

  • ウオッカ

    ウオッカから見たJRA賞最優秀2歳牝馬

    3戦目の阪神ジュベナイルフィリーズではスタート後先団に取りつき道中は馬群の中団からレースを進め直線で先に抜け出したアストンマーチャンを差し切り、GI制覇を収めた。この時の勝ちタイム1分33秒1は、レースレコードであると同時に2歳芝1600mの日本レコードであった。阪神ジュベナイルフィリーズの勝利を受け、この年のJRA賞では最優秀2歳牝馬を受賞した。ウオッカ フレッシュアイペディアより)

133件中 81 - 90件表示

「ウオッカ」のニューストピックワード