3004件中 81 - 90件表示
  • ピエール・ベレゴヴォワ

    ピエール・ベレゴヴォワから見たウクライナウクライナ

    ピエール・ベレゴヴォワ(Pierre Bérégovoy, 1925年12月23日 - 1993年5月1日)は、フランスの政治家。ウクライナ系。フランス社会党に所属し、フランソワ・ミッテラン大統領時代の1992年から1993年まで首相を務めた。ピエール・ベレゴヴォワ フレッシュアイペディアより)

  • チェルノブイリ原発事故の影響

    チェルノブイリ原発事故の影響から見たウクライナウクライナ

    チェルノブイリ原発事故の影響(チェルノブイリげんぱつじこのえいきょう)では、1986年4月26日のチェルノブイリ原子力発電所事故による、放射線などによる疾病や影響、旧ソビエト連邦やソ連解体後のウクライナへの影響、世界中での原子力政策や大衆運動など様々な影響について述べる。チェルノブイリ原発事故の影響 フレッシュアイペディアより)

  • ペラヤースラウ会議 (1654年)

    ペラヤースラウ会議 (1654年)から見たウクライナウクライナ

    ペレヤースラウ会議(ウクライナ語:'''')は、1654年1月18日(ユリウス暦:1月8日)にウクライナのペレヤースラウにおいて、コサック国家の将軍ボフダーン・フメリニーツィキーが開催したコサックの全軍(全国)会議である。この会議では、ウクライナ・コサックがポーランドと戦うために、ロシアのツァーリから一時的保護を受けることとなった。会議の決議は、同年3月に「三月の条々」というウクライナ・ロシア条約に編入された。そのきっかけでロシアは、ポーランドからのウクライナの独立戦争に介入し、東欧における自国の勢力の拡大に成功し、18世紀末にウクライナを併合した。ロシア・ソ連の学界ではペレヤースラウ会議が「キエフ・ロシア時代以来、ロシアとのウクライナの再統合」と見なされ、ウクライナの学界ではポーランド隷属からモスクワ隷属への移行と解釈されている。ペラヤースラウ会議 (1654年) フレッシュアイペディアより)

  • ガブリエル・アーモンド

    ガブリエル・アーモンドから見たウクライナウクライナ

    イリノイ州のウクライナ系移民の家庭に生まれる。シカゴ大学でチャールズ・メリアムやハロルド・ラズウェルの下で学び、1938年にニューヨーク市のエリート層に関する研究で博士号取得。ブルックリン大学、イェール大学、プリンストン大学で教鞭をとり、1963年からスタンフォード大学教授。また、東京大学やキエフ大学(ウクライナ)などで客員教授を務めた。1965年から1966年までアメリカ政治学会会長を務め、1981年にはアメリカ政治学会ジェームズ・マディスン賞を受賞。ガブリエル・アーモンド フレッシュアイペディアより)

  • ジェリコ・ヨクシモヴィッチ

    ジェリコ・ヨクシモヴィッチから見たウクライナウクライナ

    ジェリコ・ヨクシモヴィッチ(セルビア語:、1972年4月20日 - )は、セルビアでもっとも人気のある歌手の一人であり、同国以外にもオーストリア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブルガリア、クロアチア、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、イスラエル、マケドニア共和国、ルーマニア、スロベニア、スウェーデン、スイス、トルコ、モンテネグロなどの国々でも知られている。ジェリコ・ヨクシモヴィッチはユーロビジョン・ソング・コンテスト2004にセルビア・モンテネグロ代表として参加して「Lane moje」を歌い、ウクライナのルスラナに次いで第2位となった。また、ユーロビジョン・ソング・コンテスト2012にセルビア代表として出場する。ジェリコ・ヨクシモヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ガリツィア

    ガリツィアから見たウクライナウクライナ

    ガリツィア(ウクライナ語: ''''、ハルィチナー)は、現在のウクライナ南西部を中心とした地域である。18世紀末からポーランド最南部も含まれることもある。住民は主にウクライナ人で、西部にはポーランド人も住んでいる。紅ルーシとも呼ばれた。現代では、東欧に跨る地域となっている。ガリツィア フレッシュアイペディアより)

  • ゴーゴル・ボールデロ

    ゴーゴル・ボールデロから見たウクライナウクライナ

    ウクライナ出身のユージン・ハッツを中心に、東欧諸国からスコットランド、イスラエル、アフリカ、中南米、アジア系、アメリカまで、世界各国の雑多な人種・国籍の男女混合メンバーによって構成されている。バンド名の由来は、ウクライナ出身の小説家ニコライ・ゴーゴリの苗字「Gogol」と、同国語で売春宿を意味する「Bordello」から。ゴーゴル・ボールデロ フレッシュアイペディアより)

  • カロリーネ・ツー・ザイン=ヴィトゲンシュタイン

    カロリーネ・ツー・ザイン=ヴィトゲンシュタインから見たウクライナウクライナ

    裕福なポーランド人貴族のピョトル・イヴァノフスキ(Piotr Iwanowski)とその妻パウリーナ・ポドフスカ(Paulina Podowska)の間の娘として、ガリツィア(当時はオーストリア帝国領)のモナステジスカ(現在のウクライナ領テルノーピリ州モナスティリシカ)に生まれた。両親によって厳格なカトリック教育を受け、想像力豊かだが強情な性格に育った。幼い頃から多くの書物を読み、若い頃から確固たる考え方の持ち主だった。12人もの家庭教師が入れ代わり立ち替わりカロリーネを従順な娘に変えようとしたが、無駄だった。カロリーネ・ツー・ザイン=ヴィトゲンシュタイン フレッシュアイペディアより)

  • チェルノブイリ原子力発電所

    チェルノブイリ原子力発電所から見たウクライナウクライナ

    チェルノブイリ原子力発電所(チェルノブイリげんしりょくはつでんしょ)は、ウクライナ(旧:ソビエト連邦)のチョルノーブィリ(チェルノブイリ)近郊、プリピャチ市にあった、原子力発電所である。チェルノブイリ原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • ロシアにおける携帯電話

    ロシアにおける携帯電話から見たウクライナウクライナ

    ロシアの携帯会社の海外経験については、おもにCIS(独立国家共同体)諸国を中心に進出している。Beelineはすで、カザフスタン、ウクライナ、アルメニアに進出していて、MegaFonはグルジア、タジキスタン、 ウズベキスタン、イランに進出している。MTSもすでに、アルメニア、 ウクライナ,、ベラルーシ、 ウズベキスタン、 トルクメニスタン、インド (CDMA) に進出している。日本のNTTドコモのi-mode技術が、MTSによって使われている。ロシアにおける携帯電話 フレッシュアイペディアより)

3004件中 81 - 90件表示

「ウクライナ」のニューストピックワード