3952件中 71 - 80件表示
  • Su-25 (航空機)

    Su-25 (航空機)から見たウクライナウクライナ

    Su-25(スホーイ25、スホイ25;(ロシア語:スー・ドヴァーッツァチ・ピャーチ)は、ソ連のスホーイ設計局が開発した攻撃機(シュトゥルモヴィーク)である。ソ連での愛称はグラーチュ(:ミヤマガラス。ロシアやウクライナに生息する小型のカラスの仲間)。北大西洋条約機構(NATO)の使用したNATOコードネームは「フロッグフット」()。Su-25 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • MiG-21 (航空機)

    MiG-21 (航空機)から見たウクライナウクライナ

    近代化改修案は各国から出されている。現在も開発・生産を続けている中国を別とすれば、ロシアのMiG-21-93(別名MiG-21UPG;ミーグ21ウーペーゲー)やMiG-21-93I(ミーグ21-93イー)、MiG-21-98、MiG-21K(ミーグ21カー)、ルーマニアのランサーI/II/III()、イスラエルのMiG-21-2000が主なところである。この他、チェコは運用する自国のMiG-21MFをNATO標準に合わせたMiG-21MFNに改修している。チェコではより高度な近代化改修を行う計画もあったが、結局スウェーデン製のグリペンを導入してMiG-21を代替することとし、MiG-21MFには最低限の改修しか施されなかった。また、ウクライナでも近代化改修機が開発されていた。同国では海外の運用国の機体の改修や定期点検も受け持っている。MiG-21 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • ヴィタリー・ポタペンコ

    ヴィタリー・ポタペンコから見たウクライナウクライナ

    ヴィタリー・ポタペンコ (英語:Vitaly Nikolaevich Potapenko ウクライナ語:Віталій Миколайович Потапенко 1975年3月21日 - )は、ウクライナ・キエフ出身の元バスケットボール選手。NBAで12シーズン活躍し、現在はクリーブランド・キャバリアーズのアシスタントコーチを務めている。ヴィタリー・ポタペンコ フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド王国

    ポーランド王国から見たウクライナウクライナ

    ポーランド王国(ポーランドおうこく)は、1025年から1569年(リトアニアとの二重王国時代を含めると1795年)までポーランド一帯を支配していた王国。14世紀にリトアニア大公国と合同し、14世紀から16世紀にかけて北はエストニア、南はウクライナまでをも含む大王国を形成、人口や領土において当時のヨーロッパ最大の国家「ポーランド・リトアニア共和国」を形成し、その連邦の盟主となったが、ヨーロッパの経済構造が変化すると共に対外戦争と内乱が続き、18世紀に共和国が周辺諸国に領土を分割されると同時に消滅して、その領土的実態としての歴史を終えた。法的には1918年に成立したポーランド共和国(第二共和国)、1939年からのポーランド亡命政府、このポーランド亡命政府を1989年に継承した現在のポーランド共和国(第三共和国)がその法的継承国家。ポーランド王国 フレッシュアイペディアより)

  • マレーシア航空

    マレーシア航空から見たウクライナウクライナ

    2014年7月17日 マレーシア航空17便が紛争中のウクライナ上空で撃墜される。マレーシア航空 フレッシュアイペディアより)

  • 徴兵制度

    徴兵制度から見たウクライナウクライナ

    北アフリカ諸国の他、ベトナム、イスラエル、ウクライナ、キプロス、韓国、スイス、オーストリア等、CSTOに加盟しているアルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、ロシアなどでは徴兵制が続いているが、冷戦終結後は、西側諸国ではフランス(2002年)、ドイツ(2011年)のように徴兵制度を廃止する国が増え、また、実施している国でも良心的兵役拒否した場合の代替服務を選択可能を導入している場合が大半である。徴兵制度 フレッシュアイペディアより)

  • ベラルーシ

    ベラルーシから見たウクライナウクライナ

    ベラルーシ共和国(ベラルーシきょうわこく、、)、通称ベラルーシは、東ヨーロッパに位置する共和制国家。日本語では白ロシア(はくロシア)とも呼ばれる。東にロシア、南にウクライナ、西にポーランド、北西にリトアニア、ラトビアと国境を接する、世界最北の内陸国である。首都はミンスク。ソビエト連邦から独立した。国際連合にはウクライナと共に、ソ連時代からソ連とは別枠で加盟していた。また、ヨーロッパ州で最も北にある内陸国の一つでもある。ベラルーシ フレッシュアイペディアより)

  • 古儀式派

    古儀式派から見たウクライナウクライナ

    国家公認教会への改宗を拒んだ古儀式派教徒への対処は、当初「税金を2倍払う」などの比較的軽いものだったが、次第に拷問・処刑を含む迫害へと変っていった。彼らの多くがウクライナ・シベリア・ロシア極東地域・ポーランド・沿バルト地域・ルーマニア・トルコ・新疆(東トルキスタン)などに逃れた。ピョートル1世の治世で激しい迫害が行われたが、エカテリーナ2世の下で緩和された。ただし、古儀式派信徒たちへの政府による主流派ロシア正教会への改宗の促進は続行された。古儀式派 フレッシュアイペディアより)

  • ポリーシャ

    ポリーシャから見たウクライナウクライナ

    ポリーシャ(ウクライナ語:'、ベラルーシ語:')は北ウクライナと南ベラルーシの間に位置する歴史的地名である。スラヴ人の発祥地であり、古代より東スラヴの文化と伝統が保存されてきた地域とされる。19世紀以降、東欧の人類学者のメッカとなった。20世紀末、チョルノーブィリ原子力発電所事故により著しい被害を受けた。ポリーシャ フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の拡大

    欧州連合の拡大から見たウクライナウクライナ

    2003年、テッサロニキ欧州理事会においてバルカン西部の統合をEU拡大の優先課題とした。さらにルーマニアのママイアにおける会合では加盟基準の達成状況にもよるが、「アルバニア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、マケドニア、セルビア・モンテネグロのEU加盟は2010年から2015年の間に実現する」という見通しが示された。この首脳会合には当時既存の加盟国である2か国、その後2007年までに加盟した7か国、将来において加盟が見込まれる8か国(アルバニア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、クロアチア、マケドニア、モルドヴァ、モンテネグロ、セルビア、ウクライナ)が出席していたが、EUとしての公式なものとはされておらず、目標時期やそこで示された合意事項は主に加盟候補国・潜在的加盟候補国のEUへの正式加盟を促すことが目的であった。欧州連合の拡大 フレッシュアイペディアより)

3952件中 71 - 80件表示

「ウクライナ」のニューストピックワード