878件中 51 - 60件表示
  • ウズベク・ソビエト社会主義共和国

    ウズベク・ソビエト社会主義共和国から見たウズベキスタンウズベキスタン

    ウズベク・ソビエト社会主義共和国(ウズベク・ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこく)は、ソビエト社会主義共和国連邦の構成共和国の1つ。1991年9月1日、ウズベキスタン共和国として独立した。ウズベク・ソビエト社会主義共和国 フレッシュアイペディアより)

  • FIFA U-20女子ワールドカップ

    FIFA U-20女子ワールドカップから見たウズベキスタンウズベキスタン

    第6回大会では開催地が当初の予定地であったウズベキスタンから日本へ変更されて開催された(後述)。第7回大会は2015 FIFA女子ワールドカップの開催地でもあるカナダで開催予定である。FIFA U-20女子ワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • オシ

    オシから見たウズベキスタンウズベキスタン

    市街地には中央アジア最大の青空市場があり、活気がある。オシの産業基盤はソビエト連邦時代に構築され、ソ連崩壊と共にその大部分を失ったが近年徐々に回復しつつある。ウズベキスタンとの国境が目と鼻の先にあるが、この国境は旧ソ連時代に地域圏に無理やり引かれたもので、オシの貿易と経済発展に暗い影を落としている。首都のビシュケクとの間では航空機が毎日運航され、山岳地帯を通る長く険しい道路も近年改良され交通網が大幅に改善している。オシ フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタンの仏教

    ウズベキスタンの仏教から見たウズベキスタンウズベキスタン

    本項目では、ウズベキスタンの仏教について記述する。ウズベキスタンの仏教 フレッシュアイペディアより)

  • マザーリシャリーフ

    マザーリシャリーフから見たウズベキスタンウズベキスタン

    マザーリシャリーフ(ダリー語 : ???? ???? Mazār-e Sharīf)は、アフガニスタンの都市。近現代におけるアフガニスタン北部の最重要都市で、現在はバルフ州の州都。国内第4位の人口 (300,600人) を擁する (2006年の公式推計1)。幹線道路によって、南東にカーブル、西にヘラート、北にウズベキスタンと繋がれている交通の要衝である。住民はウズベク人が多く、優勢な言語はダリー語である。マザーレ・シャリーフともいい、報道等ではマザリシャリフと表記されることが多い。都市の名はダリー語(ペルシア語)で「神聖な墳墓」を意味するが、その名はスンナ派における第4代正統カリフでシーア派における初代イマームのアリー・イブン=アビー=ターリブのものとされる墳墓が所在することに由来し、中央アジア南境における宗教都市として発展してきた。もっとも、一般にイラン以西のシーア派の多くの人々がアリーの墓と考えているのはイラクのナジャフのものである。市域には、イスラムやヘレニズム時代の古代遺跡が多く残っている。マザーリシャリーフ フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタンの文化

    ウズベキスタンの文化から見たウズベキスタンウズベキスタン

    ウズベキスタンの文化は多様な民族・文化が混じりあうことで形成されてきた。現在ウズベキスタンで多数を占める民族はウズベク人である。1995年当時、約71%がウズベク人だった。主な少数民族としてはロシア人 (8.4%)、タジク人 (公式発表では5%だが実際にはもっと多いと思われる)、カザフ人 (4.1%)、タタール人 (2.4%)、カラカルパク人 (2.1%)があり、その他にもアルメニア人や高麗人なども住んでいる。しかし、ウズベキスタンに流入してきた外国人の割合はロシア人や他の少数民族が国外に居住するようになったことでゆっくりと減少しており、かつてのソビエト連邦領内の他の地域に住んでいたウズベク人が帰国するようになっていると言われている。ウズベキスタンの文化 フレッシュアイペディアより)

  • トルクメニスタン

    トルクメニスタンから見たウズベキスタンウズベキスタン

    トルクメニスタンは、中央アジア南西部に位置する共和国。カラクム砂漠が国土の85%を占めており、国民のほとんどは南部の山沿いの都市に住んでいる。豊富な石油や天然ガスを埋蔵する。西側でカスピ海に面し、アフガニスタン、イラン、ウズベキスタン、カザフスタンと国境を接する。首都はアシガバート。永世中立国。20世紀の末から21世紀にかけて、ソ連からの独立を果たしたニヤゾフ大統領による独裁が長く続いたが、その後は開放路線を歩んでいる。トルクメニスタン フレッシュアイペディアより)

  • シュクルッラ・ミルサイドフ

    シュクルッラ・ミルサイドフから見たウズベキスタンウズベキスタン

    シュクルッラ・ラフマトヴィチ・ミルサイドフ (、、、1939年2月14日 レニナバード, タジクSSR-2012年11月1日 タシュケント, ウズベキスタン) はウズベキスタンの政治家である。シュクルッラ・ミルサイドフ フレッシュアイペディアより)

  • アブドゥルハシム・ムタロフ

    アブドゥルハシム・ムタロフから見たウズベキスタンウズベキスタン

    アブドゥルハシム・ムタロヴィチ・ムタロフ (、、、1947年2月14日- ) はウズベキスタン・タシュケント州アハンガラン出身の政治家である。アブドゥルハシム・ムタロフ フレッシュアイペディアより)

  • ヨシフ・スターリン

    ヨシフ・スターリンから見たウズベキスタンウズベキスタン

    1956年2月、ニキータ・フルシチョフは「国外追放はレーニン主義に違反する」と非難し、無効にしたが、タタール人、メスヘティア人、そしてヴォルガ・ドイツ人が「大挙して」祖国へ帰還するのは1991年まで許されなかった。追放は、ソ連国民に深刻な影響を及ぼした。追放の記憶は、ソ連崩壊から現在に至るバルト三国、タタールスタン共和国、チェチェン共和国の大部分で発生している分離・独立運動に深く関わっている。チェチェン人は、スターリンの死後に故郷への帰還を許されたが、ロシアへの不信感と憎悪は強まった。クリミア半島に住んでいたタタール人はウズベキスタンに移住させられ、タタール人が追われたあとにはロシア人が住み着いた。タタール人は、ソ連崩壊後もクリミア半島への帰還運動を続けている。ヨシフ・スターリン フレッシュアイペディアより)

878件中 51 - 60件表示

「ウズベキスタン」のニューストピックワード