3004件中 31 - 40件表示
  • ヴィーツェプスク・スラヴャンスキー・バザール

    ヴィーツェプスク・スラヴャンスキー・バザールから見たウクライナウクライナ

    国際芸術祭『ヴィーツェプスク・スラヴャンスキー・バザール』(、、、)、またはスラヴ・バザールは、ベラルーシ・ヴィーツェプスク(ヴィーチェプスク)で開催される音楽祭であり、ベラルーシ政府の後援により1992年に始まった。ベラルーシやロシア、ウクライナ、旧ユーゴスラビア諸国やポーランド、ブルガリアからの参加アーティストが多くを占めるが、非スラヴ諸国も含めてその他の国々からの参加者も多数ある。この音楽祭は1998年より(FIDOF)に加盟している。ヴィーツェプスク・スラヴャンスキー・バザール フレッシュアイペディアより)

  • ノースダコタ州の地理

    ノースダコタ州の地理から見たウクライナウクライナ

    ノースダコタは冷涼で乾燥した気候、地形、全ての土壌のうち最も肥沃なモリソルが州全域に分布していることから、農作物、特に「春小麦」の栽培に最適であり、カナダサスカチュワン州と並び、北アメリカ大陸最大の春小麦地帯として栄えている。全世界でもこのような土地はノースダコタ周辺とウクライナにのみ広がる。ノースダコタの春小麦は19世紀中盤の大陸横断鉄道の時代からダコタ小麦として著名であり、現在に至るまでその地位を保ってきた。州の経済活動は農業を中核としており、交通機関も農業のために役立っている。ノースダコタ州の地理 フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナの宗教

    ウクライナの宗教から見たウクライナウクライナ

    歴史的にはウクライナには多神教や自然崇拝を行う部族が暮らしていたが、ビザンティン典礼のキリスト教が紀元1000年になるまでに導入された。キエフのキリスト教をビザンティンのキリスト教の優越性と同等の地位に持って行こうとした後の執筆者達は、使徒アンデレ自身が後にキエフに建設される遺跡を訪問したと想像した。ウクライナの宗教 フレッシュアイペディアより)

  • MiG-21 (航空機)

    MiG-21 (航空機)から見たウクライナウクライナ

    近代化改修案は各国から出されている。現在も開発・生産を続けている中華人民共和国を別とすれば、ロシアのMiG-21-93(別名MiG-21UPG;'ミーグ21ウーペーゲー)やMiG-21-93I(ミーグ21-93イー)、MiG-23-98、MiG-21K(ミーグ21カー)、ルーマニアのランサーI/II/III()、イスラエルのMiG-21-2000が主なところである。この他、チェコは運用する自国のMiG-21MFをNATO標準に合わせたMiG-21MFN'に改修している。チェコではより高度な近代化改修を行う計画もあったが、結局スウェーデン製のグリペンを導入してMiG-21を代替することとし、MiG-21MFには最低限の改修しか施されなかった。また、ウクライナでも近代化改修機が開発されていた。同国では海外の運用国の機体の改修や定期点検も受け持っている。MiG-21 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • ミハイル・トゥガン=バラノフスキー

    ミハイル・トゥガン=バラノフスキーから見たウクライナウクライナ

    ミハイル・トゥガン=バラノフスキー(Mikhail Ivanovich Tugan-Baranovsky、1865年1月8日 - 1919年1月21日)は、ウクライナ出身、ロシアの経済学者。(ツガン=バラノフスキーと呼ぶひとも多い。)ミハイル・トゥガン=バラノフスキー フレッシュアイペディアより)

  • エヴゲニー・スルツキー

    エヴゲニー・スルツキーから見たウクライナウクライナ

    エヴゲニー・スルツキー(Evgenii Slutskii, Evgeny Evgenievich Slutsky, Евгений Слуцкий, 1880年4月19日 - 1948年3月10日)は20世紀初期のソヴィエト連邦・ウクライナの数学者・経済学者。ミクロ経済学において、スルツキー分解で知られている。エヴゲニー・スルツキー フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナ正教会・キエフ総主教庁

    ウクライナ正教会・キエフ総主教庁から見たウクライナウクライナ

    ウクライナ正教会・キエフ総主教庁(ウクライナ語: '''')は、ウクライナにおける正教会の一つである。ウクライナ正教会・キエフ総主教庁 フレッシュアイペディアより)

  • アインザッツグルッペン

    アインザッツグルッペンから見たウクライナウクライナ

    一方、エストニア人やリトアニア人、ラトビア人、ウクライナ人など現地の対独協力者も補助警察官としてアインザッツグルッペンに参加している。彼らは熱狂的な反ユダヤ主義者であり、自ら望んで殺戮していることが多かった。しばしば手当たり次第にユダヤ人を殺すのでドイツ人隊員たちが止めねばならないほどだった。もちろん止めたのは人道上の理由からではなく、殺害数のカウントなど「秩序ある殺戮」を遂行するためである。アインザッツグルッペン フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナの国章

    ウクライナの国章から見たウクライナウクライナ

    ウクライナの国章(ウクライナのこくしょう、ウクライナ語:'''';1 )は、ウクライナの国家的象徴の一つで、 青盾に黄金のトルィーズブが描かれているという紋章である。トルィーズブは、三叉戟をモチーフにしたキエフ大公国の大公朝の家紋である。ウクライナの国章は大公ヴォロディーメル1世が用いた家紋に由来する。ウクライナの国章 フレッシュアイペディアより)

  • アエロフロート航空墜落事故

    アエロフロート航空墜落事故から見たウクライナウクライナ

    1959年11月16日、アエロフロート航空のアントノフAn-10、ウクライナのリヴォフに着陸進入中に墜落。乗員乗客40名全員が死亡。アエロフロート航空墜落事故 フレッシュアイペディアより)

3004件中 31 - 40件表示

「ウクライナ」のニューストピックワード