3004件中 91 - 100件表示
  • ウラジミール・シドレンコ

    ウラジミール・シドレンコから見たウクライナウクライナ

    ウラジミール・シドレンコ(Volodymyr Sydorenko、男性、1976年9月23日 - )は、ウクライナのプロボクサー。元WBA世界バンタム級王者。ウラジミール・シドレンコ フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナ共産党

    ウクライナ共産党から見たウクライナウクライナ

    ウクライナ共産党(ウクライナ語:Комуністична партія України)は、ウクライナの共産主義の政党。1918年にロシア共産党の一派として創立。その後、ソビエト連邦共産党の一部となる。ソ連時代中、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の政権を独占していた。1991年にウクライナが独立を勝ち取ると、禁じられた。1993年、ドネツクで行われたウクライナ共産党大会において再び創立。ウクライナの東部・南部を中心に支持率を得ている。社会主義の他に、ソ連の再建、ロシア連邦との協力、ロシア語の国語化などウクライナ共産党 フレッシュアイペディアより)

  • UEFA EURO 2012決勝

    UEFA EURO 2012決勝から見たウクライナウクライナ

    UEFA EURO 2012決勝は2012年7月1日(東ヨーロッパ夏時間)にウクライナ・キエフのオリンピスキ・スタジアムで開催された、UEFA EURO 2012の決勝戦である。前回大会優勝のスペインとイタリアが対戦した。スペインは2大会連続、イタリアは2000年以来3大会ぶりの決勝戦進出となった。両者はグループリーグの初戦でも対戦しており、この時は1-1の引き分けに終わっている。なお、今大会優勝チームにはFIFAコンフェデレーションズカップ2013への出場権が与えられる予定だったが、既にスペインは2010 FIFAワールドカップ優勝国としてFIFAコンフェデレーションズカップ2013への出場が決定しているため、イタリアは決勝戦の結果に関わらず出場権を獲得することが決定した。UEFA EURO 2012決勝 フレッシュアイペディアより)

  • バラク・オバマ政権の外交政策

    バラク・オバマ政権の外交政策から見たウクライナウクライナ

    2009年7月20日から始まったウクライナとグルジアへの3日間の旅行中、ジョセフ・バイデン副大統領は米国はアフハジアと南オセチアを独立国として認めないと再び述べた。そして、「世界」に対しこれらを独立国として認めないことを求めた。バラク・オバマ政権の外交政策 フレッシュアイペディアより)

  • コンスタンツ・マルキエビッチ

    コンスタンツ・マルキエビッチから見たウクライナウクライナ

    ゴア=ブースは画家となる学びを受けようとしたが、その当時ダブリンの1つの美術学校だけが女子学生を受け入れていた。1892年に彼女はロンドンのSlade School of Fine Artへ学びに行った。この時にゴア=ブースは初めて政治活動家となり、National Union of Women's Suffrage Societies (NUWSS) に加入した。その後、彼女はパリに移り、著名なアカデミー・ジュリアンに入学し、彼女の未来の夫に出会った。それは、で、ポーランド系のウクライナ貴族であった。コンスタンツ・マルキエビッチ フレッシュアイペディアより)

  • 杉の革命

    杉の革命から見たウクライナウクライナ

    「杉の革命」という名前は、アメリカ人の保守派論客、ポーラ・ドブリアンスキー(:en:Paula Dobriansky)による造語である。この造語が用いられるようになったのは、グルジアにおけるバラ革命、ウクライナにおけるオレンジ革命、イラクにおける紫の革命(これを主唱したのは、ジョージ・W・ブッシュアメリカ大統領である)と対比するためである。杉の革命 フレッシュアイペディアより)

  • リヴォニア戦争

    リヴォニア戦争から見たウクライナウクライナ

    この状態を見たリヴォニア騎士団長ゴットハルト・ケトラーは、ポーランド王国に臣従し、残った領地をもってポーランドの後ろ盾でクールラント公国を建国した(1561年)。その後リトアニア大公国軍は、ロシア軍と交戦し有利に立つものの、国力を浪費し、長期戦に耐えることが不可能となり、同君連合を取るポーランド王国軍の参戦を求めた。ここにポーランドは直接参戦に踏み切ることになった。またリトアニア大公国の支配階層の多数を占めたルーシ人の住む広大な地域(現在のベラルーシ、ウクライナ、ロシアのスモレンスク地方に相当)はポーランド王国のいくつかの県として再編された。ポーランドとリトアニアは1569年にルブリン合同を結び、両国は共通する議会を持つ一体の政治機構となった。以降のポーランド・リトアニア連合を、「共和国」と呼ぶようになる。リヴォニア戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 地域党

    地域党から見たウクライナウクライナ

    地域党(ちいきとう、、)は、ウクライナの親露派の政党。1997年10月26日に創立。ウクライナ第2代大統領レオニード・クチマを支援するための政治組織として創設され、2002年の議会選挙では政治連合「統一ウクライナ」に加わった。党員にはソ連系の官僚や国家公務員、ウクライナの東南部の実業家、地方自治体の行政官とそれらの子孫が多い。総裁はミコラ・アザロフ。ウクライナ東部のロシア系住民を主な支持基盤とし、親ロシア的な外交政策を主張している。地域党 フレッシュアイペディアより)

  • ルーシ (地名)

    ルーシ (地名)から見たウクライナウクライナ

    ルーシ(')は中世東欧にあった地名。ドニプロ川の中流域、現在のウクライナのキエフ・チェルニーヒウ・ペレヤースラウ=フメリヌィーツィクィイが形成する三角地帯において存在したと考えられている。古文書や年代記などにおいては「ルーシの地」(')として登場する。9世紀から13世紀半ばに存在したキエフ大公国の中枢であり、大公国の国号となった。最初は「国」という政治的概念として用いられたが、次第に「州」という地理的概念に変更していった。キエフ大公国の分裂後、当地域を支配したポーランド王国、リトアニア大公国、モスクワ大公国、コサック国家の君主、諸教会の主教・司教の称号などにおいて雅号として用いられた。ルーシヤ、ルテニア、ロシアの語源となった。現在のウクライナ、ベラルーシ、ロシアの雅号として用いられる。ルーシ (地名) フレッシュアイペディアより)

  • アンドレイ・クルコフ

    アンドレイ・クルコフから見たウクライナウクライナ

    アンドレイ・クルコフ(Андрій Юрійович Курков、ロシア語:Андрей Курков 1961年4月23日 - )は、ウクライナの小説家。ロシア語で執筆活動を行っている。アンドレイ・クルコフ フレッシュアイペディアより)

3004件中 91 - 100件表示

「ウクライナ」のニューストピックワード