3004件中 41 - 50件表示
  • 生存圏

    生存圏から見たウクライナウクライナ

    ドイツ帝国は、リトアニアとポーランドの領土を併合して、その住民を強制的に立ち退かせた後、ドイツ人入植者たちを直接入植させようと計画していた。1915年4月には、宰相テオバルト・フォン・ベートマン・ホルヴェークによって、ポーランド国境地域計画が戦争目的として承認された。この計画は1914年にエーリヒ・ルーデンドルフ将軍(陸軍少将)が、最初に提案したものであった。ドイツの歴史家アンドレアス・ヒルグルーバーは、第一次世界大戦下に「生存圏」を求めて東ヨーロッパを確保しようとしたルーデンドルフ将軍の外交政策が、第二次世界大戦におけるドイツの政策の原型となったと主張している。1918年、第一次世界大戦の最中に「生存圏」は現実のものとなりかけた。ロシア革命を経て、共産党政権はドイツとブレスト=リトフスク条約を結び、広大な領土の割譲と引き換えに、戦争への参加を終了させた。このときロシアが放棄した中には、バルト地域、ベラルーシ、ウクライナ、カフカスが含まれていた。しかし、国内の不穏な情勢と西部戦線における敗北によって、ドイツはこうした有利な条件を失い、ヴェルサイユ条約に従うことになった。ヴェルサイユ体制下では、新たな東方のドイツ領は、リトアニア、ポーランド、新しく創設されたエストニア、ラトヴィア、その他ウクライナに設けられた短命な独立国家群の領土とされた。生存圏 フレッシュアイペディアより)

  • スネジャナ・オノプカ

    スネジャナ・オノプカから見たウクライナウクライナ

    スネジャナ・オノプカ(Снєжана Онопка 1986年12月15日- )は、ウクライナ出身のファッションモデル。スネジャナ・オノプカ フレッシュアイペディアより)

  • 北大西洋条約機構

    北大西洋条約機構から見たウクライナウクライナ

    2000年代後半に入り、アメリカが推進する東欧ミサイル防衛問題や、ロシアの隣国であるグルジア、ウクライナがNATO加盟を目指していることに対し、経済が復興してプーチン政権下で大国の復権を謳っていたロシアは強い反発を示すようになった。2008年8月にはグルジア紛争が勃発、NATO諸国とロシアの関係は険悪化し、「新冷戦」と呼ばれるようになった。ロシアは2002年に設置されたNATOロシア理事会により準加盟国的存在であったが、2008年8月の時点ではNATOとの関係断絶も示唆していた。だが、2009年3月には関係を修復した。北大西洋条約機構 フレッシュアイペディアより)

  • ソビエト連邦の外交関係

    ソビエト連邦の外交関係から見たウクライナウクライナ

    1917年11月7日のロシア革命でボリシェヴィキが掲げた重要なスローガンには、4年目に入りロシア軍の苦戦が続く第一次世界大戦の即時講和があった。しかし「非併合・非賠償」のソビエト側提案をドイツは拒否し、1918年2月にソビエト外務人民委員(外相)のレフ・トロツキーが交渉を打ち切るとドイツ軍は攻撃を再開してロシアの首都ペトログラードに迫った。これでドイツ国内での革命発生のためにも即時講和を志向したウラジーミル・レーニンは譲歩を決断し、1918年3月3日にブレスト=リトフスク条約を締結した。ロシアはウクライナ・フィンランド・バルト海沿岸を含む広大な領土を放棄し、将来の帰属は住民に委ねるという名目付きで事実上ドイツやオーストリア・ハンガリー帝国への割譲がなされ、さらに追加条約で多額の賠償金支払いに応じた。このレーニンの譲歩はロシア国内で激しい反発を起こし、ソビエト政権からの左翼エスエル(社会革命党左派)の離脱や反革命派の拡大を招いて、ロシア内戦の激化とボリシェヴィキ一党独裁体制の成立につながった。ソビエト連邦の外交関係 フレッシュアイペディアより)

  • ベラルーシ

    ベラルーシから見たウクライナウクライナ

    ベラルーシ共和国(ベラルーシきょうわこく)、通称ベラルーシは、東ヨーロッパに位置する共和制国家。東にロシア、南にウクライナ、西にポーランド、北西にリトアニア、ラトビアと国境を接する。首都はミンスク。ソビエト連邦から独立した。国際連合にはウクライナと共に、ソ連時代からソ連とは別枠で加盟していた。ベラルーシ フレッシュアイペディアより)

  • クリミア半島

    クリミア半島から見たウクライナウクライナ

    クリミア半島(クリミアはんとう、、、)は、黒海の北岸、ウクライナにある半島である。ロシア語・ウクライナ語からクリム、クルイムとも。「クリミア」は英語名Crimea ( or ) より。古代にはタウリカ(Taurica)と呼ばれていた。クリミア半島 フレッシュアイペディアより)

  • ミンスク

    ミンスクから見たウクライナウクライナ

    1793年の第2回ポーランド分割によって、ミンスクはロシアに併合される。ミンスクグベールニヤの中心都市になる。ポーランド語の地名はロシア風に置き換えられた。1812年にはフランス軍がミンスクを一時占領。19世紀は、都市としてミンスクが整備された時代であった。大通りは舗装され、1836年には公立図書館も完成。19世紀後半に、ミンスクを経由するモスクワ・ブレスト・ワルシャワ間の鉄道が開通、さらにウクライナ方面への鉄道も開通し、ミンスクは重要な鉄道の分岐点として急速に発展した。1897年の人口は91,494人で、その半数近くがユダヤ人であった。ミンスク フレッシュアイペディアより)

  • An-124 (航空機)

    An-124 (航空機)から見たウクライナウクライナ

    An-124 ルスラーン(ウクライナ語:'アーン・ストー・ドヴァーッツャチ・チョトィールィ・ルスラーン;ロシア語:アーン・ストー・ドヴァーッツァチ・チトゥィーリェ・ルスラーン)はソ連のアントノフ設計局(ОКБ имени О.К.Антонова 現在はウクライナのO・K・アントーノウ記念航空科学技術複合体(ANTKアントーノウ))が開発した大型輸送機で、量産された機体としては世界最大の輸送機である。ウクライナやロシアでは前述したルスラーンの愛称で親しまれている一方、北大西洋条約機構 (NATO) がつけたNATOコードネームはコンドル'()であった。また、An-124をベースに開発された輸送機としてAn-225 ムリーヤがある。An-124 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド王国

    ポーランド王国から見たウクライナウクライナ

    ポーランド王国(ポーランドおうこく)は、1795年までポーランド一帯を支配していた王国。14世紀にリトアニア大公国と合同し、14世紀から16世紀にかけて北はエストニア、南はウクライナまでをも含む大王国を形成、人口や領土において当時のヨーロッパ最大の国家「ポーランド・リトアニア共和国」を形成し、その連邦の盟主となったが、ヨーロッパの経済構造が変化すると共に対外戦争と内乱が続き、18世紀に共和国が周辺諸国に領土を分割されると同時に消滅して、その領土的実態としての歴史を終えた。法的には1918年に成立したポーランド共和国(第二共和国)、1939年からのポーランド亡命政府、このポーランド亡命政府を1989年に継承した現在のポーランド共和国(第三共和国)がその法的継承国家。ポーランド王国 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合

    欧州連合から見たウクライナウクライナ

    1995年1月1日にはオーストリア、フィンランド、スウェーデンが、2004年5月1日には旧社会主義陣営の東ヨーロッパ諸国を含む10か国が、2007年1月1日にはブルガリアとルーマニアがそれぞれ欧州連合に加盟する。将来における拡大についても、クロアチアやマケドニア共和国などの、2005年に加盟したスロベニア以外の旧ユーゴスラビア連邦構成国やアルバニア、グルジアやウクライナなどのロシアと距離を置く東欧諸国、国土の一部がヨーロッパに属するトルコなどで加盟の是非に関する協議や、実際の加盟に向けた実務的な交渉が進められている。また、経済の分野においては次の段階として通貨統合が進められ、1998年5月1日に欧州中央銀行が発足、翌年1月1日には単一通貨ユーロが導入される。また外交分野においては共通外交・安全保障政策のもとで、北大西洋条約機構と協調する形でユーゴスラビア紛争の対応などにあたってきた。さらに2000年には欧州連合域内における市民の人権がうたわれている欧州連合基本権憲章が公布されている。そのような情勢の中で欧州連合は新たな加盟国の受け入れ態勢の構築が求められ、その一方で機構の肥大化に伴う組織の効率性低下が問題となり、これらを受けて従来の基本諸条約を廃し、一本化した形の基本条約として「欧州憲法条約」が策定され、2004年10月28日に同条約は調印された。ところが欧州憲法条約の超国家主義的な性格に対して、個別の加盟国の主権が脅かされるのではないかという不安から欧州懐疑主義が起こり、条約批准の是非を問う国民投票の結果、2005年5月にフランスで、翌月にはオランダで批准に反対するという意思が示された。欧州連合 フレッシュアイペディアより)

3004件中 41 - 50件表示

「ウクライナ」のニューストピックワード