ウクライナ ニュース&Wiki etc.

ウクライナ(ウクライナ語:''''、)は、東ヨーロッパの国。東にロシア連邦、西にハンガリーやポーランド、スロバキア、ルーマニア、モルドバ、北にベラルーシ、南に黒海を挟みトルコが位置している。 (出典:Wikipedia)

「ウクライナ」Q&A

  • Q&A

    結局ロシアに最初にばら撒いた3000億はどうなったのですか。アメリカがテロリストを募…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年12月2日 08:12

  • Q&A

    ロシア語とウクライナ語、スペイン語とポルトガル語をそれぞれ比較した場合、どちらの方が…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月28日 17:47

  • Q&A

    今年の秋も海外からウィーンフィルを始め沢山のオーケストラ がやってきました。ヨーロッ…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月28日 16:22

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ウクライナ」のつながり調べ

  • ヴィルヘルム・グレーナー

    ヴィルヘルム・グレーナーから見たウクライナ

    ドイツ南西部・ヴュルテンベルク王国のルートヴィヒスブルクに、連隊主計官の息子として生まれる。1884年のアビトゥーア合格後にヴュルテンベルク王国軍に入隊。任官試験に合格後陸軍大学で学び、1899年に参謀本部に配属され、以後17年間を鉄道兵站の専門家として過ごすことになる。1912年に鉄道部長に就任し、1914年に始まる第一次世界大戦でも戦線移動に伴う膨大な鉄道輸送業務の責任者となった。1916年に戦時食糧庁に出向、同年11月1日に中将に昇進し、プロイセン王国軍事省次官及び副大臣に就任。この職責で帝国議会に勤労奉仕法案を提出した。陸軍最高指導部と対立し、翌年8月にウクライナにある前線に左遷された。(ヴィルヘルム・グレーナー フレッシュアイペディアより)

  • ヴャチェスラフ・モロトフ

    ヴャチェスラフ・モロトフから見たウクライナ

    1921年には党中央委員会書記局筆頭書記になり、政治局員候補となる。この年、モロトフはウクライナの党書記であったポリーナ・ジェムチュジナと結婚した。翌1922年、レーニンは書記局の強化のためにソビエト連邦共産党書記長のポストを新設し、スターリンを書記長に任命した。以降の党内闘争ではモロトフはスターリン派として活動し、レフ・トロツキー、アレクセイ・ルイコフといった政敵の排除に大きな役割を果たした。1926年には正式に政治局員となる。以降もスターリン路線の忠実な支持者であり、コルホーズによる農業集団化や大粛清でも大きな役割を果たした。1930年には人民委員会議議長(首相)に就任し、以降11年間にわたってその座を占め続けた。(ヴャチェスラフ・モロトフ フレッシュアイペディアより)

「ウクライナ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

目次(フレッシュアイペディア)

「ウクライナ」
地図情報

「ウクライナ」のニューストピックワード