1189件中 71 - 80件表示
  • トルクメニスタン

    トルクメニスタンから見たウズベキスタンウズベキスタン

    トルクメニスタン()は、中央アジア南西部に位置する共和制国家。カラクム砂漠が国土の85%を占めており、国民のほとんどは南部の山沿いの都市に住んでいて、豊富な石油や天然ガスを埋蔵する。西側でカスピ海に面し、東南がアフガニスタン、西南にイラン、北東をウズベキスタン、北西はカザフスタンと国境を接する。首都はアシガバートで、永世中立国である。20世紀の末から21世紀にかけてソ連からの独立を果たした。トルクメニスタン フレッシュアイペディアより)

  • AFCチャンピオンズリーグ

    AFCチャンピオンズリーグから見たウズベキスタンウズベキスタン

    西地区はサウジアラビア、イランから各4チーム、UAEから3チーム、ウズベキスタン、カタールから各2チーム。AFCチャンピオンズリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ユキヒョウ

    ユキヒョウから見たウズベキスタンウズベキスタン

    アフガニスタン東部、インド北部(ウッタラーカンド州、シッキム州、ジャンムー・カシミール州、ヒマーチャル・プラデーシュ州)、ウズベキスタン東部、カザフスタン東部、キルギス、タジキスタン、中華人民共和国西部(甘粛省、四川省、青海省、新疆ウイグル自治区、チベット自治区)、ネパール、パキスタン北部、ブータン、モンゴル、ロシア南部。雲南省では絶滅。ユキヒョウ フレッシュアイペディアより)

  • 孫崎享

    孫崎享から見たウズベキスタンウズベキスタン

    ハーバード大学国際問題研究所研究員、ウズベキスタン駐箚特命全権大使、外務省国際情報局局長、イラン駐箚特命全権大使、防衛大学校人文社会科学群学群長、筑波大学国際総合学類非常勤講師などを歴任した。孫崎享 フレッシュアイペディアより)

  • カスピ海横断鉄道

    カスピ海横断鉄道から見たウズベキスタンウズベキスタン

    カスピ海横断鉄道はさらにテュルクメナバート(かつてのチャルジョウ)でウズベキスタンのウルゲンチなどに達する支線を分岐し、ウズベキスタンのブハラではタジキスタンの首都・ドゥシャンベやテルメズに向かう支線を分岐する。最後にカスピ海横断鉄道は、ウズベキスタンのサマルカンドを経て、ウズベキスタンの首都・タシュケントに至り、ここが終点となる。カスピ海横断鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • ナターシャ・アラム

    ナターシャ・アラムから見たウズベキスタンウズベキスタン

    ナターシャ・アラム (ナタリア・アナトリエヴナ・シマンチュク、1983年3月10日 - ) はウズベキスタンの女優、モデルである。ナターシャ・アラム フレッシュアイペディアより)

  • ソビエト連邦の経済

    ソビエト連邦の経済から見たウズベキスタンウズベキスタン

    一方、ウラルと比較しても経済建設が遅れていた中央アジア地域では、ソビエト政権発足直後から議論をされていた大規模な利水計画が第二次世界大戦後に着手された。その柱は、アムダリア川とシルダリア川流域、及びアムダリア川から分水して建設されるカラクーム運河流域での大規模灌漑で、特に綿花生産は大きな成果を挙げ、ウズベク・ソビエト社会主義共和国(現ウズベキスタン)やトルクメン・ソビエト社会主義共和国(現トルクメニスタン)では綿工業が発達した。しかし、両河川の水量低下はアラル海の大幅な縮小と生態系の破壊という「水の危機」を招き、ソビエト政府が「社会主義の成果による自然改造」と自賛した計画は「世界最大規模の自然破壊」と後世まで批判される結果を招いた。ソビエト連邦の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 河東哲夫

    河東哲夫から見たウズベキスタンウズベキスタン

    河東 哲夫(かわとう あきお、1947年(昭和22年)10月14日 - )は、日本の外交官。2002年(平成14年)から2004年(平成16年)までウズベキスタン駐箚特命全権大使兼タジキスタン駐箚特命全権大使。河東哲夫 フレッシュアイペディアより)

  • 全米国際姉妹都市協会

    全米国際姉妹都市協会から見たウズベキスタンウズベキスタン

    アイゼンハワーの「ピープル・トゥ・ピープル・プログラム」は、冷戦構造の「雪解け」の中での米ソの融和を模索したものとされる。実際に米国とソ連の間で最初に結ばれた姉妹都市提携は1973年、シアトルとタシュケント(ウズベキスタン)の間に結ばれたものとなる。全米国際姉妹都市協会 フレッシュアイペディアより)

  • アエロフロート航空墜落事故

    アエロフロート航空墜落事故から見たウズベキスタンウズベキスタン

    1959年12月13日、アエロフロート航空のイリューシンIl-18B、アフガニスタン・カーブルからウズベキスタン・タシケントに向かっていたがタシケント近郊に墜落。乗員乗客29名全員が死亡。アエロフロート航空墜落事故 フレッシュアイペディアより)

1189件中 71 - 80件表示

「ウズベキスタン」のニューストピックワード