1189件中 51 - 60件表示
  • ウズベキスタンのメディア

    ウズベキスタンのメディアから見たウズベキスタンウズベキスタン

    ウズベキスタンの政令によれば、2002年にはメディアに対する政府の検閲は公式にはなくなったことになっているが、独立したジャーナリズムに対する厳しい制限は継続されており、特に2005年に起きたアンディジャン事件の際には非常に厳しい取り締まりが行われた。メディアのライセンスの発行やその制度は国家放送委員会と機関間調整委員会の管轄下に有り、これらの委員会は独立系メディアの活動に圧力をかけ活動に影響力を及ぼしている。2006年の終わりに、ウズベキスタン政府は検閲を行う際の資格を満たしていないすべてのメディアに対し再登録を要求することによって、国家によるメディアコントロールを強化した。2005年時点で、国内には30?40の独立系のテレビ局と7つの独立系ラジオ局が放送を行なっているが、4つの国営テレビ局が市場を独占している。現在ウズベキスタン国内では生放送は実施されていない。ウズベキスタンのメディア フレッシュアイペディアより)

  • タジク語

    タジク語から見たウズベキスタンウズベキスタン

    タジク語またはタジク・ペルシア語は、主にタジキスタン共和国とウズベキスタンのタジク人が母語としている言語で、タジキスタン共和国の公用語。系統的にはインド・ヨーロッパ語族イラン語派に属し、アフガニスタンのダリー語、イランのペルシア語とともに、新ペルシア語を基盤とする言語である。タジク語 フレッシュアイペディアより)

  • スーザニ

    スーザニから見たウズベキスタンウズベキスタン

    スーザニまたはスザニ (ラテン文字: Suzani) とは、タジキスタン、ウズベキスタン、カザフスタンなどの中央アジアの国々で製作されている染織のうち、刺繍の1種である。スーザニはペルシア語で縫い針を意味するスーザン (Suzan, ) に由来している。イランにもスーザニに似た織物が有り、こちらはスザンカーリー (Suzankāri, )と呼ばれている。スーザニ フレッシュアイペディアより)

  • サーマーン朝

    サーマーン朝から見たウズベキスタンウズベキスタン

    首都はブハラ。中央アジア最古のイスラーム王朝の1つに数えられる。ブハラ、サマルカンド、フェルガナ、チャーチュ(タシュケント)といったウズベキスタンに含まれる都市のほか、トルクメニスタンの北東部と南西部、アフガニスタン北部、イラン東部のホラーサーン地方を支配した。サーマーン朝 フレッシュアイペディアより)

  • 地震予知

    地震予知から見たウズベキスタンウズベキスタン

    旧ソ連では1950年代後半から研究が盛んになったとされており、中央アジアのカザフスタン、キルギス、ウズベキスタン、タジキスタン、トルクメニスタンのほか極東のカムチャッカで研究計画が実施された。西側諸国とは異なる分野の研究が多いことが特徴で、初期は地震波速度の変化をテーマとした研究が盛んとなり、一時はこの成果が伝わった西側諸国でも地震予知の有力手法と考えられた時期もあった。しかし、理論に誤りがあることが指摘されるようになってこの研究は下火となった。変わってラドン濃度や地電流の変化の研究が活発となり、複数の研究計画が実施された。地震予知 フレッシュアイペディアより)

  • S・V・イリユーシン記念航空複合体

    S・V・イリユーシン記念航空複合体から見たウズベキスタンウズベキスタン

    イリューシン設計局の航空機は主としてロシアのヴォロネジやウズベキスタンのタシュケントの航空機工場で生産が行われていた。S・V・イリユーシン記念航空複合体 フレッシュアイペディアより)

  • サリカミシュ湖

    サリカミシュ湖から見たウズベキスタンウズベキスタン

    サリカミシュ湖 (サリカミシュこ、、、、) はトルクメニスタン北部、ウズベキスタンとの国境線上にある湖である。サリカミシュ湖は地理的にはカスピ海とアラル海をつなぐ中間地点に位置する。サリカミシュ湖の北西部分はウズベキスタン領内であり、残りの部分がトルクメニスタン領内に属している。サリカミシュ湖 フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタンのスポーツ

    ウズベキスタンのスポーツから見たウズベキスタンウズベキスタン

    本項目では、ウズベキスタンのスポーツについて概説する。ウズベキスタンのスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタンの文化

    ウズベキスタンの文化から見たウズベキスタンウズベキスタン

    ウズベキスタンの文化は多様な民族・文化が混じりあうことで形成されてきた。現在ウズベキスタンで多数を占める民族はウズベク人である。1995年当時、約71%がウズベク人だった。主な少数民族としてはロシア人 (8.4%)、タジク人 (公式発表では5%だが実際にはもっと多いと思われる)、カザフ人 (4.1%)、タタール人 (2.4%)、カラカルパク人 (2.1%)があり、その他にもアルメニア人や高麗人なども住んでいる。しかし、ウズベキスタンに流入してきた外国人の割合はロシア人や他の少数民族が国外に居住するようになったことでゆっくりと減少しており、かつてのソビエト連邦領内の他の地域に住んでいたウズベク人が帰国するようになっていると言われている。ウズベキスタンの文化 フレッシュアイペディアより)

  • 「中央アジア+日本」対話

    「中央アジア+日本」対話から見たウズベキスタンウズベキスタン

    「中央アジア+日本」対話()は、日本とウズベキスタン、カザフスタン、キルギス、タジキスタンなどの中央アジアの国々による、「協力に関する新たな枠組みを通して、日本と中央アジアの関係を新たなレベルへと発展させていく」ための政治的なイニシアティヴである。外務省によると、「中央アジア+日本」対話は地域を超えた協力を促進するための働きを果たしている。トルクメニスタンは中立国の立場を取り、オブザーバーとしてのみ参加している。「中央アジア+日本」対話 フレッシュアイペディアより)

1189件中 51 - 60件表示

「ウズベキスタン」のニューストピックワード