1189件中 31 - 40件表示
  • バトケン州

    バトケン州から見たウズベキスタンウズベキスタン

    バトケン州 (、) はキルギスの州の一つである。州都はバトケン。東はオシ州、南、西、北はそれぞれタジキスタンに囲まれており、北東部にはウズベキスタンのフェルガナ州がある。州北部には農業の盛んなフェルガナ盆地が広がる。南部はから東に、トルキスタン山地により西に分け隔てられている。バトケン州 フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタンの音楽

    ウズベキスタンの音楽から見たウズベキスタンウズベキスタン

    ウズベキスタンの音楽は国が形成される過程に大きな影響を受けている。ウズベキスタンの音楽は中東の音楽に共通点があり、複雑なリズムと拍子が特徴として挙げられる。ウズベキスタンにおける音楽の歴史は古く、歴史的な経緯から様々なスタイルの音楽や楽器が入り込んできたため、ウズベキスタンは中央アジアにおいて最も音楽的に多様性のある国と考えられている。ウズベキスタンの音楽 フレッシュアイペディアより)

  • キルギスの国際関係

    キルギスの国際関係から見たウズベキスタンウズベキスタン

    ソ連崩壊後、キルギスはルーブル通貨圏にとどまることを決定したものの、1993年5月、ロシア政府はキルギスに対し、独自通貨であるソムを導入するよう強く促した。キルギスによるルーブル通貨圏からの撤退は事前に通知されており、周辺地域に緊張をもたらすこととなった。カザフスタンとウズベキスタンの両国は一時的に貿易を中断し、ウズベキスタンは経済制裁にも等しい貿易制限を行った。両国はルーブルの国内への流入と国内のインフレ率上昇を恐れた。ウズベキスタンとカザフスタンは短期間キルギスと敵対関係にあったが、三国は1994年1月に経済連合体設立にサインした。これにより、国境の渡航制限が緩和された。キルギスはタジキスタンにあるCIS平和維持軍に対しても貢献を行っている。キルギスの国際関係 フレッシュアイペディアより)

  • カザフスタンワイン

    カザフスタンワインから見たウズベキスタンウズベキスタン

    カザフスタンワインとは、カザフスタンで生産されているワインを指す。カザフスタンのワイン産業の始まりは7世紀、ブドウが隣国のウズベキスタンや中国から持ち込まれた時期に遡る。カザフスタン国内でブドウ栽培に適した土地は国内面積の約4%にも関わらず、カザフスタンでは国内13,000haの農場から年間620万ガロン(2360万リットル)を超えるワインが生産されている。ミネラルが豊富であることが強調され、カザフスタンはワインの消費量の多い国であるが、消費されるワインの80%は輸入品である。カザフスタンワイン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン国立図書館

    ウズベキスタン国立図書館から見たウズベキスタンウズベキスタン

    アリシェル・ナヴァーイー名称ウズベキスタン国立図書館(アリシェル・ナヴァーイーめいしょうウズベキスタンこくりつとしょかん、、、通称 : ウズベキスタン国立図書館)はウズベキスタンのタシュケントにある、ウズベキスタンの法定納本国立図書館である。また、中央アジア最古かつ最大の図書館でもある。ウズベキスタン国立図書館 フレッシュアイペディアより)

  • ハトロン州

    ハトロン州から見たウズベキスタンウズベキスタン

    ハトロン州はタジキスタンの南西部に位置し、北は、南はパンジ川、南東部はアフガニスタンとの国境、西はウズベキスタンとの国境に囲まれた地域である。ソビエト連邦時代はハトロンはやヴァフシュ渓谷を含む西ハトロンのと、渓谷を含む東ハトロンのに分割されていた。二つの州は1992年11月に今日のハトロン州へと合併された。ハトロン州 フレッシュアイペディアより)

  • オシ

    オシから見たウズベキスタンウズベキスタン

    市街地には中央アジア最大の青空市場があり、活気がある。オシの産業基盤はソビエト連邦時代に構築され、ソ連崩壊と共にその大部分を失ったが近年徐々に回復しつつある。ウズベキスタンとの国境が目と鼻の先にあるが、この国境は旧ソ連時代に地域圏に無理やり引かれたもので、オシの貿易と経済発展に暗い影を落としている。首都のビシュケクとの間では航空機が毎日運航され、山岳地帯を通る長く険しい道路も近年改良され交通網が大幅に改善している。オシ フレッシュアイペディアより)

  • アイダール湖

    アイダール湖から見たウズベキスタンウズベキスタン

    アイダール湖 (、、ラテン文字:Lake Aydarkul, Lake Aidarkul) はウズベキスタン・ナヴォイ州とジザフ州に存在する湖である。ウズベク語ではクル (Ko‘l) は湖の意であるが、「クル」を湖の名称に含めた「アイダルクル湖」と呼ぶことも多い。アイダール湖と元のアルナサイ低地を合わせた全面積は4,000km2である。この地域にはアイダール湖、アルナサイ、トゥズカン湖の3つの汽水湖があり、現在はウズベキスタンとカザフスタンにまたがって存在するキジルクム砂漠の南東部に位置する。アイダール湖はソビエト連邦の灌漑計画の際に副産物として意図せず出来上がったものである。アイダール湖 フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン料理

    ウズベキスタン料理から見たウズベキスタンウズベキスタン

    ウズベキスタン料理 (ウズベキスタンりょうり) とは、主にウズベキスタンで作られている料理である。ウズベキスタン料理は国内の農業に大きな影響を受けている。ウズベキスタンでは穀物の収穫高が多いため、パンや麺などはウズベキスタン料理において重要な地位を占めており、ウズベキスタン料理は麺料理が豊富なのが特徴である。ウズベキスタンではヒツジの放牧が盛んであることから、一般的に流通している羊肉が最も人気があり、ウズベキスタンには様々な羊肉料理がある。ウズベキスタン料理 フレッシュアイペディアより)

  • ロシアにおける携帯電話

    ロシアにおける携帯電話から見たウズベキスタンウズベキスタン

    ロシアの携帯会社の海外経験については、おもにCIS(独立国家共同体)諸国を中心に進出している。Beelineはすで、カザフスタン、ウクライナ、アルメニアに進出していて、MegaFonはジョージア、タジキスタン、 ウズベキスタン、イランに進出している。MTSもすでに、アルメニア、 ウクライナ,、ベラルーシ、 ウズベキスタン、 トルクメニスタン、インド (CDMA) に進出している。日本のNTTドコモのi-mode技術が、MTSによって使われている。ロシアにおける携帯電話 フレッシュアイペディアより)

1189件中 31 - 40件表示

「ウズベキスタン」のニューストピックワード