379件中 111 - 120件表示
  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見た日本

    日本との間も官民両面で友好関係を保っており、両国に大使館を持っている。第二次大戦後シベリア抑留を受けた日本人捕虜は首都タシュケントにも回され、中央アジア最大のバレエ・オペラ劇場たるナヴォイ劇場の工事などに従事した。1966年のタシュケント地震の際にも全くの無傷と言う過酷な強制労働にも関わらず見事な仕事を為した。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見たアメリカ合衆国ドル

    かつてはアメリカ合衆国とウズベキスタンの関係は良好であった。2004年にはアメリカ合衆国はウズベキスタンに軍事費の約4分の1に当たる5億USドルを援助、ウズベキスタン政府はアメリカ合衆国軍によるアフガニスタンへの空軍軍事作戦に際しカルシ・ハナバード空軍基地の使用を許可していた。ウズベキスタンはアメリカ合衆国の掲げる世界規模の反テロ戦争の積極的な支持者であり、アフガニスタンとイラクの両地域において支援作戦を展開していた。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見たアラル海

    ウズベキスタンは北緯37度から46度、東経56度から74度の地域に存在している。東西の距離は1425km、南北の距離は930kmである。北および北西地域はカザフスタンとの国境とアラル海に、南西部分はトルクメニスタンとの国境に、南東部分はタジキスタンとの国境に、北東部分はキルギスとの国境に接している。ウズベキスタンは中央アジアでも有数の面積を持つ国家であり、他の4国すべてと国境を接する唯一の国家でもある。このほか、ウズベキスタンは南部150kmに渡りアフガニスタンと国境を接している。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見た綿花

    ソビエト連邦時代の政策により、ウズベキスタン国内では数十年に渡って綿花の過剰な生産が行われ、結果として環境に大きな悪影響を及ぼした。農業分野は国内で深刻化している水質汚濁や土壌汚染の一番の被害者となっている。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見たフェルガナ盆地

    北と西にカザフスタン、南にトルクメニスタンとアフガニスタン、東でタジキスタン、キルギスと接する。国土の西部はカラカルパクスタン共和国として自治を行っており、東部のフェルガナ盆地はタジキスタン、キルギスと国境が入り組んでいる。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見たテュルク諸語

    国名は、ウズベク人の自称民族名 (オズベク)と、ペルシア語で「?の国」を意味する (ウズベク語では )の合成語である。オズベクは、テュルク語で「自身が主君」を意味し、ジョチ・ウルス(キプチャク・ハン国)のウズベク・ハン(オズベク・ハン)の名に由来するといわれる。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見たトルクメニスタン

    北と西にカザフスタン、南にトルクメニスタンとアフガニスタン、東でタジキスタン、キルギスと接する。国土の西部はカラカルパクスタン共和国として自治を行っており、東部のフェルガナ盆地はタジキスタン、キルギスと国境が入り組んでいる。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見たロシア人

    ウズベキスタンの平均年齢は低く、全人口の約34.1%は14歳以下である(2008年の統計)。人口統計によると、主要民族のウズベク人が全人口の80%を占める。その他、5.5%のロシア人のほか、タジク人 (5%)、カザフ人 (3%)、カラカルパク人 (2.5%)、タタール人 (1.5%) など多くの少数民族が住む(1996年の統計)。ソ連時代に、ウズベク語を話すことのできるタジク人はウズベク人と分類されたため、タジク人は実際には相当数いるものとされる。実際には、人口の20?30%を占めているという調査もある。ソ連時代にはロシア人の割合は12.5%(1970年)を占め、タシュケントの人口の半数近くがロシア人・ウクライナ人であったが、現在はウズベク民族主義や経済的な理由により急減している。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見たイスラム原理主義

    国内のイスラム教信者の割合は高いものの、イスラム教の実践は一枚岩からは程遠い。信仰については、20世紀を通して改革や世俗化、イスラム教の伝統との衝突を通して中央アジアで様々な方法が実践されているが、このような混乱した状況が世界へと発信され、定着することとなった。ソビエト連邦の崩壊により多くの人が予想したようなイスラム原理主義の台頭を招くことはなく、衣食に関する戒律は緩やかであり、基本的に女性は頭髪や足首を隠さない。しかし、ブハラなどイスラム色の強い都市では女性がパンツ(ズボン)を履くことに対して良く思わない傾向があり、多くの女性はスカートを履いている。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見たイラン

    ウズベキスタンは1992年3月2日より国際連合に加盟しているほか、欧州・大西洋パートナーシップ理事会 (EAPC)、平和のためのパートナーシップ (PfP)、欧州安全保障協力機構 (OSCE) のメンバーでもある。また、イスラム協力機構 (OIC) や経済協力機構(ECO、中央アジアの5カ国とアゼルバイジャン、トルコ、イラン、アフガニスタン、パキスタンで構成される)にも所属している。1999年、ウズベキスタンはGUAM (ジョージア、ウクライナ、アゼルバイジャン、モルドバ)のオブザーバーとなり、1997年に加盟してGUUAMとなったが、2005年に脱退している。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

379件中 111 - 120件表示

「ウズベキスタン」のニューストピックワード