379件中 31 - 40件表示
  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見たAFCチャンピオンズリーグ

    サッカーはウズベキスタンで最も人気のあるスポーツである。国内の最上位サッカーリーグはウズベク・リーグであり、2010年以降は14チームが所属している。2012年時点の国内リーグ王者はパフタコール・タシュケントであり、国内リーグ最多優勝はパフタコールの9回である。2012年のウズベキスタン年間最優秀サッカー選手賞受賞者はサンジャール・トゥルスノフとなっている。ウズベキスタンはアジアサッカー連盟(AFC)に加盟しているためAFCチャンピオンズリーグやAFCカップなどのAFCが主催する国際大会に出場しており、2012年にはFCブニョドコルがベスト4にまで進出した。また、2011年にはナサフ・カルシがAFCカップにおいてウズベキスタンサッカー界初の国際大会優勝を達成している。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見た餃子

    ウズベキスタンの国民食はプロフ(パラフ、パラウ、オシュとも呼ぶ)であり、米、肉、ニンジンやタマネギなどの野菜を使用して作るピラフに似た料理で、主菜として供される。オシ・ナハルは通常午前6時から9時までに提供される朝のプロフであり、結婚式などの慶事の際には集まった客の分まで大量に作られる。他に有名なウズベキスタン料理としては以下のようなものがある。シュルパ(シュルヴァやシャルヴァとも呼ばれる)は脂肪の多い肉(通常羊肉を用いる)の大きな塊と新鮮な野菜から作るスープである。やラグマンは麺料理であり、スープとしても主菜としても出されることがある。マンティや、サムサは小麦粉で作った生地に肉などの具を詰めた後、蒸す、焼く、揚げるなどした餃子に近い料理である。肉と野菜のシチューに近いディムラマや様々なカバブは通常主菜として供される。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見た貧困層

    IMFの統計によると、2016年のGDPは665億ドル、一人当たりのGDPでは2,122ドルであり世界平均の20%に満たない水準である。2011年にアジア開発銀行が公表した資料によると、1日2ドル未満で暮らす貧困層は1248万人と推定されており、国民の40%以上を占めている。近年は豊富な天然ガス関連の投資を多く受け入れており、比較的好調な経済成長を遂げている。通貨はスム。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見たオンブズマン

    人権に対する公的な姿勢については「人権の確立と奨励に関するウズベキスタン共和国政府の取り組み」という覚書に要約されており、以下のように記述されている。「政府はウズベキスタン市民の人権を保護、保証するためにあらゆる手段を用いる。ウズベキスタンは人道的な社会の実現のため、継続的に法改正を行っていく。人々の基本的人権を規定するための300以上の法案が議会を通過した。例として、オンブズマン事務所は1996年に設立された。2005年8月2日、大統領のイスラム・カリモフは2008年1月1日よりウズベキスタンにおいて死刑を廃止する法令に調印した。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見た国際連合教育科学文化機関

    シルクロードの中心地や、ユネスコの世界遺産の宝庫として、青の街サマルカンドや茶色の町ブハラ、ヒヴァ、シャフリサブス、仏教文化のテルメズなどが世界的に有名。ソ連からの独立後には歴史的遺構への訪問を目的とする各国からの観光客が急増し、それに伴い観光が外貨獲得源の1つとなった。これを受けて政府による観光客誘致が盛んに行われていることから、タシケントは海外のホテルチェーンの大規模ホテルが多く運営されている。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見たアメリカ同時多発テロ事件

    2001年9月11日にニューヨークで起きたアメリカ同時多発テロ事件に続いて、ウズベキスタンはアメリカ中央軍がウズベキスタン南部にあるカルシ・ハナバード空軍基地への駐留を承認した。しかし、2005年のアンディジャン事件後、アメリカ合衆国が事件に対するウズベキスタン政府の対応を非難すると政府は態度を硬化させ、アメリカ合衆国軍にカルシ・ハナバード空軍基地から撤退するよう要求、2005年11月にアメリカ合衆国軍はウズベキスタン国内から撤退した。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見た喫茶店

    緑茶は一日を通じ飲まれることが多いウズベキスタンの国民的な飲料である。緑茶を提供する喫茶店(チャイハナ)は文化的にも重要な位置づけにある。他にもタシュケント付近では黒茶などの茶が出されることも多いが、緑茶や黒茶に牛乳や砂糖を入れて飲むようなことはしない。茶は必ず食事とともに提供されるが、ホスピタリティの一環として、客を招いた際には必ず緑茶もしくは黒茶を出す習慣がある。冷たいヨーグルト飲料であるアイランは夏季には人気があるものの、茶にかわる地位は獲得していない。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見た中学校

    ウズベキスタンは高い識字率を誇り、15歳以上の識字率は約99.3%である。しかし、15歳以下の識字率は76%にまで落ち込み、3?6歳の識字率は20%となっている。この大きな要因として、ウズベキスタンの教育方法が挙げられており、未来には識字率が下がっていくと予測されている。学生は月曜日から土曜日まで年間を通して学校に通い、中学校までが義務教育となっている。中学校卒業後、学生は職業専門学校もしくは通常の高校へと進学することが多い。ウズベキスタンには2つのインターナショナルスクールがあり、2つともタシュケントにある。ブリティッシュ・スクールは小学生の、タシュケント・インターナショナルスクールは12歳以上の学生に対する指導を行なっている。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見たタマネギ

    ウズベキスタンの国民食はプロフ(パラフ、パラウ、オシュとも呼ぶ)であり、米、肉、ニンジンやタマネギなどの野菜を使用して作るピラフに似た料理で、主菜として供される。オシ・ナハルは通常午前6時から9時までに提供される朝のプロフであり、結婚式などの慶事の際には集まった客の分まで大量に作られる。他に有名なウズベキスタン料理としては以下のようなものがある。シュルパ(シュルヴァやシャルヴァとも呼ばれる)は脂肪の多い肉(通常羊肉を用いる)の大きな塊と新鮮な野菜から作るスープである。やラグマンは麺料理であり、スープとしても主菜としても出されることがある。マンティや、サムサは小麦粉で作った生地に肉などの具を詰めた後、蒸す、焼く、揚げるなどした餃子に近い料理である。肉と野菜のシチューに近いディムラマや様々なカバブは通常主菜として供される。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見た9.11

    2005年7月後半、ウズベキスタン政府はアメリカ合衆国にアフガニスタン国境に近いカルシ・ハナバード空軍基地から180日以内に撤退するよう命じた。カリモフは9\.11後の短期間、アメリカ合衆国に空軍基地使用を申し出ていた。ウズベキスタン人の中には、アンディジャン事件に対する抗議による、アンディジャン地区におけるアメリカ合衆国やイギリスの影響力増加への懸念が撤退命令につながったと考える者もいる。これもまたウズベキスタンと西洋諸国が対立した理由の一つに挙げられている。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

379件中 31 - 40件表示

「ウズベキスタン」のニューストピックワード