461件中 31 - 40件表示
  • ウクライナ

    ウクライナから見たフルィホーリイ・スコヴォロダ

    フルィホーリイ・スコヴォロダ:詩人、哲学者。ウクライナ フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナ

    ウクライナから見たニキータ・フルシチョフ

    白ロシア共和国(現ベラルーシ)と共にソ連とは別に国際連合加盟国として国連総会に議席を持った。1948年から2年間と1984年から2年間は非常任理事国も務めている。しかし現実は、ウクライナは相変わらず「ソ連の一部」止まりであり、「ロシア化」が進められた。1956年のハンガリー動乱や1968年のプラハの春のさいは、ウクライナで威嚇の為の大軍事演習が行われたり、ウクライナを経由して東欧の衛星国へ戦車が出撃している。1953年のスターリンの死後に、大粛清の犠牲になった多くのウクライナ人の名誉回復がなされ、また徐々にウクライナ文化の再興が水面下で活発化した。1960年代には体制に批判的な、または「ウクライナ的な」文学も登場した。ニキータ・フルシチョフの「脱スターリン主義」の時代には、ウクライナ・ソヴィエト政府もこのような動きを少なからず容認した。しかしレオニード・ブレジネフの「停滞の時代」になると、1972年にウクライナ人知識階級が大量に逮捕されるという事件が起こる。1976年には人権擁護団体「ウクライナ・ヘルシンキ・グループ」が結成されるが、それも弾圧された。ウクライナ フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナ

    ウクライナから見たタラス・シェフチェンコ

    タラス・シェフチェンコ:詩人、画家。ウクライナ フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナ

    ウクライナから見たオレグ・ブロヒン

    オレグ・ブロヒン:サッカー選手。ウクライナ フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナ

    ウクライナから見たウラジミール・クリチコ

    ウラジミール・クリチコ:プロボクサー。ウクライナ フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナ

    ウクライナから見たダヌィーロ・ロマーノヴィチ

    キエフの衰退後、ルーシの政治・経済・文化の中心は、西ウクライナにあったハーリチ・ヴォルィーニ大公国へ移された。当国には、ヴォルィーニ地方、ハーリチ地方、ホールム地方、ベルズ地方、ザカルパッチャ地方、ポリーシャ地方、キエフ地方からなっていた。大公国の基礎は、1199年にリューリ朝の嫡流の血をひくロマン大公によって築かれた。1245年にロマンの子息ダヌィーロ大公は、モンゴル帝国のジョチ・ウルスに朝貢して従属したが、カトリックのヨーロッパの支援を期待してポーランド・マゾヴィア・ハンガリー・ドイツ騎士団と密約を交わし、独立戦争を計画した。1253年にローマ教皇インノケンティウス4世から王冠を受けてルーシの初王となり、ジョチ・ウルスとの戦いに挑んだ。1256年頃、モンゴルのクレムサ軍に勝利したダヌィーロ王は、20年後にルーシの首都となるリヴィウを創建した。しかし、1259年に、欧州が約束した援軍がなかったので、ダヌィーロは再びジョチ・ウルスに服属せざるをためになかった。その後ダヌダヌィーロの息子レーヴ1世はモンゴル軍に従ってポーランドとリトアニアへの遠征に参加した。1308年にダヌィーロの曾孫アンドリーとレーヴ2世はマゾヴィアとドイツ騎士団と手を組んで独立戦争を再開したが、彼らの後継者ユーリー2世は無益な戦争を止めてジョチ・ウルスに従属した。1340年にユーリー2世の暗殺により王朝が断絶すると、隣国のポーランド王国とリトアニア大公国が王国の相続権を主張し、ハールィチ・ヴォルィーニの領土継承をめぐる戦争を開始した。1392年にポーランドはハーリチ地方、ホールム地方、ベルズ地方を併合し、その他の領土はリトアニア大公国のものとなった。リトアニアはルーシ語を公用語とし、正教を国教にするなど、ルーシ人に対して緩和政策をとって次第にルーシ化したが、ポーランドは新たな領土のポーランド化を進めた。ウクライナ フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナ

    ウクライナから見た鉄鉱石

    16世紀以来「ヨーロッパの穀倉」地帯として知られ、19世紀以後産業の中心地帯として大きく発展している。天然資源に恵まれ、鉄鉱石や石炭など資源立地指向の鉄鋼業を中心として重化学工業が発達している。ソ連時代にチェルノブイリ原子力発電所事故が起きたが、現代でも原子力発電は盛んである。ウクライナ フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナ

    ウクライナから見たオリガ (キエフ大公妃)

    8世紀頃に、ウクライナではルーシという国が誕生し、東スラヴ人のポリャーネ族の町キエフはその首都となった。882年にオレグ公(882年?912年)が率いる北欧のヴァイキングがキエフを陥落させると、ルーシはヴァイキング系のリューリク大公朝のものとなった。研究史上では、朝廷の中心がキエフに置かれていたことから、当時のルーシをキエフ・ルーシ、あるいはキエフ大公国と呼ぶ。オリハ大公女(945年?965年)、その子息スヴャトスラウ大公(965年?972年)、孫ヴォロディーミル大公(980年?1015年)、および曾孫ヤロスラウ大公(1019年?1054年)の治世はルーシの全盛期となった。キエフの大公朝は、周辺の東スラヴ人をはじめ、北西のバルト人と、北東のフィン・ウゴル人を征服し、支配領域を拡大させた。その結果、11世紀におけるルーシは約150万平方キロメートルの面積を誇る、欧州の最大の国家となった。ルーシは、北方のバルト海とフィンランド湾から南方のウクライナ草原まで、そして西方のカルパティア山脈から東方のヴォルガ川まで広がっていた。周辺の諸政権が滅ぼされ、すべての国土はリューリク朝の諸侯の間に分けられた。988年にヴォロディーミル大公の頃、ルーシ人はビザンツ帝国からキリスト教(のちの正教)を受けて国教とした。この出来事はウクライナの運命を決し、ウクライナはキリスト教文化圏に属することとなった。12世紀にルーシは領土をめぐる諸侯の争いによりいくつかのリューリク系の諸公国に分裂し、キエフ大公の権威が衰退した。名目上でキエフはルーシの首都の役割を果たしていたが、諸公国は事実上の独立国となった。13世紀にルーシの国体は完全に退勢し、1240年代にモンゴル帝国の軍によって亡ぼされた。ウクライナ フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナ

    ウクライナから見た船舶

    ウクライナの交通は、鉄道、バス、船舶、航空機、自動車などによっている。鉄道は、ウクライナ鉄道によって一元化されている。一方、ウクライナの航空会社はソ連時代のアエロフロート一括管理型から多くの中小の航空会社が競合する状態になっている。ウクライナ フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナ

    ウクライナから見たGDP

    IMFの統計によると、2011年のウクライナのGDPは1,649億ドルと推計されており、日本の福岡県よりやや小さい経済規模である。2011年の一人当たりGDPは3,621ドルであり、世界平均の50%の水準に満たない。ウクライナ フレッシュアイペディアより)

461件中 31 - 40件表示

「ウクライナ」のニューストピックワード