1189件中 91 - 100件表示
  • 軍服 (ロシア・ソ連)

    軍服 (ロシア・ソ連)から見たウズベキスタンウズベキスタン

    ロシア以外の旧ソ連諸国の軍服のうち、ベラルーシ、カザフスタン、キルギスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタン、タジキスタン等のCIS諸国では旧ソ連との連続性(ロシア軍との共通性)が強い。他方、ソ連への併合に対する反感が根強かったバルト三国(リトアニア、ラトビア、エストニア)等では独自色の強い軍服が採用されている。かつてロシア軍と似たデザインであったウクライナも、ロシアとの紛争を経て西側諸国に近いデザインに刷新された。軍服 (ロシア・ソ連) フレッシュアイペディアより)

  • アルマリク (ウズベキスタン)

    アルマリク (ウズベキスタン)から見たウズベキスタンウズベキスタン

    アルマリク(、)はウズベキスタンタシュケント州の都市である。首都タシュケントより65km南東にある。推定人口11万人。アルマリク (ウズベキスタン) フレッシュアイペディアより)

  • チルチク

    チルチクから見たウズベキスタンウズベキスタン

    チルチク(、)はウズベキスタン・タシュケント州の都市である。首都タシュケントより32km北東、を含むチャトカル山脈の麓にあり、付近にはチャトカル川、チルチク川が流れる。推定人口14万人。Chirchikと表記されることもある。チルチク フレッシュアイペディアより)

  • アングレン

    アングレンから見たウズベキスタンウズベキスタン

    アングレン(、)はウズベキスタン・タシュケント州の都市である。首都タシュケントより77km南東(道路では115km)にある。推定人口12万人。付近にはアングレン川が流れている。アングレン フレッシュアイペディアより)

  • デナウ

    デナウから見たウズベキスタンウズベキスタン

    デナウ(、、)はウズベキスタン・スルハンダリヤ州の都市である。州都テルメズより150km北東にある。推定人口10万人。タジキスタンとの国境付近にあり、の麓にある。タジキスタン側の国境の町トゥルスンゾダからは約50km。Denauと表記されることもある。付近にはスルハンダリヤ川が流れる。(ダリヤは「川」を意味する。)デナウ フレッシュアイペディアより)

  • ヨシフ・スターリン

    ヨシフ・スターリンから見たウズベキスタンウズベキスタン

    1956年2月、ニキータ・フルシチョフは「国外追放はレーニン主義に違反する」と非難し、無効にしたが、クリミア・タタール人、メスヘティア人、そしてヴォルガ・ドイツ人が「大挙して」祖国へ帰還するのは1991年まで許されなかった。追放は、ソ連国民に深刻な影響を及ぼした。追放の記憶は、ソ連崩壊から現在に至るバルト三国の分離、クリミア危機、チェチェン紛争などと深く関わっている。チェチェン人は、スターリンの死後に故郷への帰還を許されたが、ロシアへの不信感と憎悪は強まった。クリミア・タタール人はウズベキスタンに移住させられ、クリミア・タタール人が追われたあとにはロシア人が住み着いた。クリミア・タタール人帰還運動を行っていた自治組織メジュリスは、ソ連崩壊後もロシアによるクリミア・セヴァストポリの編入に反対する運動や集会などを行っている。ヨシフ・スターリン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン共和国

    ウズベキスタン共和国から見たウズベキスタンウズベキスタン

    ウズベキスタン共和国 フレッシュアイペディアより)

  • ウズベク共和国

    ウズベク共和国から見たウズベキスタンウズベキスタン

    ウズベク共和国 フレッシュアイペディアより)

  • UZB

    UZBから見たウズベキスタンウズベキスタン

    UZB フレッシュアイペディアより)

  • 第3旅団 (キルギス国内軍)

    第3旅団 (キルギス国内軍)から見たウズベキスタンウズベキスタン

    1997年 - ジャララバード州、ウズゲン地区、ウズベキスタンのシャヒマルダン町の自然災害の復旧に参加第3旅団 (キルギス国内軍) フレッシュアイペディアより)

1189件中 91 - 100件表示

「ウズベキスタン」のニューストピックワード