3004件中 11 - 20件表示
  • タチアナ・ペレビニス

    タチアナ・ペレビニスから見たウクライナウクライナ

    タチアナ・ペレビニス(Tatiana Perebiynis, ウクライナ語:, 1982年12月15日 - )は、ウクライナ・ハルキウ出身の女子プロテニス選手。2005年のウィンブルドン混合ダブルス部門で、オーストラリアのポール・ハンリーとペアを組んで準優勝した選手である。自己最高ランキングはシングルス55位、ダブルス35位。WTAツアーでシングルスの優勝はないが、ダブルスで6勝を挙げている。タチアナ・ペレビニス フレッシュアイペディアより)

  • 第28SS義勇擲弾兵師団

    第28SS義勇擲弾兵師団から見たウクライナウクライナ

    師団の原点である「ワロニー部隊」(Légion Wallonie)は1941年10月から第373ワロン歩兵大隊(Wallonische-Infanterie Bataillon 373)としてドイツ国防軍(ドイツ陸軍)に所属し、1942年秋まで東部戦線に従軍。1943年6月に陸軍から武装親衛隊に移籍し、7月にSS突撃旅団「ヴァロニェン」(SS-Sturmbrigade "Wallonien")と改称。1943年秋から1944年2月まで第5SS装甲師団「ヴィーキング」の麾下部隊としてウクライナ・チェルカースィ戦線(コルスン包囲戦)でパルチザンやソビエト赤軍と死闘を繰り広げた。第28SS義勇擲弾兵師団 フレッシュアイペディアより)

  • 古儀式派

    古儀式派から見たウクライナウクライナ

    国家公認教会への改宗を拒んだ古儀式派教徒への対処は、当初「税金を2倍払う」などの軽いものだったが、次第に拷問・処刑を含む迫害へと変っていった。彼らの多くがウクライナ・シベリア・ロシア極東地域・ポーランド・沿バルト地域・ルーマニア・トルコ・新疆(東トルキスタン)などに逃れた。ピョートル1世の治世で激しい迫害が行われたが、エカテリーナ2世の下で緩和された。ただし、古儀式派信徒たちへの政府による主流派ロシア正教会への改宗の促進は続行された。古儀式派 フレッシュアイペディアより)

  • ロシア

    ロシアから見たウクライナウクライナ

    世界最大の面積をもつ国土はヨーロッパとアジアにまたがり、北西から順にグリーンランド(デンマーク自治領)、ノルウェー、フィンランド、エストニア、ラトビア、ベラルーシ、リトアニア、ポーランド(リトアニア、ポーランドとの国境はバルト海とリトアニアに囲まれた飛び地領であるカリーニングラード州である)、ウクライナ、グルジア、アゼルバイジャン、カザフスタン、中国、モンゴル、北朝鮮、日本、アメリカ、カナダと陸上または海上で国境を接し、北は北極海、東は太平洋に囲まれている。ロシア フレッシュアイペディアより)

  • ロシア帝国

    ロシア帝国から見たウクライナウクライナ

    ロシア帝国(ロシアていこく、 ラスィーイスカヤ・インピェーリヤ)は、1721年から1917年までに存在した帝国である。ロシアを始め、フィンランド、リボニア、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、ポーランド、カフカーズ、中央アジア、シベリア、満州などのユーラシア大陸の北部を広く支配していた。帝政ロシア(ていせいロシア)とも呼ばれる。ロシア帝国 フレッシュアイペディアより)

  • リトアニア

    リトアニアから見たウクライナウクライナ

    14世紀末までにリトアニア大公国は現在のベラルーシ全域、ウクライナ全域、ポーランドの一部、ロシアの一部を領土とする、ヨーロッパ最大の国家となった。東西のはざまに位置していたリトアニア大公国では様々な文化や宗教が入り混ざっていた。リトアニアの支配者らはスラヴ文化・宗教に対して寛容で、また言語など多くの伝統をスラヴ部族から受け入れていった。政治的実体もハールィチ・ヴォルィーニ大公国のヴォルィーニ公国にあるほどであった。リトアニア フレッシュアイペディアより)

  • 黒海

    黒海から見たウクライナウクライナ

    バルカン半島、アナトリア半島、カフカースと南ウクライナ・クリミア半島に囲まれており、ドナウ川、ドニエストル川、ドニエプル川などの東ヨーロッパの大河が注ぐ。アナトリアとバルカンの間のボスポラス海峡、マルマラ海、ダーダネルス海峡を通じて地中海に繋がっており、クリミアの東にはケルチ海峡を隔ててアゾフ海がある。黒海 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見たウクライナウクライナ

    ロシア革命以降、世界的に共産主義が台頭するようになった。これを阻止すべく欧米列強は、シベリア出兵を行うなど赤化を食い止めようとしたが失敗した。旧勢力の駆逐に成功したソ連は対外膨張政策を採り、1921年には外モンゴルに傀儡政権のモンゴル人民共和国を設立し、1929年には満洲の権益をめぐり中ソ紛争を引き起こされた。また、新たにソ連に併合されたウクライナでは1932年から強制移住と弾圧が行われ、餓死や処刑により最終的に1,450万人のウクライナ人が命を落とした(ウクライナ大飢饉)。また、スペイン内戦や支那事変等に軍を派遣するなど(ソ連空軍志願隊)、国際紛争に積極的に介入した。同時にソ連とその衛星国で大粛清を行い数百万人を処刑した。[[ファイル:Vinnycia16.jpg|thumb|left|ヴィーンヌィツャ大虐殺の犠牲者を捜す遺族。枢軸国のウクライナ侵攻により共産勢力が駆逐され、事件が明らかにされた。]]1937年にはウクライナでヴィーンヌィツャ大虐殺が行われた。1939年にはノモンハン事件が引き起こされた。このような中でソ連の支援を受けた共産主義組織が各国で勢力を伸ばしていった。これらの動きを食い止めようとする右派からファシズムが生み出されることとなった。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • ロシアの歴史

    ロシアの歴史から見たウクライナウクライナ

    ロシアの歴史を通観すると、東ヨーロッパのスラヴ人居住地帯であったルーシの地に多くの公国が興ったことによって、さらにその辺境であった北東ルーシの地から興ったモスクワ大公国がルーシのみならずウラル、中央アジア、シベリアから極東のオホーツク海沿岸まで広大な地域を飲み込むことによって形成された国家の発展の歴史としてとらえられ、歴史の叙述はそのような順序で述べられることになる。しかし、実際にはルーシからはウクライナ人、ベラルーシ人など、ロシア人と別の民族意識を確立して現在のウクライナ、ベラルーシなどの諸国を形成した人々がおり、また中央アジアやシベリアにはスラヴ系の正教会信徒であるロシア人とは異なった民族の起源を有する様々な人々が、独自の伝統と歴史を歩んできた。ロシア史として記述される歴史は、ロシアという国家の単線的な歴史であると同時に、歴史上ロシアに内包されたり、かかわりをもったりしてきた様々な人々が出入りする複雑な歴史でもある。ロシアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • コサック

    コサックから見たウクライナウクライナ

    コサック(ウクライナ語:'''')は、ウクライナと南ロシアなどに生活していた軍事的共同体、またはその共同体の一員である。コサック フレッシュアイペディアより)

3004件中 11 - 20件表示

「ウクライナ」のニューストピックワード