3004件中 61 - 70件表示
  • ロマン・ゾズリャ

    ロマン・ゾズリャから見たウクライナウクライナ

    ロマン・ヴャチェスラヴォヴィチ・ゾズリャ(ウクライナ語:'''、ラテン文字:'、1989年11月17日 - )は、ウクライナ・キエフ出身のサッカー選手。FCドニプロ・ドニプロペトロウシク所属。ポジションはFW。ロマン・ゾズリャ フレッシュアイペディアより)

  • セルゲイ・セマク

    セルゲイ・セマクから見たウクライナウクライナ

    セルゲイ・セマク(, 1976年2月27日 - )は、ウクライナ出身のロシアのサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。FCゼニト・サンクトペテルブルク所属。セルゲイ・セマク フレッシュアイペディアより)

  • 農業機

    農業機から見たウクライナウクライナ

    アメリカの他ではロシア・ウクライナ等の旧ソビエト連邦諸国やオーストラリア、カナダ等、広大な国土と農地を持つ国での運用が盛んである。また、近年では中華人民共和国において、農業機械化の一環として農業機の導入が大規模に行われている。農業機 フレッシュアイペディアより)

  • ドゥホボール派

    ドゥホボール派から見たウクライナウクライナ

    ドゥホボール派(またはドゥホボル、ドゥホボールィ、ドゥホボールツィ、聖霊否定派とも、, ラテン文字化: Doukhobor)とはロシア・ウクライナに起源を持つキリスト教の教派。神秘主義・絶対的平和主義・無政府主義の傾向が強く、共同農業生活を送ってきた。18世紀またはそれ以前に農民の間から現れたとされる。1785年もしくは1786年、ロシア正教会のエカテリノスラフ主教アンブロシウスが「聖霊と戦う者」という意味を込めて彼らにドゥホボールツィと名付けたため「聖霊否定派」と呼ばれることがある。だが、ドゥホボール派は聖霊を肯定しているため、これは不当な呼称である。後に彼らは「聖霊とともに戦う者」という意味を込めてこの呼称を取り入れ、さらに短縮してドゥホボールと名乗るようになった。ドゥホボール派 フレッシュアイペディアより)

  • オルガ・カプラノワ

    オルガ・カプラノワから見たウクライナウクライナ

    7歳から新体操を始め、一時代を築いたアテネオリンピックの新体操女王アリーナ・カバエワの後継者として、2005年の世界新体操選手権大会で個人総合1位となり鮮烈なデビューを果たす。カバエワに負けない柔軟性の高さとそれに伴う高難度の技を演技に多く取り入れ、高得点をマークしている。同じくガス・プロム所属のベラ・セシナとロシアの王座を守っていたが、2006年は成績に波があり、復活したカバエワやセシナに後れを取ることもあった。ディフェンディング・チャンピオンとしてのぞんだ2007年の世界新体操選手権大会ではミスが響き、ウクライナのアンナ・ベッソノワ・ベラ・セシナに破れ、個人総合3位となる。オルガ・カプラノワ フレッシュアイペディアより)

  • 小ロシア

    小ロシアから見たウクライナウクライナ

    小ロシア(しょうロシア)あるいは小ルーシ(しょうルーシ、ギリシャ語:'')は、東欧の地名で、ルーシ人の本土を指す用語で、ウクライナの旧称の一つである。14世紀にギリシャ正教会の行政概念として登場したものの、17世紀以降にロシア帝国の政治概念に変貌していった。20世紀初頭よりウクライナの蔑称として用いられる。小ロシア フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・クラスナー

    ルイス・クラスナーから見たウクライナウクライナ

    ルイス・クラスナー(Louis Krasner, 1903年6月21日 - 1995年5月4日)は、ウクライナ生まれのアメリカのヴァイオリニスト。ルイス・クラスナー フレッシュアイペディアより)

  • ブジャク

    ブジャクから見たウクライナウクライナ

    ブジャク(ウクライナ語:'ブジャーク;ルーマニア語:'ブジャク;)はウクライナの歴史的地名である。ベッサラビア地方の南部、黒海沿岸のドナウ川とドニエストル川にはさまれた地域を指す地域である。しばしば、南ベッサラビアとも呼ばれた地域で、今日ではウクライナのオデッサ州に属している。ブジャク フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトル

    ヴィクトルから見たウクライナウクライナ

    ヴィクトル・オノプコ - ウクライナ出身でロシア国籍のサッカー選手。ヴィクトル フレッシュアイペディアより)

  • ボスポロス王国

    ボスポロス王国から見たウクライナウクライナ

    黒海沿岸におけるギリシア人の植民市は主に取引所から発達した。現在のウクライナなどで勢力を持ったスキタイ人などを介してウクライナ内陸部などと物品を交換し、バルト海近辺の商品さえ取引された。こうしてギリシア植民市に搬入された物品は黒海を通じてギリシア本国やアナトリアなどへと運搬された。「客人を歓待する海」(ポントス・エウクセイノス)と呼ばれるほど穏やかで航海の容易な黒海航路によって黒海北岸の植民市は大きく発展していくことになる。ボスポロス王国 フレッシュアイペディアより)

3004件中 61 - 70件表示

「ウクライナ」のニューストピックワード