878件中 21 - 30件表示
  • ウズベキスタン・カップ

    ウズベキスタン・カップから見たウズベキスタンウズベキスタン

    ウズベキスタン・カップ(、)は、ウズベキスタンにおけるサッカーの国内カップ戦である。ウズベキスタン・カップ フレッシュアイペディアより)

  • ヴォズロジデニヤ島

    ヴォズロジデニヤ島から見たウズベキスタンウズベキスタン

    ヴォズロジデニヤ島(ウズベク語 Tiklanish orollari、ロシア語 Остров Возрождения、Возрождениеはロシア語で「再生・復活・復興」を意味し、英語のrebirthやフランス語のrenaissanceに相当する)は、中央アジアのアラル海にある島で、北部はカザフスタン領、南部はウズベキスタン領である。かつてはウズベキスタン領のみの島であったが、アラル海の水量の減少に伴い面積が増大し2002年に南部沿岸と繋がり陸続きの半島となった。さらに2005年頃からは季節、降水量によっては北部沿岸ともつながる。ヴォズロジェーニエ島などとも表記される。ヴォズロジデニヤ島 フレッシュアイペディアより)

  • ムスタファ・ベリャロフ

    ムスタファ・ベリャロフから見たウズベキスタンウズベキスタン

    ムスタファ・オスマノヴィチ・ベリャロフ (ラテン文字:Mustafa Osmanovich Belyalov、、1957年6月4日 - ) は、ウズベキスタン出身の元プロサッカー選手である。現役時代のポジションはセンターバック。ムスタファ・ベリャロフ フレッシュアイペディアより)

  • 東トルキスタン独立運動

    東トルキスタン独立運動から見たウズベキスタンウズベキスタン

    大躍進政策の失敗により、多くの餓死者が出た1962年4月から6月には、当時中国と対立していたソ連の工作により、約6万人のイリ・カザフ自治州のウイグル人、カザフ人らがソ連側に亡命する事件が発生した(カザフの新疆脱出を参照)。彼らの子孫は、現在でもカザフスタン、キルギス、ウズベキスタン等の中央アジア諸国にコミュニティを形成しており、中国からの亡命者の受け皿となっている。特に中央アジア諸国で最大のウイグル人コミュニティを抱えるカザフスタンでは、1991年のソ連邦の解体以降、ウイグル民族主義の機運が高まり、武装闘争も辞さない過激派組織も組織された。東トルキスタン独立運動 フレッシュアイペディアより)

  • サンジャール・トゥルスノフ

    サンジャール・トゥルスノフから見たウズベキスタンウズベキスタン

    サンジャール・トゥルスノフ(Sanzhar Tursunov、1986年12月26日 - )は、ウズベキスタン・タシュケント出身のサッカー選手。FCアラニア・ウラジカフカス所属。ポジションはMF。サンジャール・トゥルスノフ フレッシュアイペディアより)

  • 軍服 (ロシア・ソ連)

    軍服 (ロシア・ソ連)から見たウズベキスタンウズベキスタン

    ロシア以外の旧ソ連諸国の軍服のうち、ウクライナ、ベラルーシ、カザフスタン、キルギスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタン、タジキスタン等のCIS諸国では旧ソ連との連続性(ロシア軍との共通性)が強い。他方、ソ連への併合に対する反感が根強かったバルト三国(リトアニア、ラトビア、エストニア)等では独自色の強い軍服が採用されている。軍服 (ロシア・ソ連) フレッシュアイペディアより)

  • ティムール・ダダバエフ

    ティムール・ダダバエフから見たウズベキスタンウズベキスタン

    ティムール・ダダバエフ(Timur Dadabaev、1975年 - )は、ウズベキスタン出身の研究者(2001年:国際関係学博士、立命館)。東京大学東洋文化研究所客員助教授。 筑波大学人文社会科学研究科国際政治経済専攻助教授。専攻は中央アジア国際関係学。ティムール・ダダバエフ フレッシュアイペディアより)

  • 「中央アジア+日本」対話

    「中央アジア+日本」対話から見たウズベキスタンウズベキスタン

    「中央アジア+日本」対話 () は日本とウズベキスタン、カザフスタン、キルギス、タジキスタンなどの中央アジアの国々による、「協力に関する新たな枠組みを通して、日本と中央アジアの関係を新たなレベルへと発展させていく」ための政治的なイニシアティヴである。外務省によると、「中央アジア+日本」対話は地域を超えた協力を促進するための働きを果たしている。トルクメニスタンは中立国の立場を取り、オブザーバーとしてのみ参加している。「中央アジア+日本」対話 フレッシュアイペディアより)

  • 添田豪

    添田豪から見たウズベキスタンウズベキスタン

    2006年は6月のコメリカバンク・チャレンジャーシングルスで初めてチャレンジャー大会決勝に進出し準優勝。9月にはアジアテニス連盟の主催によりウズベキスタンタシュケントで行われた「アジアン選手権」決勝でデニス・イストミン(ウズベキスタン)を 7-6(2), 6-4 のストレートで下し優勝。大会優勝者に与えられる翌年の全豪オープンシングルス主催者推薦の切符を手にした。これらの活躍によりシングルス世界ランクも年末には188位と100番台にまで上昇させ、この時点で日本男子トップに立つ。また12月にカタールドーハで開催された2006年アジア競技大会にも日本代表として選出され、シングルス銅メダル、団体銀メダルを獲得した。添田豪 フレッシュアイペディアより)

  • ファルハドダム

    ファルハドダムから見たウズベキスタンウズベキスタン

    ファルハドダム (ラテン文字:Farkhad Dam, Farhad Dam、、別名:Dam-16) はウズベキスタンとタジキスタンの国境にある、シルダリヤ川を利用したダムである。ウズベキスタン、タジキスタン両国において水力発電、灌漑用水供給に使用されている。直近のウズベキスタン側の都市はシルダリヤ州のシリン、タジキスタン側の都市はタジキスタンのホジェンドである。ファルハドダムはナルイン・シルダリヤ人工滝を作り出している。ダムのコントロールはタジキスタンが行なっているが、ダムを利用した水力発電所はウズベキスタン側にあり、が運営を行なっている。ファルハドダム フレッシュアイペディアより)

878件中 21 - 30件表示

「ウズベキスタン」のニューストピックワード