1189件中 11 - 20件表示
  • 朴禎賢

    朴禎賢から見たウズベキスタンウズベキスタン

    2008年9月 - 第8回世界ジュニア大会/第3回世界ベテラン大会(ウズベキスタン・タシケント、60カ国参加)国際審判員(決勝戦 主審)朴禎賢 フレッシュアイペディアより)

  • アラル海

    アラル海から見たウズベキスタンウズベキスタン

    アラル海(アラルかい、、、、、)はカザフスタンとウズベキスタンにまたがる塩湖である。アラル海 フレッシュアイペディアより)

  • 上海協力機構

    上海協力機構から見たウズベキスタンウズベキスタン

    上海協力機構(シャンハイきょうりょくきこう、中国語:)は、中華人民共和国・ロシア・カザフスタン・キルギス・タジキスタン・ウズベキスタン・インド・パキスタンの8か国による多国間協力組織、もしくは国家連合。面積と人口では世界最大の地域協力組織である。2001年6月15日、中国の上海にて設立されたために「上海」の名を冠するが、本部(事務局)は北京である。上海協力機構 フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタンフットサルリーグ

    ウズベキスタンフットサルリーグから見たウズベキスタンウズベキスタン

    ウズベキスタンフットサルリーグ () はウズベキスタンサッカー連盟が主催する、ウズベキスタンの国内最上位フットサルリーグである。リーグ優勝クラブは翌年のAFCフットサルクラブ選手権の出場権を獲得する。ウズベキスタンフットサルリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ムスタファ・ベリャロフ

    ムスタファ・ベリャロフから見たウズベキスタンウズベキスタン

    ムスタファ・オスマノヴィチ・ベリャロフ (ラテン文字:Mustafa Osmanovich Belyalov、、1957年6月4日 - ) は、ウズベキスタン出身の元プロサッカー選手である。現役時代のポジションはセンターバック。ムスタファ・ベリャロフ フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタンの映画

    ウズベキスタンの映画から見たウズベキスタンウズベキスタン

    ウズベキスタンの映画の歴史は大きく2つに分けることができる。ウズベク・ソビエト社会主義共和国 (ウズベクSSR、1924年?1991年) 時代の映画とウズベキスタン独立後 (1991年-現在)の映画である。ソビエト連邦時代の映画はロシア語もしくはウズベク語で制作されていた。ソビエト連邦時代に高い評価を受けた映画としては、あなたに魅せられて (1958年)、マハッラの集会 (1960年)、悪童 (1977年)等がある。ウズベキスタンの映画 フレッシュアイペディアより)

  • ダビッド・ソルダゼ

    ダビッド・ソルダゼから見たウズベキスタンウズベキスタン

    ダビッド・ソルダゼ(Davyd Saldadze、1978年2月15日 - )は、ウクライナ、ウズベキスタンのレスリング選手。2000年シドニーオリンピックレスリンググレコローマンスタイル97kg級の銀メダリストである。ダビッド・ソルダゼ フレッシュアイペディアより)

  • トゥラン低地

    トゥラン低地から見たウズベキスタンウズベキスタン

    トゥラン低地 (トゥランていち、) は南トルクメニスタンからウズベキスタンを通ってカザフスタンまで広がる、低地の砂漠である。ツラン低地とも呼ばれる。トゥラン低地 フレッシュアイペディアより)

  • メスヘティア・トルコ人

    メスヘティア・トルコ人から見たウズベキスタンウズベキスタン

    彼らは1944年11月25日、ヨシフ・スターリンによって中央アジアに強制移住され、カザフスタン、キルギス、ウズベキスタンに住んだ。家畜運搬車で強制移住させられた12万人のうち、1万人が死亡した。現在、彼らは旧ソビエト連邦の各国へ逸散した。メスヘティア・トルコ人のおおくは民族的にはトルコ人(Yerli、トルコ語話者の農民)やカラカルパク人(アゼルバイジャン語を話す羊飼い)、クルド人、ヘムシン人(Hamshenis)などであった。一部には地元のグルジア人で、17世紀から18世紀にかけてムスリムとなった者も含まれる。メスヘティア・トルコ人 フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ゴンザレス・デ・クラビホ

    ルイ・ゴンザレス・デ・クラビホから見たウズベキスタンウズベキスタン

    マドリードの貴族であり国王の侍従であったクラビホはティムール朝の使節団長であったムハンマド・アル=カーズィー (Muhammed al-Kazi) 、ドミニカの修道士アルフォンソ・パエス・デ・サンタ・マリーア (Alfonso Páez de Santa María)、近衛兵の一人ゴメス・デ・サラサール (Gómez de Salazar) その他のカスティーリャ人とともに、1403年5月21日にカディスを出航した。クラビホ一行は地中海を航海し、マヨルカ島、シチリア、ロドス島を通ってコンスタンティノープルに到着した。以降、現代の国家や都市名に従うと、クラビホは黒海を通過してトルコのトラブゾンに到着、陸路でアルメニア、イラン、トルクメニスタンを通過してウズベキスタンに到着した。彼は1404年にペルシアのテヘランを訪れている。本来の目的は冬の遊牧期間中に現代のグルジアでティムールに謁見することであったが、悪天候と船の難破により、使節団はコンスタンティノープルまで引き返すことを強いられ、1403年?1404年の冬の期間をコンスタンティノープルで過ごすこととなった。ルイ・ゴンザレス・デ・クラビホ フレッシュアイペディアより)

1189件中 11 - 20件表示

「ウズベキスタン」のニューストピックワード